|

泡盛を知りたければココ!泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」

泡盛を知りたければココ!泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」

泡盛の凄い店があるとのうわさ。泡盛のカリスマがいるとのうわさ。このあたりだろうとぐるぐる回ったもののわからない。結果的にたどり着いた店は、ビルの4階にあって、まったく看板がない。店名が並ぶ袖看板にも何もない。

泡盛のカリスマがいる店に入れるのか?

泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」は久米八番館

 

エレベーターに乗ってみたら、やっとみつけた。

泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」の看板を見つけた

 

エレベーターの中にある小さな店名が見つかる。入り口にも小さな店名があるのみ。

小さく書かれた泡盛倉庫の文字

靴を脱いで店内へ。といっても、簡単には入れない。ここは会員制。誰でも入ないのだ。会員と同伴か紹介が必要。「会員の知り合いがいない」そういう方には意地悪なお店紹介かもしれない。でも、その方法を考えるだけの価値はあるお店です。

 

泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」は指紋認証ではいる

指紋認証して入店するのだ。でも、事前に電話して「沖縄REPEAT」見ましたと言って、予約してみるといい。指紋認証の隣に「ピンポン」と押せるようになっている。泡盛を味わってくれるお客様なら、「沖縄REPEAT」の紹介で入店することは可能。でも、くれぐれも泡盛を味わう場所なので、宴会する場所ではない。

 

泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」

600銘柄以上の泡盛がある。見えるところだけでもすごい泡盛の量だが、床下にも収納されている。

 

泡盛のカリスマ比嘉康二さんと泡盛王子仙波晃さん

泡盛のカリスマ、泡盛倉庫比嘉康二

ここでの飲み方の基本は、ストレートをお勧めする。まろやかに熟成された古酒が、カラカラを高々と上げ、小さなお猪口(ちぶぐわー)に注がれる。香りを楽しみ、ゆっくり味わいながら、飲む。至福の時。今日の疲れもすべて忘れてしまう。そんな飲み方をこの二人が教えてくれる。

 

そして、もう一人。泡盛王子こと仙波晃さん。

泡盛王子こと泡盛倉庫仙波晃

比嘉さんと泡盛王子から泡盛のうんちくを聞かせてもらいながら飲む。泡盛の奥深さ、味わいが見事に伝わってくる。

泡盛倉庫の最初の一杯は泡盛サングリア

泡盛初心者の方には季節のフルーツを泡盛につけた「サングリア」でまずは、泡盛の入口を楽しむといい。

 

泡盛倉庫の料金は?

泡盛倉庫の料金システムは、お酒は原価。一杯50円とか110円といった表記がある。

泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」のメニューは1杯50円

チャージ2,000円と飲んだ分だけが基本の料金。

 

泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」の琉球伝統料理

琉球王朝伝統菓子「冬瓜漬け」が泡盛の味わいをさらに引き出す。泡盛に合う沖縄料理をおつまみに合わせてくれる。

 

泡盛のカリスマと王子がいる「泡盛倉庫」のメニュー

泡盛も二人に任せて、料理もコースで頼むのが手軽かもしれない。そのうち、泡盛の魅力に引きずり込まれるはずだ。

 

 

泡盛倉庫

今はホームページがあるので、場所はわかると思う。会員制なので、あえてHPとリンクしないし、地図も掲載しない。

どうしても気になる人だけ、調べてもらって、連絡した上で行ってみてください。

住所:那覇市久米2-8-14 久米八番館の4階

営業時間:18:00~0:00 日曜、祝日休み 

 

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »