|

観光客だけじゃなく、地元の方が多く集う沖縄料理ベスト10-後編

観光客だけじゃなく、地元の方が多く集う沖縄料理ベスト10-後編

沖縄料理といえば、豚肉を余すところなく使った料理を思い浮かべますが、地物の野菜をふんだんに使った料理も特徴のひとつです。那覇市内でおすすめのお店ベスト10の後編5店舗を紹介します。

①首里殿内

雰囲気がよく、接待などで是非お勧めしたいのが、首里の金城にある、「首里殿内(すいどぅんち)」です。金城石畳を下ったあたりにある、趣のあるお店で、中庭にも席があるかなり雰囲気の良いお店です。石畳懐石は、沖縄地物の魚の空揚げや、焼きもの、お作りを始め、満足のできる逸品ばかりのコースです。ランチもやっていますので、アラカルトで、注文してみんなでシェアしても沖縄料理を楽しめます。でもぜひ行っていただきたいのは、ライトアップされた夜にお店にいかれることお勧めします。ライトアップされた中庭は幻想的で、それだけで幸せな気分にさせてくれます。泡盛博物館が併設されているので、沖縄の宝、名酒泡盛についてご覧になってはいかがでしょうか。
住所:那覇市首里金城町2-8-1

 

②八重山料理 譚亭
img_1436

首里城を眺められる高台にあります。

img_1437

首里城の近くにある、「八重山料理 潭亭(たんてい)」は、そんな数あるお店の中でも、盛り付けなども洗練されていて、優雅な食事を楽しみたい方に最適のお店と言えます。主に懐石が中心のお店ですが、器には琉球漆器を使い、精進揚げや田芋を使ったドゥルワカシーなどの昔ながらの料理を中心とした懐石が楽しめます。沖縄の八重山諸島特有の野菜をふんだんに使い、見た目や味だけでなく、体にも良い医食同源を実現している料理の数々を楽しむことが出来ます。昼と夜の完全予約制、首里城や那覇の町が一望できる高台にあります。
住所:那覇市首里赤平町2-40-1

 

③琉音

dsc_0093
伝統的な琉球料理のお店として、もう一店舗紹介したいのが、「郷土料理の琉音(りゅうね)」です。この店は、少し前まで、琉球料理の第一人者ともいわれる山本彩香さんが、切り盛りしていたお店の流れをくむ、名店のひとつです。完全予約制で、県産の食材を季節に合わせて一番良いとされるものを厳選して、丁寧に仕事をしています。豆腐窯を始め、みそ味のてびちなど、がコース料理に花を添え、沖縄の領土料理の神髄を楽しめるお店です。
住所:那覇市久米1-16-13

 

④美榮

dsc_0086
県庁前の琉球銀行本店裏手にある「美榮(みえ)」は、琉球王国の料理の復興をコンセプトとして、1950年代に店舗を構えたお店で、閉店した琉球料理乃山本彩香と並んで、沖縄伝統料理の最高峰として位置付けられているお店です。こちらも完全予約制のお店で、ひっそりと佇む一軒家です。雰囲気もあり、伝統ある温泉宿のようなたたずまいを持つ伝統的なつくりをしています。琉球漆器に盛られた数々の伝統料理がだされますが、中でも、中身スープ(中身汁)は、あっさりとした中にも奥行きのあるやさしい味が染みわたります。一品一品が、すべて体に染みわたり、一度行くと忘れられない体験ができます。
住所:那覇市久茂地1丁目8-8

美榮のホームページはこちらです。
 

⑤ぱいかじ

%e3%81%b1%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%98
こども連れでも沖縄料理を楽しみたいなら、おもろまちにある「ぱいかじ」がお勧めです。三味線の演奏や、エイサーなどの演目もあり、また琉球衣装をしている店員さんと写真が撮れたりするので、こどもも飽きることなく、沖縄料理を楽しむことが出来ます。
こどもにも喜ばれて、お勧めなのが、ぼろぼろジューシーです。スープにくぐらせた雑炊風のじゅーしーは、飲んだ後の〆にも最高ですし、ご飯としてもおいしくいただける逸品です。
住所:沖縄県那覇市おもろまち4-8-26

 
まだまだ、紹介したいお店はたくさんありますが、沖縄料理には、宮廷料理に近いお店と、伝統的な沖縄料理のお店、そして大衆食堂的な地元の方が足しげく通うお店があるので、どのような雰囲気で楽しみ方をしたいのかにより、選んでみてはいかがでしょう。
 

前編(1)はこちらです。



アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »