|

沖縄三越&ハピナハ跡地に、食のテーマパーク「琉球王国市場」がOPEN!

沖縄三越&ハピナハ跡地に、食のテーマパーク「琉球王国市場」がOPEN!

 

国際通りの旧三越&ハピナハ跡地。最近になり急にドタバタと工事が始まり、なんと12月1日には沖縄や日本の飲食を集めた食のテーマパーク【琉球王国市場】がオープンします。決定したのが11月15日なので、現在は急ピッチで工事が進められています。

 

【「琉球王国市場」は食のテーマパーク】

沖縄三越&ハピナハ跡地に、食のテーマパーク「琉球王国市場」

琉球王国市場ウェブサイトより

 

那覇市のメインストリートである国際通りに、新たな商業施設「琉球王国市場」が2018年12月1日(土)に開業します。「琉球王国市場」のコンセプトは、「美味しいと楽しいを結ぶマーケット」で、バラエティ豊かな日本の「美味しい」「楽しい」を集めた食のテーマパーク。青い外観の入り口を通り抜けると活気あふれる空間が広がり、市場には威勢のいい掛け声が飛び交うマグロの解体ショーや、厳選された新鮮な食材がズラリと並ぶそうです。沖縄初出店の飲食店を含めて約50店が入る予定。国内外からの観光客や地元客を呼び込むのが狙いだとか。

 

【「琉球王国市場」に沖縄初出店の飲食店を含む約50店】

沖縄三越&ハピナハ跡地に、食のテーマパーク「琉球王国市場」

白と青を基調としたデザインが目を引きます!

地下一階:全国の特産品・外国人観光客が日本文化を体験できる施設・イベントステージなど

1階:和食・洋食・スイーツ・マグロの解体ショーなども披露予定

2階:高級志向の飲食店で予約制のVIPルームを設置

3階:常設劇場が入居予定

4~5階:新たなテナントを誘致予定

12月1日開業なのに、まだ4~5階のテナントは決まっておらず。一部店舗は、開業後順次オープン予定。

 

【「琉球王国市場」店内は各店舗に屋根瓦】

沖縄三越&ハピナハ跡地に、食のテーマパーク「琉球王国市場」

シャッター越しなので少しわかり難いですが、各店舗には沖縄をイメージしたのか屋根瓦が設けられています。

沖縄三越&ハピナハ跡地に、食のテーマパーク「琉球王国市場」

日本ならではの食べ物や伝統、文化を「見て、感じて、体験する」ことで、NIPPONを5感で感じて欲しい。そして全国の物産館や銘酒館では、日本全国の人気な商品から希少価値が高い商品まで幅広く取り揃えるそうです。

また、日本の伝統的なものから、ポップカルチャーまで多彩なイベントを開催するほか、「お茶会体験」「忍者体験」「和食の料理教室」「書道」など周りに自慢したくなる日本のアクティビティを開催。外国人観光客には嬉しいかも。

グルメブースは沖縄料理だけではなく、日本各地から集まった人気のご当地グルメが食べられ、また、日本が誇る「生鮮食品」が堪能できるそう。



【日本初出店のSHOP&RESTAURAN】

沖縄三越&ハピナハ跡地に、食のテーマパーク「琉球王国市場」

琉球王国市場ウェブサイトより

本格江戸前寿司を提供する「大関」や、KADOKAWAのアニメグッズを販売するSHOP、世界で人気のコスメSHOPが出店。

横丁には縁日もあり、その場で飲み&食べ歩きが楽しめ、日本の雰囲気漂うフードコートは150席完備!12月1日が楽しみです♪

★琉球王国市場のウェブサイトはコチラへ

 

【琉球王国市場】

住所:那覇市牧志2-2-30 営業時間:11:00~23:00 不定休

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »