|

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」古き良き情緒漂う!

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」古き良き情緒漂う!

栄町市場からすぐの那覇市大道(だいどう)にある「沖縄ホテル」は、昭和16年に創業の老舗のホテルです。ホテル内には大浴場もあり、数多くの芸術家や著名人に愛された歴史のあるホテル。那覇空港展望デッキ(JAL側)には、沖縄県知事から依頼を受け、沖縄ホテルを設立したの宮里定三氏の像があり、沖縄観光の父と呼ばれています。

沖縄で最初の老舗観光ホテル「沖縄ホテル」

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」は守礼の門風

沖縄ホテルの入り口には赤瓦の門があり、まるで守礼の門みたいです。

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

昭和16年創業の沖縄ホテルは、どこか懐かしさが漂います。昭和15年(1940年)、沖縄独特の文化財が「国宝」の指定を受け、各業界のVIPがその国宝を目当てに来沖するようになりました。しかしその当時は、各業界のVIPを受け入れる施設が少なく苦慮していた県知事は、当時県外の旅館に勤めていた宮里定三氏に依頼をし、昭和16年(1941年)に沖縄の観光ホテル第1号として、那覇市の波の上に地下1階、地上3階建ての「沖縄ホテル」を設立させました。

冷蔵庫や水洗便所、発電機が沖縄に登場したのもこのころのことです。沖縄ホテルの創業者である宮里定三氏は、総支配人として就任します。沖縄県唯一の「貴賓ホテル」として開業した沖縄ホテルには、三笠宮殿下、李王殿下(陸軍中将)やワン・ワイ・タヤコン殿下(タイ国総理大臣)という国賓や日本政府要人が御宿泊されたそうです。

波の上に建つ沖縄ホテルは、戦争により消滅

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」波の上のあった。

(出典:沖縄ホテルHPより。波の上に建っていた沖縄ホテルは戦争により消滅)

同年に太平洋戦争が始まると、沖縄ホテルには旧日本軍の高官が宿泊するようになり、開戦時の首相でもあった東条英機総理大臣も当ホテルに宿泊していたそうです。昭和19年(1944年)、戦争が激しくなってくると、沖縄ホテルは日本軍専用の宿泊設備として使用されていましたが、翌年の昭和20年(1945年)5月中旬ごろ、米軍の艦砲射撃により消滅してしまいました。

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

(出典:沖縄ホテルHP)

太平洋戦争後の昭和26年(1951年)、琉球映画貿易株式会社が本土から有名タレントを招くようになったものの宿泊するホテルがなく、そこで創業者の宮里定三は那覇市大道(現在地)に、2階建て7室の木造レンガ造りの「沖縄ホテル」を再開。現在も敷地内にレンガ造りの建物は残っています。

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

そして沖縄には数多くの芸術者たちが訪れるようになり、山下清氏、棟方志功氏、柴田練三郎氏などが当ホテルに宿泊したそうです。昭和35年(1960年)現在の旅館棟が完成し、10年後の昭和45年(1970年)にホテル棟が建設しました。昭和47年(1972年)に沖縄が日本復帰し、昭和50年(1975年)海洋博覧会が開催されることとなります。ここからが沖縄の観光立県としての始まりです。

当時、沖縄では珍しかった大浴場

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

こちらが客室。創業時はかなりモダンな客室だったのではないかと思わせる、レトロな感じがいいですね!

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

そして沖縄では珍しく大浴場があり、旅の疲れを癒してくれます。男女大浴場にはウォーターサーバーが設置され、小さなお子様にも安心の無添加シャンプー・リンス・ボディシャンプーもあり。ご宿泊者以外の方も500円で利用可能です。

 

沖縄料理も味わえる朝食バイキング

 

沖縄の観光ホテル第一号老舗「沖縄ホテル」朝食バイキング

朝食は沖縄の食材を使った郷土料理や定番メニューなど、和洋琉球食をバイキング形式で味わえます。

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

種類も豊富でバランスのとれた朝食は嬉しいですね。

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

(出典:沖縄ホテルHP)

沖縄県内初の全天候型BBQレストランもあり、通年手ぶらでBBQが楽しめます。予約は必要ですが、宿泊客以外の利用も可能。南国らしいヤシの木がある広々としたガーデンテラスで、星空を見上げながらのBBQがおススメ。

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

沖縄ホテルにこんな歴史があったとは!沖縄ホテルに泊まった際は、那覇空港の展望デッキにある、沖縄ホテル創設者:宮里定三氏の像も見てくださいね。

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高!?の記事はこちらです。

宿泊予約

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »