|

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高!?

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高!?

那覇空港の見学者デッキ、どこで見るのが一番だろうか。那覇空港南側見学者デッキが無料になったとの情報から、那覇空港内をくまなく探検してみました。飛行機の離着陸を見ているだけで楽しいもの。民間機だけじゃなく、自衛隊機や海上保安庁機も離着陸します。そんな滑走路を展望できる那覇空港内のポイントは5カ所。イチオシはココ!

①JALとANAの乗り換え通路

この日はJAL便で沖縄に到着。ちょうどJTAの安室ジェットに会うことが出来た。1機だけで運航しているので、なかなかで会うことがないですが、この話は別の記事に譲るとしましょう。問題のポイントは安室ちゃんの向こう側にあります。茶色い柵が見えてますね。ココを覚えておいてください。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高アムロジェット

皆さんは、動く歩道で出口の方に向かわれるでしょう。実はこの先、まっすぐ行くとANA側に乗り継ぎが出来るようになっています。

あまりこの通路を使うことがないので、人通りが少なく、絶好のポイントになります。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

滑走路側を見ながら進むと答えが見えてきます。茶色い柵が見えてきますね。

飛行機の出発の際、バックしてきて滑走路に向け一旦停止。ほぼ同じ目線で、飛行機の後ろ姿が見られます。よく見ていると、それだけではないのです。

動画を見ていただければすぐわかります。通常、空を飛んでいるときしか動かさない垂直尾翼が、左右に振られています。舵の役割になるラダーですね。次に主翼のフラップ、垂直尾翼のエレベーターと運行前の動作確認がココで行われます。

見学者用デッキというよりも最高のビューポイントとしておきましょうか。

 

②無料になった那覇空港南側展望デッキで発見 

本来の見学者用デッキはココです。回転式ゲートをでると、JAL、JTA、スカイマーク、ジェットスターなどが発着する南側展望デッキがあります。3階のチェックインカウンターのあるフロアの奥が見学者用デッキになっています。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

少し前まで100円を入れて入場出来るゲートでした。現在は無料化されました。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

有料時代の名残がありますね。ココを通って行くとすぐ見学者用デッキになります。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

先ほどのガラス張りの場所と比べると、柵が邪魔に見えてきますね。冷房も当然効いてません。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

全日空側にも展望デッキがあります。(5カ所目)

よく滑走路の方を見ると、真っ白な機体が!

滑走路の向こう側に見える真っ白な機体2機。これは何だ!!

と調べて見ると・・・

MRO JAPAN(株)の機体塗装を行う場所。全日空の子会社で最近伊丹空港から拠点を那覇空港に移転しているところ。徐々に移転してきて、ポケモンジェットやHELLO 2020 JETのような特別塗装機がここから飛び立っていくようになります。現在は、塗装をはがす工程がここで行われています。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

各社の塗装機を特集したページを発見。good dayをご覧ください。

沖縄観光の父・「沖縄ホテル」創業者宮里定三氏

JAL側の展望デッキに立つ宮里定三氏の胸像です。戦前の沖縄には国宝がたくさんあり、県外から視察に来る方が多いが、宿泊施設がなく、沖縄県知事から依頼を受けて波の上に沖縄観光ホテル第一号を立てた方です。残念ながら、戦禍に遭い、ホテルは焼失、数多くあった国宝も消えてなくなりました。この沖縄ホテルは、現在、那覇市大道に移転して営業しています。

那覇空港JAL側展望デッキに立つ沖縄観光の父

沖縄の観光ホテル第一号、老舗「沖縄ホテル」古き良き情緒漂う!の記事はコチラです。

③国際線ターミナル展望デッキ

次は国際線。2019年3月18日連絡通路が完成、LCCターミナルと並んでいます。これまでは外の連絡通路を歩くいていたので、汗を流しながらでした。

那覇空港LCCターミナル移転!連結ターミナルと36店舗開業!の記事はこちらです。

那覇空港新ターミナル

 

 

今回の目的は見学者用デッキ。出発に向かう人達を横目で見ながら、エスカレーターで上がっていきます。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

国際線ならではの施設がありました。礼拝室です。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

礼拝室のすぐ横が見学者デッキです。柵が邪魔でちょっと見づらいです。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

見づらかったので切っちゃったのでしょうね。少し開いていたので、そこから覗くとこんな感じでした。

私が切ったのではないですよ!!

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

他にはないのかと、メインの国内線ターミナルに戻ってみましょう。



④4階の無料展望デッキも眺望抜群

JALの南側、ANAの北側のちょうど真ん中にあるのがココです。

エスカレーターで一番上まであがってください。冷房もしっかり効いてます。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

ガラス張りの絶好のビューポイント。最初に御紹介した場所の真上になります。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

お客様が搭乗すると、一旦バックして滑走路が空くのを待ちます。先ほどより目線が高くなっているでしょう。ここからなら全体も見渡すことができる最高の場所ですね。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

 

第2滑走路は2020年完成予定

2020年3月供用開始を目指して、着々と工事が進んでいる状況がここからよく見えます。

第2滑走路は2700m(第1は3000m)、現滑走路からさらに1310m沖合を埋め立てられています。

これが完成すれば、13.5万回の発着から、18万回/年間の発着が可能になると書かれています。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

ところが、最近の報道によると、2016年にはすでに滑走路1本で16万6千回以上の離着陸が行われていて、第2滑走路が出来ても最大18万5千回といわれています。

となれば、今の1.11倍にしかならない。2本になれば2倍と思いがちだけれど、第1滑走路を横切って第2滑走路に行かねばならないし、北から進入してきたときは、北側にしかない連絡走路に戻らなければならないなど、課題が多いようです。

那覇空港の見学者デッキはどこで見るのが最高

そこで、両滑走路の間にターミナルを建てるとか、第2滑走路を自衛隊専用にするなど諸説出ていますが、さて、どうなるのでしょうか。
那覇空港で搭乗の前に少し早めに来て、空港内を歩いてみるのも楽しいものでした。

 

文、写真:泡盛おじさん

情報提供:關則明さん

撮影:2018年5月11日、6月5日、2019年4月9日

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »