個室ホステル「美らキャビン」はどんなところ?宿泊レポ

個室ホステル「美らキャビン」はどんなところ?宿泊レポ

マーコです。7月連休に沖縄本島にステイしましたよ! 続々宿ができている沖縄本島。 今回も新しい宿泊施設にチャレンジです

7月連休でもシングル3500円!!「美らキャビン」

連休に那覇滞在することになったものの、ホテルはどこも高い。ゲストハウスは今回ちょと。。と探していると「シングルで3500円」の宿がヒット。新しい国際通りの宿のようです。興味本位でポチリしました。

Y’sキャビン以来2軒目のキャビンタイプです。
Y’sキャビンのレポはこちら 

個室ホステル「美らキャビン」

こちらは建物の入り口。
国際通りの真ん中ほど、松尾の交差点から5メートルくらい入ったところです。

美らキャビン 受付

入るとこちら。
フロントというよりも、不動産会社の受付と言う感じです。まずは後ろの靴ロッカーに靴を入れるように指示されました

美らキャビン

受付では館内の説明を受け、事前精算をします。
靴箱の鍵もこの時もらえます。
タオルの持参有無を聞かれますした。
持ってない方はこちらで借りましょう。バスタオルの1種類で200円です。

美らキャビン

「貸し倉庫」のようなフロアにびっくり

今回の部屋はレディース専用フロア。上層階の2階分が専用になってはいますが、セキュリティがあるわけではないようです。。

美らキャビンの入口

エレベーターがあいて最初に目にはいってきたのがこちら。。。ドアがいっぱいある!!!貸し倉庫のようです。。

ちゅらキャビン入口

余分なものを削ぎ切ったお部屋 シングルルーム

自分の部屋のドアを空けます。ドキドキ・・。

美らキャビンの部屋の中はこうなっています。

こちらがファーストインプレッション!!ドアの幅+20センチほどが部屋の横幅です。ベッドサイズがそのまま部屋の横幅です!

美らキャビン 部屋

ちょっと引いた画がこちら。
入口右に洋服かけがあります。ハンガー3つ。
足元はドアからベッドまで1メートル四方くらいしかありません。
ここだけだと荷物広げられません。
ただ、ベッドが高くなっていますので、その下に滑り込ませるような形で中サイズのスーツケースも広げた状態で置けることは置けます。最初は「え?どうしたらいんだ・・」と悩みましたけど。

美らキャビンにはTVもある

部屋には小型のテレビがあり、テレビ台を兼ねた小物置きスペースが2段。 小型のごみ箱。洋服掛けの向いに鏡。エアコンもしっかりしたものがついています。これが部屋にある全てです!!

共有部分 ステイ階

フロアを歩いてみます。

ちゅらキャビンの洗面

こちらは共有の洗面所。ドライヤーも立派なものがあります。一応ハンドウオッシュのポンプはありましたが、空っぽ。ティッシュも空でした。なかなかその辺のケアは手が回らないのかな。もしくは滞在者が置いていったものなのかもしれません。

美らキャビンシャワーブース

フロアに3つのシャワーブースです。手前に脱衣所と衣服籠があります。ブースが施錠可能です。建物自体が新築なので綺麗でした。

美らきゃびんのシャワー

ブース内にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープは設置されていました。こちらは空ではありませんでした。

ちゅらキャビン

そのほかランドリーも各階にあります。トイレも2つありました。こちらも綺麗です。

共有部分1階

フロントのある共有部分には、自動販売機のほかにラウンジがあります。

ちゅらキャビンの共用ラウンジ

この蟹のソファが何とも個性的です。

美らキャビンのキッチン

その他奥にはキッチンがあり。自炊できるところがあります。食器から炊飯器まで。設備は揃っていますね。冷蔵庫は各階にあるようです。(マーコは見つけられなかった・・。) これなら長期滞在でも利用できそうですね。

持っていくべきもの

普通のホテルとは違うので、これはあったほうがいいな、というものです。

  • 歯磨きセット
  • タオル類
  • 洗顔セット
  • ティッシュ(ポケットティッシュをいくつか)
  • 部屋着
  • エコバック

ホテルのHPを見ていると、歯ブラシタオル系は貸し出しや販売があるようですが、あれば持参するのがいいでしょうね?
一番思ったのがティッシュ。
ホテルには必ずあるボックスティッシュがないのです。これがないことがこんなに不便とは・・。ちょっとしたことで使うんですよね。
風呂⇔洗面やシャワーの時に外出着では面倒なのでラフなかっこうがあるといいですね。エコバックは同様にタオルや着替えをもっていくときに。

「マーコの耳」コーナー! 部屋の静けさは???

ずぼらな性格に反して、音に敏感なマーコです。隣室の音やホテル全体でどこからか聞こえるモーター音的なものなど、敏感なので時に眠れないこともあり、宿選びには欠かせないポイント。そんなマーコの耳がこの美らキャビンを判定!

美らキャビンから国際通り

いきなり部屋の窓ですが、国際通りに近いので、
宿のどの部屋からも国際通りが見えます。
で、入って気になったのが横断歩道の信号音「ピッポ ピッポ」というアレです。それがけっこう聞こえてきますが、夜間は音がなくなりますのでセーフ! 朝は7:30からは聞こえてきましたけど・・・
壁や床はしっかりしているので、上からの音は気になりません。
左右は荷物の整理していてスーツケースがぶつかるんでしょうかね、その時だけ聞こえましたが気になりません。
口コミには共有部分の声が・・・というのがありましたが、確かにグループで話ているのは吹きに抜けから上がってきますが 非常識な時間にはなかったですね。ドライヤーの音が大きく響き渡るので洗面所のドアがあいていると部屋の場所によっては聞こえるかも。でも全体としてキャビンとして考えたらまったく問題ないです!

その他こまごましたこと

新しい設備なのでWi-Fi完備です。
入口も夜11時以降は入るのにパスワードが要ります。
フロントに人は常駐していないのでホテルのようなサービスは期待できません。 荷物の預かりも有料です。
近隣にはオープンしたてのセブンイレブンをはじめコンビニもたくさん。
買い物にも困りません。
最寄りのゆいレール駅は県庁前ですが、キャリーバックを引いていった速さで10分ほどです。 

この便利さで連休で3500円というのは魅力です。皆さまも是非どうぞ!

個室ホステル 美らキャビン -国際通り店-

住所 沖縄県那覇市松尾2-1-7-5
電話 098-894-8981
酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »