|

各店自慢の惣菜がズラリ!酔処 玉川で13店舗の惣菜がテイクアウト!

各店自慢の惣菜がズラリ!酔処 玉川で13店舗の惣菜がテイクアウト!

隔週日曜日、那覇市牧志にある居酒屋「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」では、10~13店舗の飲食店の惣菜をテイクアウトできるという取り組みをしています!各店自慢の和・洋・中の惣菜が、所狭しと並べられ、お客様にも大好評。コロナ禍の影響で売上が低下したため、コロナ禍を乗り切るための対策として「みんなで盛り上がっていきたい」と発案されたそうです。

ソーシャルディスタンスを保つ工夫がされたシステム

開催は隔週日曜日。スタートは11時30分から。ご覧の通りこの日はオープン前から行列が。この後もどんどん待ちが増えました。が、しかし一度に店内に入れるのは5~6人。店内の動線も、ソーシャルディスタンスを保ちながら会計まで済ませられるシステム。

入口でアルコール消毒をしたら、渡されたトレーにお好きな惣菜をのせて進みます。

みなさん真剣に選んでいますよ~。品数が多いので目移りしちゃいます。

この方もたくさん買っていますね~

4月19日からこの取り組みを始め、この日は6月28日で6回目の開催日。開催4回目まではテイクアウトのみでしたが、5回目からは、買ったお惣菜を店内で食べられ、お酒も飲めるイートインも可能になりました。色んなお店のお惣菜をつまみに飲めるなんて、得した気分ですよね。

ちなみにこの日はイートインを利用する方に、宝焼酎宇治抹茶酎ハイを通常1杯400円のところを、半額の200円で提供していました。テイクアウトも1500円以上お買い上げの方には、サッポロサクラビール2020を1本プレゼントされていました!なんとも嬉しいサービスですよね!

 

13店舗の人気店のお惣菜がズラリ

前回開催の6月28日(日)は、13店舗の人気店のお惣菜がズラリと並びました。

*酔処 玉川~tamariba~
*マキシニュウロウメン
*オロチョンラーメン
*寿司むらかみ
*亜麻ちゃん食堂
*下町酒場 酒月~sakezuki~
*どさんこ食堂カムイ
*シナーダ si nada
*遠藤珈琲
*島ノ飯 みなもと
*大衆ビストロ酒場 ツマミヤ
*Woody’s International GastroPub & Grill
*BAR B.G.M

ほんの一部を紹介すると、オロチョンラーメンの、特製ピリ辛ジャージャー麺に熟成肉餃子

亜麻ちゃん食堂の味噌カツに、BAR B.G.Mの冷製ラタトュユ

酔処 玉川の玉こんにゃくとぬか漬け、南蛮漬け

マキシニュウロウメンのトムヤムクンとえびチリとえび大根もちなどなど、他にももっとたくさんの惣菜が並んでいて、お値段も1品の価格はすべて上限500円で、1品300円~350円の惣菜も多くとってもリーズナブル。色んなお店の料理がたくさん味わえて、お客としては嬉しいですよね!

もちろん私も購入しました!どれも美味しくて大満足!次回も楽しみです!

 

お客様の9割がリピーター

酔処 玉川~tamariba~のオーナー松本さんと、女将の永山さんがいうには、客の9割がリピーターだそう。それはやはり各店舗の惣菜が美味しく、しかも安いということですよね!しかも各店が料理内容を競い合い、回を重ねるごとにお惣菜のクオリティも上がっているそうで、お客様も店側もウィンウィンなのがとてもいいですね!

今後はもしかすると店舗数も増え、毎週開催になるかもしれないと、酔処 玉川の一ファンである私は、ひそかに楽しみにしています(笑)

もちろん酔処 玉川~tamariba~は、立ち飲み屋としての通常営業もされています!酔処 玉川~tamariba~の詳細は、別記事に詳しく載せていますので、そちらをご覧になってくださいね!

★「酔処 玉川~tamariba~」の記事はコチラです。

 

酔処 玉川~tamariba~

住所:那覇市牧志2‐13‐14 営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00 定休日:水曜日

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »