GoToトラベルで行く 秋~冬の沖縄モデルコース 宮古島編

GO TOトラベルキャンペーン 東京除外の解除で旅行の申し込みが多いようですね。
皆さん、申し込みましたか?予算に限りがあるので早めの申し込みをオススメします!
例年とは違う旅行者の予約動向があるようです。今は旅行的にはオフ期のはずですが、夏に旅行に行けなかった反動がここにきています。
しかし、しかしですね、今人気は実は北海道らしいんですよ。
「沖縄は夏でしょ?今行ってもね・・」という声が聞こえてきます。
いいえいいえいいえ!!
違うのです!

「秋冬の沖縄なにするの!!?」

いいえ!秋冬だから楽しめる沖縄があるんです!
今回はそのお声に沖縄リピート全力でお答えします!今回は宮古島です

宮古島はとりあえずは3つの大橋、伊良部大橋、来間大橋、池間大橋をドライブすると1日は使えますね。
ではそれ以外に何をするか・・。悩むことはありません!オフシーズンにお勧めスポットをご紹介!

宮古島海中公園

秋冬だけど海の中を感じたい!

沖縄イチ美しいといわれる宮古島の海を、夏じゃないけど満喫したい!
そんな時にお勧めなのがこちらです。

海中公園 

宮古島の青い海の中にお部屋があります。天然の水族館ですね。
沖縄のカラフルな魚がたくさん見られます。
窓枠に魚の説明もある、大人も子供も楽しめますよ。

海中公園

海中公園の施設以外に、広大な敷地は散策ができるように遊歩道が整備されていて、青空の下でおいしい空気を吸ってリフレッシュできます。

【実録正直レポ!】宮古島海中公園ってどんなかんじなの?の記事はコチラです。

神の島 大神島へ行こう

こちらもなかなか真夏には行かないですが、オフ期の宮古島の過ごし方に最適です。
宮古島の北部の島尻港から船が出ています。

大神島

港からまっすぐ集落を通って山の上まで繋がる道を登っていくと、宮古島と池間島が眺められる場所にでます。
右が池間島です。

大神島

普段は池間島から眺めている神秘的な島です。
観光客は立ち入ってはいけない神聖な場所があるので注意が必要ですが、神様の島にお邪魔する気持ちで訪れてみてはいかがでしょうか?

神の島「宮古列島・大神島」に伝わる海賊伝説と祖神祭の記事はコチラです。

宮古島の中心街をあるく

かわいい宮古島オリジナルグッツを発見!

沖縄本島の国際通りと同じく、宮古島にも中心街があります。飲食店、可愛い雑貨屋さん、スイーツ屋さんがどが西里通を中心に集まっています。しかし、これも真夏にはなかなか暑くてまわれません。涼しい秋冬にこそ行ってみたいお店があります。

デザインマッチ

ここは、マーコおすすめの「デザインマッチ」というオリジナルの雑貨やさんです

デザインマッチ

宮古島の島の地図や宮古まもる君など宮古らしいものをモチーフにしたオリジナルグッツを販売しています。
手ぬぐい、Tシャツ、文具などたくさん揃っていて、きっと素敵なお土産が見つかります。
ラッピングもかわいいので、大切な人へのギフトにもお勧めです。

東平安名崎の先まで歩く

東平安名

宮古島の景勝地です。有名ですね。
ここ絶景で素敵なんですけど、駐車場から岬の先端までは結構距離があるんです。
真夏は絶対無理!途中で干からびます。南風が強いときは進むのも大変ですし。
これこそオフ期がおすすめ!のんびり散策しながら先端まで行ってみましょう!絶景が待っています。

GoToトラベルが使えるオススメホテル

秋冬と言ってもここは沖縄。12月の平均最高気温が21度、同じ時期の東京が12度です。宮古島の美しい海を見ながら過ごしましょうか。

宮古島東急ホテル&リゾーツ

ホテルシギラミラージュ

シギラベイサイドスィート アラマンダ

いかがでしょうか? 
夏以外の沖縄に行くのは初めて!という方も多いと思われる今年の秋冬の沖縄。 楽しめる事間違いなしなので是非どうぞ!

酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »