|

恋の島「古宇利島」の古宇利オーシャンタワーで、幸せの鐘を鳴らそう!

恋の島「古宇利島」の古宇利オーシャンタワーで、幸せの鐘を鳴らそう!

沖縄のアダムとイブ伝説が言い伝えられる古宇利島。そんな恋の島「古宇利島」にある古宇利オーシャンタワーは、海抜82mの高台にあり、3つの展望フロアからは、見渡す限りの古宇利ブルーの海が望めます。屋上のオーシャンデッキで青い海を見ながら、幸せの鐘を鳴らしてみてはいかがでしょうか!

 

古宇利オーシャンタワーはカートに乗って!

古宇利島のオーシャンタワー

古宇利オーシャンタワーに上るには、入場料がいります。大人:800円、 中・高校生:600円・ 小学生:300円・ 小学生以下は無料。

オーシャンタワーはカートに乗っていく

展望タワーまでの道のりは、この古宇利自動運転の電動カートに乗って7分間の絶景の旅。これがまたテンション上がるのです。

古宇利島オーシャンタワーはカートで走る。

アダンやソテツなど沖縄らしい植物が迎えてくれる庭園を、ゆっくりと自動運転のカートは進みます。カート内では音声ガイダンスによる、島の歴史や観光スポットなどを紹介してくれますよ!

古宇利島オーシャンタワーに上がる道から古宇利大橋が見える

マイナスイオンを浴び、古宇利大橋やエメラルドグリーンの海を見ながらどんどん上へと上がって行きます。

カートの中からオーシャンタワーが見える

古宇利島オーシャンタワーが近づいてきました!

 

古宇利ブルーが楽しめる3つの展望フロア

古宇利オーシャンタワー

出典:古宇利オーシャンタワー

古宇利オーシャンタワーは、1階に古宇利島の歴史が展示されている古宇利島資料館、2階、3階に屋内展望フロア、屋上にオーシャンデッキがあります。上記写真は、3階の屋内展望フロアからの眺め。何時間でも眺めていたいですね。

古宇利島オーシャンタワーのレストラン

ここは2階のレストラン&カフェ。カフェ「オーシャンカフェ」では、パティシエこだわりの限定スイーツが、常時20種以上も揃い、季節に応じた南国沖縄のフルーツやスイーツがビュッフェスタイルで楽しめます。レストランの「オーシャンブルー」では、本格窯で焼き上げたピザやパスタランチを!

オーシャンタワーのレストランから古宇利大橋が一望

絶景を見ながら美味しい食事を食べれるなんて、贅沢ですよね!

古宇利オーシャンタワーの幸せの鐘

出典:古宇利島オーシャンタワー

そしてオーシャンデッキ!心地よい潮風に包まれながら開放感たっぷりの眺望が楽しめます。絶景を観ながら幸せの鐘を鳴らしましょう!

 

1万点以上の貝が展示されている「シェルミュージアム」

古宇利オーシャンタワー内の貝の博物館

世界各国から1万点以上も集めた貝たちを煌びやかにディスプレイしたシェルミュージアム。

貝の博物館

パネルや映像シアターでわかりやすく生態系を紹介していますので、お子様から大人まで楽しめます。シェルショップでは、貝で作られたアクセサリーや食器なども販売されており、体験工房ではパワーストーンやシェルを使ったブレスレット作りなどが体験できます。

古宇利オーシャンタワーの売店

お土産屋さんでは、古宇利島の食材を使ったオリジナルのスイーツや特産品も販売。

古宇利オーシャンタワー売店で今帰仁酒造の泡盛

お土産の中には、今帰仁酒造の泡盛もありました!古宇利島オーシャンタワーでは、結婚式やウェディングパーティー、ガーデンパーティー、レストランパーティーなどもできるようです。公式サイトに詳細が載っていますので、気になる方はぜひ覗いてみてくださいね!

古宇利島のハートロック

古宇利島に来たなら、ハートロック観光も忘れずに!!

★古宇利島オーシャンタワーの公式サイトはコチラ。

★古宇利島ハートロックの駐車場はどこに入る?の記事はコチラ。

★古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!の記事はコチラ。

★古宇利島が一望、絶景ワルミ大橋と橋の駅「リカリカワルミ」の記事はコチラ。

 

古宇利島オーシャンタワー

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538番地 ☎0980-56-1616 営:9:00~18:00(最終入園17:30) 無休 駐車場:あり

台風等悪天候時には臨時休業あり。天候により屋上へ登れない場合もあります。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »