|

古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!

古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!

古宇利島(こうりじま)は、沖縄本島北部にある小さな島。今帰仁村本島と屋我地島の間にはワルミ大橋があり、さらに2005年に屋我地島と古宇利島の間に古宇利大橋が開通したことにより、車で行く事ができる離島となった。

古宇利大橋から古宇利オーシャンタワー

古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!
古宇利大橋を渡るすぐ手前左側に無料の駐車スペースがあり、橋の上から景色を眺めたり、橋の下には馬がいて、体験乗馬(¥1000)が出来る。乗馬といっても馬も小型、狭い海岸しかないので引き馬程度っぽい感じだけどね。

古宇利島タワー

古宇利オーシャンタワー。カートに乗って上まで上がっていきます。

古宇利オーシャンタワーから見た古宇利大橋。美しい海と古宇利大橋の姿はしばらく見てしまいます。

古宇利オーシャンタワーの公式サイトはこちらです。

 

古宇利島の語源は恋島?

古宇利島は離島ならではの美しい海と「沖縄版アダムとイヴ」と呼ばれる伝承があることで有名で、古くから「恋の島」や「神の島」であるといわれ、「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」だと言われているからだ。また「ハートロック」や「始まりの洞穴」(人類発祥の地)もあったり、これがなおさら意味ありげに見える。スルル洞(ガマ)は、黒龍の神様が祀られているそうだが、あまりにも獣道過ぎて、今回は行ってません。

古宇利島にはいくつかビーチがある。古宇利島の入り口すぐにある遠浅の海岸が『古宇利ビーチ』。マリングッズのレンタル、シャワー、トイレ、駐車場と施設が充実し、いつも海水浴を楽しむ人で賑わっている。橋を渡った右側にあるのが『ソウヌ浜』。潮が引いた時にだけ出てくるビーチで、観光客が来ることはほとんどなく、シュノーケリング向きのスポット。釣りもできるようだ。

 

ハートロックはティーヌ浜

ここは、CMで有名になったハート型の岩「ハートロック」があり、完全に観光スポットになってしまった。数年前は人気のない静かなビーチでそれこそ神聖な場所って感じだったが、今は周辺に駐車場もたくさん出来て、観光客がいっぱいだ。
古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島の駐車場

古宇利島ハートロックの駐車場はどこに入る? の記事はこちらです。

駐車場に車を停めて、少し足場は悪いが、海へと抜けられる道をいくとハートロック。
古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!

そして、逆ハートロックも見られる。

古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島にて青木さなえレポーター

トケイ浜は穴場のビーチ

ティーヌ浜の隣、『トケイ浜(ポットホール)』は、 自然の浜が複数広がっており、サンゴが残っているきれいなビーチ。干潮時以外は泳ぐことができ、鮮やかな熱帯魚を見ることができるようだ。そして一箇所、知る人ぞ知る、地元の人が教えてくれた穴場、なおかつ「始まりの洞穴」がある『チグヌ浜』。
古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!トケイ浜

写真右側にもビーチがあって、無料駐車場やシャワーなどの施設も借りることが出来る。

古宇利島の穴場ビーチトケイ浜

沖縄版アダムとイブ

橋を渡って左側に進み、漁港の裏にあるこのビーチは、 「沖縄版アダムとイブ」が暮らしていたとされる洞穴があるビーチ。
古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!アダムとイブの伝説

砂浜は小さいが、人もおらず、とてもキレイなビーチだ。「始まりの洞穴」は何の始まりかというと、それは古宇利島に残る伝承にあり、古宇利島から人類が発祥したという言い伝えが残っていて、その最初の人類「アダムとイブ」が暮らした場所がここだったと言われている。

~古宇利島の伝承~

昔、古宇利島に空から男女二人の子供が降ってきた。彼らは全くの裸であり毎日天から落ちる餅を食べて幸福に暮らしていた。最初はそれに疑問を抱かなかったがある日餅が降らなくなったらどうしようという疑念を起こし、毎日少しずつ食べ残すようになった。ところが二人が貯えを始めたときから餅は降らなくなった。二人は天の月に向かい声を嗄らして歌ったが餅が二度と降ってくることはなかった。そこで二人は浜で生活するようになり、魚や貝を捕って生活と労働の苦しみを知り、ジュゴンの交尾を見て男女の違いを意識し恥部をクバの葉で隠すようになった。この二人の子孫が増え琉球人の祖となった、と云う神話である。なお『チグヌ浜』には駐車場もないので、古宇利大橋を渡ったところに車を停めて、のんびり散歩しながら散策するのも楽しい。

古宇利島とハートロックは人気№1の恋の島!スイカの名産地でもある

ほらね、無人売店でスイカの特売、見つけたよ!島内には昔ながらの古民家やさとうきび畑があり、沖縄の風景が今も色濃く残っている。小さい島ながら、のどかな自然の中を、のんびりゆっくりと過ごすにはもってこいの場所だ。

2016年8月3日公開・2018年9月12日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »