|

鍾乳洞で長期熟成した「豆腐よう」沖縄県庁前に専門店

鍾乳洞で長期熟成した「豆腐よう」沖縄県庁前に専門店



沖縄県庁横を歩いていて偶然に見つけた「豆腐よう専門店」。そこには特別な「豆腐よう」がありました。沖縄県金武町の産物だけで作り上げた「豆腐よう」専門店です。しかも、鍾乳洞の中で1年2ヶ月熟成させて、味も絶品。ペースト状にしてパスタやごはんに乗っけて食べたりできる画期的な新しいタイプの豆腐ようも売られています。

【豆腐ようとは】

交易で栄えた琉球王朝時代、明から伝わったとされる「豆腐よう」。赤く四角のサイコロのような「豆腐よう」は、島豆腐を米麹、紅麹、泡盛を使って発酵させたもので、楊枝で少しずつ削って食べる酒の肴として人気があるものです。

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー


 

【金武町の鍾乳洞で熟成される豆腐ようと泡盛】

沖縄本島北部の金武町(きんちょう)にある鍾乳洞。今回ご紹介する豆腐ようを生産、販売するインターリンク沖縄は、金武酒造と親戚関係にあり、鍾乳洞の中で、その原料にもなる金武酒造泡盛と豆腐ようを貯蔵して熟成させています。

 
白いラベルがついているものは泡盛で、5年間泡盛を預かって熟成させています。中には10年以上寝かせてある泡盛もあって、どれだけ美味しく育っているのか興味ありますね。

 

【すべて金武町産で作った豆腐よう】

親戚関係にある金武酒造の『龍(たつ)』。この泡盛が豆腐ように使われています。

 
店内で見せていただいた沖縄タイムスの記事です。

 

【パスタにも使える新しい豆腐よう】

こちらは琉球新報の記事です。豆腐ようをペースト状にしたソース「豆腐ようモダン」は画期的です。酒の肴から通常の食事にも使える豆腐ようができたというわけです。ご飯の上にのっけたり、パスタに混ぜるなどいろいろな使い方ができます。お店のホームページには、調理例を写真で紹介されています。

 
瓶に入った「豆腐ようモダン」、ペースト状だからできることですね。

 
店内の写真です。この他に、金武酒造泡盛や、金武町産のものが売られています。

泡盛ファンの私は、金武酒造の泡盛を求めて、鍾乳洞にも入っていて、この豆腐ようが美味しくて人気があることは知っていましたが、金武町のアンテナショップのような「龍の蔵」を見つけたときは感激でした。是非、味わってみてください。
 
鍾乳洞貯蔵熟成豆腐よう専門店「龍の蔵」のホームページはこちらです。
半額の入場サービスがある鍾乳洞古酒蔵のホームページはこちらです。
 

【豆腐よう専門店 龍の蔵】

住所:沖縄県那覇市松尾1-9-47
営業時間:10時~19時
文、写真:泡盛おじさん


アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »