|

「ビアフェス沖縄2019」では、クラフトビールが50種類以上!

「ビアフェス沖縄2019」では、クラフトビールが50種類以上!

2019年6月7日(金)~9日(日)に、日本最大級のビールイベント「ビアフェス沖縄2019」が那覇市の「タイムスビル1階イベントスペース」で開催されます。このイベントは多様なスタイルのビールを一堂に集めて、来場者がテイスティングをする歴史の深いクラフトビールのイベントです!

 

ビアフェス沖縄は2014年から毎年開催されている大人気イベント

出展:ビアフェスFBページ

【開催日時】
2019年6月7日(金):18時~21時(ラストコール20時45分)
2019年6月8日(土):13時~21時(ラストコール20時45分)
2019年6月9日(日):12時~17時(ラストコール16時45分)

【開催場所】
沖縄県那覇市久茂地2-2-2
タイムスビル 1階イベントスペース

★出展者・出展ビールの一覧はコチラをご覧ください。

【料金】
前売券:2,700円(税込)※6月7日まで販売
当日券:3,000円(税込)

【主催】ジャパン・ビアフェスティバル沖縄2018実行委員会

※このイベントはチケット購入が必要となります。詳しくは公式HPをご覧ください。
☆BeerFes沖縄2019の公式HPはコチラ

 

ビアフェスでは50種類以上のクラフトビールが飲める

出典:ビアフェスFBページ

ビアフェスの正式名称は「ジャパン・ビアフェスティバル(英文名 Great Japan Beer Festival)」。開催当初より「ビアフェス」の愛称で親しまれ、1998年から東京会場、2003年からは大阪会場、2006年からは横浜会場、2011年から名古屋会場において毎年開催され、2014年から沖縄会場でも行われています。

ビアフェスは、クラフトビール業界はもとより一般消費者の間にも広く知れ渡り、日本最大のイベントとなっています。95年に誕生した日本のクラフトビールも今では各地で気軽に飲めるようになってきましたが、「ビアフェス」では多くのビールを試飲して、味や香りを比べる体験をすることでビールの多様性に触れ、「ビアスタイル」を知っていただくことができます。

ビアフェスの4つの特徴は以下の通り!
50種類以上のクラフトビールを試飲することができる。  
世界5大ビール審査会の一つ「インターナショナル・ビアカップ2018」、「ジャパン・グレートビア・アワーズ2019」で金・銀・銅賞を受賞したビールも出展。
③ビアフェス特製の「ベストアロマグラス」でクラフトビールの多様な香りを嗅ぎ比べることができる。
④ビールの審査員資格を持つ「ビアジャッジ」が解説するテイスティングツアーや、ビール専門家によるセミナーが開催されるので、ビールの知識を深めることができる。
50種類以上のクラフトビールが試飲できるなんて、夢のようなイベントですね(笑)

ビアフェス沖縄2019のベストアロマグラスがもらえます!

出展:ビアフェスFBページ

「ビアフェス沖縄2019」では、前売り券(2700円。6月27日まで発売)、当日券(3000円)を購入すると、前売り券・当日券共に1枚につき、入場料1名様分、ビールチケット10枚、そしてベストアロマグラス1脚がもらえます。

MYベストアロマグラスで飲むビールはまた格別!そしてコレクションにもなるので嬉しいですよね!ぜひ「ビアフェス沖縄2019」に足を運んでくださいね!

(2018.5.25公開、2019.5.20更新)

 

タイムスビル1階イベントスペース

住所:那覇市久茂地2-2-2 ☎0798-70-7171 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »