|

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

国際通りにあるラーメン屋「拉麺ちゃんや」。テナントビルの奥にあるため知らない方も多いはず。でも「拉麺ちゃんや」のファンはたくさんいるんです。一度食べると病みつきになる。私もそんなちゃんやファンの一人。月~木曜は深夜2時まで、金・土曜はなんと朝5時まで営業しています。飲んだ後、罪悪感にかられながら食べる「拉麺ちゃんや」のラーメン。でも食べた後、そんな罪悪感も吹き飛ぶほど幸せな気分に浸れます(笑)

 

【ちゃんやはNOラーメンNOライフ】

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

場所は国際通りの「おきなわ屋」の隣のビルで、「拉麺ちゃんや」の手前にはTシャツ屋があり、そのTシャツ屋を突き抜けた奥にお店があるので少々わかりにくいかも。でも見つけた時の喜びもあります(笑)

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

外にはこんな看板もあるので見逃さないように。

 

【店内には大量の名刺が】

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

店内はカウンター席とテーブル席。壁一面に名刺とかメモ紙が貼られています。

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

店の外にもテーブル席あり。

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

で、気になったのがコレ。「たどりついたら北と南の麺文化。あわせて作ったちゃんやのラーメン。この一杯にうまさをこめて」。北と南のコラボ。ふむふむ。どうやら「ちゃんや」のご主人が北海道出身で、「ちゃんや」の麺は札幌にある西山製麺の麺を使っているんですって。創業は1995年。沖縄にまだラーメン屋さんがあまりない頃からやってるんですね~。

 



【ちゃんやラーメンメニューは5種類】

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

根強い人気のある「沖縄エビだしラーメン(850円)」と「辛味噌ニンニク(800円)」を注文。ちなみに右下の「ラースーファン」はスープにご飯が入っているようです。雑炊的なものかしら?

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

待つこと数分。「辛味噌ラーメン」の登場です。くぅ~美味しそう!ニンニクのいい香りがたまりません。チャーシュー・きくらげ・ネギ・水菜の他に、粗みじんの玉ねぎやひき肉が隠れています。島ハバネロとニンニクのパンチがイイ感じ!そして北海道から取り寄せているという西山製麺のたまご麺のウマい事!驚きです。スープは濃いめ。コクと旨味のバランスが絶妙。見た目ほど脂っこくもないし、あ~これは癖になる味だ~

沖縄×北海道のコラボ!絶品沖縄エビだしラーメン「拉麺ちゃんや」

そして「沖縄エビだしラーメン」。このオレンジ色のスープ凄くない?沖縄県産の車エビを使い、出汁を取っているんです。驚くくらいのエビの香り。スープを一口飲むとエビだぁぁぁぁ!!と叫びたくなるくらいエビです(笑)濃厚だけどあっさりしていて、辛そうに見えるけど辛くない。沖縄県産のエビのスープが絶妙です。具材はブロック状のチャーシューに干し海老、キクラゲに人参と水菜、そして香り付けとしてゆずが添えられていました。そしてもちろん「エビだしラーメン」にも西山製麺のたまご麺が使われています。あ~至福。

 

【札幌市にある西山製麺は創業68年の老舗】

西山製麺は札幌市にあり、創業68年の老舗。店主の「ウチのスープ、たれに合う麺を!」という要望に応えるため、原料の配分、縮れ具合、色、太さ、麺のこね方等様々に、百種類以上の麺を作っています。北海道と沖縄のコラボラーメン。本当に美味しかったです!〆のステーキもいいけど、「拉麺ちゃんや」にも〆のラーメンを食べに行ってみてくださいね~!

 

【ラーメンちゃんや】

住所:那覇市牧志1-2-30 ☎098-864-5411 定休日:日曜

営業時間:(月~木)19:00~翌2:00 (金・土)19:00~翌5:00

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »