|

沖縄で神戸カツ丼?行列が出来るカツ丼専門店「神戸カツ丼 一どん」

沖縄で神戸カツ丼?行列が出来るカツ丼専門店「神戸カツ丼 一どん」

那覇市泉崎にあるカツ丼専門店「神戸カツ丼 一どん」に行ってきました。沖縄なのになぜ「神戸カツ丼」かというと、店主が神戸出身とのこと。周りは那覇市役所や那覇バスターミナルもあるオフィス街なので、お昼時には行列が出来る事もしばしば。カツカレーもおススメです。

 

場所は那覇市役所のすぐ近く

那覇市役所からほんの少し住宅街に入ると、その一角に「神戸カツ丼 一どん」はあります。「神戸カツ丼 一どん」はココ泉崎にあるこのお店が本店で、他にも首里店とうるま店があります。店名に「神戸カツ丼」と付いているのは、神戸に本店があるのではなく、店主が神戸出身とのこと。

店内は長~いカウンター席。お店の開店と同時に行ったのですぐに入店できました。

 

神戸カツ丼 一どんのメニューは?

カツ丼は普通のカツ丼の他、玉子を2個使用した「カツ玉」や、ご飯大盛+トンカツも2枚のった「ダブル」などなど。どれも美味しそう。サイドメニューには赤だしやミニうどん、九条ねぎなどもあります。

メニューを裏返してみると魅力的な「温玉カツカレー丼」が!丼だけじゃなく「温玉カツカレーうどん」や「玉子うどん」、「とんかつうどん」も美味しそうですね。食券は券売機で購入します。

 

神戸カツ丼 一どんのカツ丼は、出汁がきいた関西風

食券を渡すと目の前で手際よく作ってくれます。カツを揚げる心地よい音を聞きながら待っている時間も楽しいもんです。

待つこと数分でカツ丼が出来上がりました。玉子を2個使用した「カツ玉」にしようか迷いましたが、たっぷりの玉子の量!トンカツも厚めでボリューム満点です。「神戸カツ丼 一どん」のかつ丼は、鰹や鯖等の混合節と、利尻昆布でしっかり旨味をとった関西風の出汁が使われているので、出汁はきいていますがあっさりとしていてとても食べやすかったです。

そして「温玉カツカレー丼」。トンカツとカレーの相性っていいですよね!「神戸カツ丼 一どん」のカレーはやはり出汁がきいているので、カレーライスというよりもカレーうどんのカレーをご飯にかけた感じです。カレーは飲みものという例えをよく耳にしますが、まさにそんな感じです(笑)スパイスはあまりきいてないので、一味を入れると味がグッと引き締まりました。

平日のお昼時は混雑が予想されるので、少し早めに行くかランチタイムより少し遅めに行く事をおススメします。美味しいカツ丼をぜひ!

(2018.3.28公開、2019.5.13更新)

 

神戸カツ丼 一どん泉崎本店

住所:那覇市泉崎1-7-7 ☎098-862-3313 営業時間:10:30~21:00 日曜・祝日定休

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »