|

インスタ映えを狙うなら那覇国際通り「むつみ橋商店街」で見上げよう!

インスタ映えを狙うなら那覇国際通り「むつみ橋商店街」で見上げよう!

「インスタ映え」という言葉が生まれる前から、インスタ映えする写真が撮れるスポットが、那覇国際通りのむつみ橋商店街にあるのをご存知でしょうか?!かなり有名なので知ってる方も多いとは思いますが、知らない方はぜひむつみ橋商店街で上を向いて歩いてみてください。楽しめますよ!

 むつみ橋商店街の場所は?

国際通りの中心、むつみ橋交差点の正面にむつみ橋商店街はあります。ドン・キホーテ横の市場通り商店街と間違わないでくださいね。「むつみ橋」は、その昔、この場所に「むつみ橋」という橋があったことから、この通り名になりました。この「むつみ橋」の名前は、戦後に公募で名づけられ、戦後のアメリカの統治下の沖縄において、「国際通り」は復興のシンボルでもありました。そこに架けられる橋は「国籍を問わず、市民同士むつみ親しんで欲しい」という願いを込められているそうです。

 

沖縄の生き物オブジェがあちこちに!

そのむつみ橋商店街に入った途端、なにやら上部より視線を感じます。それに気づいて時はビクっ!!となっちゃいました(笑)では紹介していきますね!!オブジェは実物大ではないのでお間違えなく(笑)

《マングース》

マングースがいるのがわかりますか??写真の右上にいますよ~

可愛いマングースちゃん。でも意外と狂暴で、ハブ駆除目的に県外から沖縄に連れてこられ、最初は英雄扱いだったのについつい増えすぎて、今やヤンバルクイナの天敵として問題視されているマングース。人間の身勝手でこんな事になっちゃって、ちょっとかわいそうな特定外来種ですね(涙)

実物のマングースの体長は約45センチ。

 

《ヤンバルクイナ》

少し進むとみんなのアイドル「ヤンバルクイナ」がお目見えです。

このオブジェはもちろん飛べませんが、本物のヤンバルクイナも飛べません。私は沖縄に移住して9年経ちますが、いまだに野生のヤンバルクイナを見た事がありません。でも沖縄本島北部に行くと出会えることも。

実物のヤンバルクイナの全長は、約35センチ。絶滅危惧種。

 

《サキシマカナヘビ》

このオブジェはかなりデカいですが、実物はかなり小さいです。カナヘビと名前が付いていますが、表情がとても可愛いトカゲちゃんです。那覇市の公園あたりでも見かけることがあるそう。

サキシマカナヘビの全長は、約26-30センチもあるんですが、尾が長く全長の3/4に達するそうです。

 

《琉球アオヘビ》

琉球アオヘビをわかりやすく言うと「アオダイショウ」です。好物はミミズやカエルで無毒のヘビ。でも無毒でもヘビってやっぱり怖いですよね。

実物の琉球アオヘビの全長は、約60-95cm。

 

《琉球キノボリトカゲ》

琉球キノボリトカゲは、沖縄本島や沖縄の離島でも見かけるトカゲちゃんです。でも絶滅危惧種に認定されてるんですって・・・(涙)

琉球キノボリトカゲの全長は、オス最大約31センチ。

 

《ヤンバルテナガコガネ》

ヤンバルテナガコガネは、その名の通りヤンバルのみに生息する、日本最大の甲虫で天然記念物です。体長は約6センチと、とにかく大きい。ヤンバルテナガコガネが飛んで来たら、かなりビビりそう。

 

《ヨナグニサン》

ヨナグニサンという、とにかくデカい蛾。見ただけでも背中がぞわぞわしちゃいます。嫌いな方はスルーしてください。「与那国さん」という人の名前のようですが違います(笑)この蛾は八重山諸島のみに生息する国内最大の蛾。与那国で初めて見つけられたためこの名前が付けられたそう。羽を広げると30センチにも達するというからオッタマゲ~です(恐怖)世界最大の蛾と思っていたら、オセアニアに生息するナンチャラという蛾に次ぐ、世界第2位の大きさらしい。お~こわっ。

30センチものヨナグニサンが飛んできて顔にとまったらどうしよう。

 

《オリイオオコウモリ》

まだまだ続きますよ~。お次はオリイオオコウモリ。このオブジェは怖い程デカいですが、実物もデカく、頭胴長約20~25cmで、羽開帳は約50~60cmにもなります。 眼が大きくクリッとしていて、尾はありません。沖縄の街中でも木や電線にぶら下がっているところをよく見かけます。夜になると飛んでいるところも見かけます。コウモリマニアの私としては嬉しいのですが、準絶滅危惧種に認定されているんですって(悲)

 

《ヤシガ二》

ヤシガニはの木に登りヤシの実を落として食べるからヤシガニっていうと信じていましたが、実際には、口に入るものなら腐敗した死肉でも食べる雑食性。しかもヤシの実を食べる事は確かだけど、実を切り落とすために木に登る習性も確認されておらず、今となっては都市伝説になりそうな勢いです(笑)ヤシガニって名前だけどヤドカリの仲間。

全長約40センチ。ヤシガニは捕獲されることが多いため、現在ではその個体数が少なくなっており、地域によっては絶滅危惧種として、捕獲を禁じているところもあります。

★沖縄の「ヤシガニ」のパワーはライオンに匹敵?!甲殻類最強生物!の記事はコチラ。

 

《カンムリワシ》

カンムリワシは、後頭部に白い羽毛の混じる冠羽が生えることが名前の由来。沖縄県石垣島出身の元プロボクサー「具志堅用高」のリングネームであることも有名。

全長約55センチ。特別天然記念物で絶滅危惧種。

 

《オキナワヒラクワガタ》

オキナワヒラクワガタは、沖縄本島と近隣の島々に生息するガッチリとした体型と太くカッコいいアゴを持つヒラタクワガタです。 本土ヒラタクワガタとは大きさやアゴの形状も異なるんですって。挟まれたら痛そう・・・。

体長は約5センチ。

いかがでしたか?結構盛りだくさんでしょ?むつみ橋商店街のオブジェたちは、だいたい1mくらいの大きさで作られているので現実味はないです(笑)この大きさを信じないようにお願いします。さぁアナタもインスタ映えする写真を撮りに、むつみ橋商店街へGO!!!

 

むつみ橋商店街

住所:那覇市牧志3丁目1−1

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

2018.1.13公開、2019.12.11更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »