|

王家が旅の安全を願った拝所、世界遺産「園比屋武御獄石門」

王家が旅の安全を願った拝所、世界遺産「園比屋武御獄石門」

1519年尚真王よって作られたこの「園比屋武御獄石門」。この石門は、9つの世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつです。小さな石門で、首里城自体が復元されていない時は琉球大学になっていて、まだ朱色に塗られていない白木の守礼門と、この石門があっただけで、観光地としては粗末なもの。はりまや橋、札幌時計台と並ぶ「三大がっかり」といわれた時代もありましたが、今では重要な遺産の一つで、首里城観光の際には必ず通る場所。その背景をつかんでおきましょう。

その前にどう読む中って?「園比屋武御獄石門」(そのひゃん うたき いしもん)と読みます。

今回は「ガイドと歩く那覇まちまーい」に参加する形で、首里城をもっと深く楽しみましょう。ガイドしていただく方は、金城和男さん。

まちまーいで行った世界遺産「園比屋武御獄石門」

「園比屋武御獄石門」1519年尚真王よって作られました。第2尚氏王統の3代目になります。

戦災にあって・・・

守礼門を超えてすぐの入り口付近に有る世界遺産「園比屋武御獄石門(そのひゃんうたきいしもん)」。現在はきれいに積まれている石門です。この石門も沖縄戦では被害を受けており、その当時の写真がこれです。

世界遺産「園比屋武御獄石門」

資料提供:ガイドと歩く那覇まちまーい

 

まちまーいで行く世界遺産「園比屋武御獄石門」

1度目はすべてを復元したため、遺産とは呼べずクレームがつき、元からあったものを含めて作り直しました。それが、右上の屋根の部分です。明らかに左右が異なります。遺構の部分があったので、世界遺産として認められたわけです。

自然こそが神

この石門の裏はどうなっているか。現在は小学校の敷地になったりして、ほんの少し残っているだけですが、本来は広大な森になっていて、扉の向こうは神の領域として、自然のもの、木や石を拝む考え方で、本土とは異なる宗教的なものです。沖縄にある同じく世界遺産になっている「斎場御獄」や各所にある拝所(うがんじょ)を見てもそうです。

まちまーいで行く世界遺産「園比屋武御獄石門」

中は特別なものはなく、木や石があるだけです。この自然こそが神なんですね。

まちまーいで行く世界遺産「園比屋武御獄石門」

旅の安全を祈願した場所

琉球王国時代、王家の尚氏は、各地を巡航する際、必ず立ち寄って安全を祈願した場所であり、聞得大君(きこえおおぎみ)の就任の儀礼の際にも祈願していたと言われています。皆さんも旅の安全を願って拝んでから、首里城正殿の方に向かわれてはいかがでしょうか。

 

【園比屋武御嶽石門】

 住所:沖縄県那覇市首里当蔵町3丁目3

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »