|

和、琉、中様式を兼ね備えた琉球王別邸、世界遺産識名園

和、琉、中様式を兼ね備えた琉球王別邸、世界遺産識名園

首里城から南に2kmの場所にあることから「南苑」とも呼ばれる、琉球王国最大の別邸として、1799年に建てられました。約200年と歴史的には浅いですが、外国と交易を盛んにしていた琉球王国が、中国からの冊封使を招き、接待に利用するなど今でいう「迎賓館」と国王一家の保養に使われ、「御用邸」の役割を果たしていました。やはり、沖縄戦で壊滅状態になりましたが、1975年から20年間かけて復元されました。
02_h_01_035
2000年に世界遺産に登録された「識名園」の最大の見所は、和、琉、中の様式を兼ね備えた所にあるでしょう。実際に回遊しながらその様式を確認して行きましょう。

「回遊式庭園」

多くの日本の大名が取り入れていた庭園で、池を中心に周回路をもうけ、橋、小島、石、東屋などを配し、景勝地を再現する造りです。兼六園(石川県)、桂離宮(京都府)、小石川後楽園(東京都)など各所で見られる日本庭園です。池は「心字池」と呼ばれ、「心」の文字を崩した池の形になっています。
02_h_01_022

「御殿(うどぅん)」

赤瓦屋根は琉球様式。上流階級にのみ許された建築様式です。15の部屋を持ち、琉球王がくつろいだり、冊封使(中国皇帝の代理人)達を接待したりされた場所です。庭園を正面に見ることができます。
02_h_01_004
 

02_h_01_011

「六角堂」

池の小島に作られた休憩場所、東屋です。黒い屋根は中国様式を取り入れています。六角堂はもともと四角で、いつから六角になったのか定かではありませんが、大正5年4月29日付けの琉球新報記事から、その時点までは「四角」であったことが確認できています。
02_h_01_009

「石橋」

写真のように整形されていない石をアーチ状に組んだ石橋、奥に少し写っていますが、整形されている石を組んだ石橋が二連になって配置されています。
0245_006

「育徳泉」

池の水源ともなっている、この育徳泉に生える非常に珍しい「シマチスジノリ」という紅藻類は、国の天然記念物に指定されています。琉球石灰岩を使い、相方積みにより、きれいに積み上げられ、上部には冊封使の記念碑が作られています。
0245_007

「識名園」

住所:沖縄県那覇市字真地421-7
開園時間:4月~9月 9時~18時、10月~3月 9時~17時半 水曜日定休(休日に当たるときは翌日)
入園料:大人400円、小人200円
駐車場は、入り口すぐ横にあります。飲食店、自動販売機などはありません。
写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー


アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »