マングローブツアーで見られる幸せを運ぶ木「ガジュマル」


沖縄県には有名な樹木がいくつかありますが、中でも有名なのが幸せを運ぶ木 「ガジュマル」。熱帯、亜熱帯の植物を代表する木ですが、温帯気候の屋久島や種子島でも見られます。「ガジュマル」はクワ科イチジク属の木で一番大きな特徴は根っこにあります。気根と呼ばれる根っこは枝から大きく垂れ下がり、やがて地上に達して幹化します。その根っこをだらりと垂らした姿が非常にインパクトがるため、観光客に大人気。今回は那覇空港から40分、嘉手納町比謝川をカヤックで案内します。

【マングローブカヤックツアーでは色々な亜熱帯性植物が見られる】

気根が幹化してゆくと、本体の重心が入れ替わり、移動することがあります。数十年でメートル単位の移動をする木があるそうな。ないそうな。

東南アジアでは「歩く木」という別名がありますが、実は日本にもきちんと別名があります。ガジュマルは岩や植物に絡みつきながら成長します。絡みつかれた植物はやがて絞め殺されます。「締め殺しの木」これが日本での別名なんです。

 

そんなガジュマルの木をカヤックから眺めることができるツアーがあります。それは沖縄本島中部の比謝川でのカヤックツアー。この川の両岸には様々な亜熱帯植物がズラリ。

マングローブカヤックツアーでのみ上流のガジュマルを亜熱帯植物とともに楽しむことができるんです。本当はあちこちに生えているのですが…

そっくりな木もあるので多分分からないでしょう。

カヤックで嘉手納町の比謝川を登っていくと熱帯地域特有のマングローブ、ガジュマルがみられる。

 

<ラピュタのような比謝川のガジュマル>

川の上流までカヤックで進むと大きなガジュマルが見えてきます。自分たちの力で漕いで進む先にあるガジュマルはちょっと感動かもしれません。

またコースの先にいきなり現れるのでいつも「おお~!!」という歓声があがります。

歓声が上がる天空のラピュタのようなガジュマルは人気のスポット

その姿を見て「ラピュタ」みたいとコメントするゲストもちらほらり。確かに言われればそうですね。

もしかしたら東南アジアなどの遺跡などをヒントに描いたのかもしれません。夢があって素敵な木です。

 

<キジムナーが棲むと言われる比謝川上流のガジュマル>

妖怪キジムナーが棲むといわれる神秘的なガジュマル

沖縄では大きく成長したガジュマルの幹の穴には「キジムナー」と呼ばれる赤い髪の男の子の妖怪が棲むと言われています。

「キジムナー」は木を大切にする人にだけ「幸せをもたらす」、「願いを叶えてくれる」と言い伝えられております。

傷つけたり、切ってしまうとキジムナーは怒るそうなのでガジュマルだけでなく、自然は大切にしないといけませんね。

 

カヤックで探検比謝川

陸から近づけない場所もカヤックなら目の前まで行けます。カヤックを楽しむついでにガジュマルに願い事してみませんか?

 

文:西 健二/ニシケン

自称・・・慢性沖縄中毒。沖縄の文化風習の魅力にハマって鹿児島から移住しちゃいました。
歩く沖縄辞典を目指しているそうな。歴史好きで生物にも詳しい。いつも明るく爽やかでイーズのムードメーカー♪

写真提供:カヤックイーズ(kayak ease)

住所:沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜566-15

TEL: 098-923-5871 営業時間:7:00~24:00



アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »