沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

やんばるのホテルおすすめ5選!沖縄の自然を楽しみ尽くす!

那覇空港からわずか1時間半で「やんばる」と呼ばれる沖縄本島北部に到着します。沖縄によく行く人でも、また那覇など地元の人でもやんばるまで出かける人はそれほどいないと言われていますが、数々の魅力的なホテルが存在します。いったい、どんなホテルがあるのでしょうか?

沖縄本島北部やんばるの概要

オクマプライベートビーチコテージ

出典:楽天トラベル

 

那覇空港から車で約1時間半。沖縄本島の北部、国頭村(くにがみそん)あたりに到着します。沖縄本島北部は2021年7月、奄美大島、徳之島、西表島とともに世界遺産登録もされ、今一番注目を集めています。

やんばるは「山原」と書き、自然がたくさん残されているエリアで、那覇や北谷町のような都会で観光地化されたところとは一線を画す、自然に溢れ、開放的な雰囲気が魅力です。

沖縄本島北部のおすすめホテル①オクマプライベートビーチ&リゾート

オクマプライベートビーチ外観

出典:楽天トラベル


オクマプライベートビーチ&リゾートは、2018年にオープンから40周年を迎えました。

広大な敷地の中にコテージが点在する形式のこのホテルはカップル、ファミリーはもちろん、ワンちゃんにもフレンドリーなホテルです。それに特徴のある朝食の美味しさには定評があります。

また、1日1本となりますが、太っ腹なことに那覇市内から無料のシャトルバス、もしくは空港から安価な有料シャトルバスが2本通っているので、本島北部だけれどアクセスもラクラクです。

沖縄のホテルで空港送迎があるのはどこ?【沖縄本島編】の記事はコチラです。

沖縄のリゾートホテルの中でも老舗中の老舗で、建物は多少古くなった感はあります。しかし、内装はちゃんとメンテナンスされ、古さを感じさせないのが素晴らしいです。木造でちょっとレトロ感のある内装だった頃は、「まるでハワイのコテージみたい!」と言う人さえいたんですよ。

オクマプライベートビーチ&リゾート

出典:楽天トラベル

何部屋かが一棟に集合したタイプもあるのですが、なんと「一戸建てタイプ」のお部屋もあるから驚きです!

また、2020年から2022年の間にリノベーションされたガーデンヴィラ、グランドコテージ、スイートは、現代風のモダンな内装となり、ビーチとエメラルドグリーンの海が見渡せるラウンジアクセスもついているプランもあるのでワンランク上の滞在が約束されています。

昔からのファンやリピーターも多いホテルですが、いまだにファンが多いのは、レトロな雰囲気も残しつつ、リノベーションによって、新しさを取り込んで客室をアップデートしているからだと言えます。

【ココが売り!】お母さんが作ってくれる朝食メニューがすごい!

サーフサイドカフェ

出典:楽天トラベル


オクマプライベートビーチ&リゾートでは、一般的に朝食は「サーフサイド・カフェ」でとります。

「サーフサイド・カフェ」での朝食は、地元、国頭郡出身のお母さんが作る、鰹節と味噌の「かちゅー湯」と「ポーク卵おにぎり」がある「お母さんコーナー」が目玉となっています。

沖縄料理の中でもちょっとマイナーな「かちゅー湯」なんて、めったに食べられるものではありませんね。オーダーを受けてからその場で一生懸命作ってくれるのも人気の秘密となっています。

その他、とれたて地場野菜に南国フルーツ、島果実で作る10種類のジャムなど、かなりレアな特徴がある朝食が人気です!

【実録レポ】オクマ プライベートビーチ & リゾートの朝食の記事はコチラです。

やんばるのおすすめホテル②アダ・ガーデンホテル沖縄

アダ・ガーデンホテル外観

出典:楽天トラベル


那覇空港から車で2時間10分。沖縄本島北部の東海岸に建つ、アダ・ガーデンホテルに到着します。

沖縄本島のほぼ北の端、「やんばる国立公園」の中に建っているホテルです。

ホテルからはやんばるの大自然がすぐそこに感じられるので、自然が大好きなナチュラリストには特におすすめです。

ちょっとコロニアルな外観の建物は、2,000年にベトナムとの友好の印として、現地から資材を調達して建てられたもの。

部屋は特に南国調というわけでもなく、ベーシックで落ち着いた内装ですが、家具やリネンのチョイスなどはは、どことなく異国を感じさせます。

【ココが売り!】ヤンバルクイナの鳴き声で目覚めるアダ・ガーデンホテル

やんばるの大自然

出典:楽天トラベル


アダ・ガーデンホテルの売りは、何と言ってもやんばるの大自然です。朝は「ケ、ケ、ケ、ケ・・・」と野生のヤンバルクイナの鳴き声が聞けます。

ひょっとしたら天然記念物のヤンバルクイナに出会えるかもしれませんね!

また、大自然を生かした数々のアクティビティーもあり、SUPやシュノーケリング、渓流ツアーなど、一味違った大人のアクティビティーが楽しめるのも魅力です。

すぐ近くに「ヤンバルクイナ生態展示学習施設クイナの森」があって目の前でヤンバルクイナを見ることが出来ます。

ヤンバルクイナに絶対会える「クイナの森」の記事はコチラです。

やんばるのおすすめホテル③海と星空の小さな宿WASSA WASSA

海と星空の小さな宿WASSA外観

出典:楽天トラベル


沖縄本島北部のおすすめホテル、3番目は「海と星空の小さな宿WASSA WASSA」です。那覇空港から車で約1時間半。大宜味村に佇む名前通り、なにやら可愛い外観のホテルです。

テラコッタ色の外観はモロッコあたりの小さな宿を連想させますね。内装も特徴的で、異国情緒が溢れています。

ここは調理師免許を持つご夫婦が営む、1日二組だけの宿で、モロッコ料理ではなく、沖縄の海の幸をふんだんにご馳走してくれる宿なのです。

【ココが売り!】隠れ家的宿で胃袋を完全に掴まれる料理がすごい!

海と星空の小さな宿WASSA料理

出典:楽天トラベル


「海と星空の小さな宿WASSA WASSA」の宿泊料金は素泊まりで1人1泊1万円ちょっとと安くないです。それに部屋も20㎡でそれほど広いというわけではありません。

しかし、宿の目の前は天然ビーチだし、何より調理師免許を持つご主人の料理がすごいです。

新鮮な野菜、漁港で買い付けてくる魚介を使い、沖縄料理だけでなく、寿司や刺し身、フランス料理、コース、絶品スイーツなど、どんな料理でもオールマイティー!とても美味しくて完全に胃袋を掴まれる人続出!

この料理が食べたいがために多少料金が高くてもリピートしてしまう人も多い宿です。

やんばるのおすすめホテル④又吉コーヒー園

又吉コーヒー外観

出典:楽天トラベル


ん?ホテルの紹介なのに「又吉コーヒー園って何?」って思った人も多いでしょう。

実はここ、那覇空港から車で1時間40分、国頭郡の東海岸、東村慶佐次に建つ「泊まれるコーヒー園」で、敷地内には2,000本以上のコーヒーの木があります。あえて「◯◯ホテル」とつけてないところがユルくていいですね!

敷地内にはコーヒー園と宿泊施設、そしてカフェがあり、バギーやジップラインなどのアクティビティーも体験できるので、アクティブ派にはかなり楽しめる宿です。

【ココが売り!】宿、コーヒー、アクティビティーすべて楽しめる宿!

又吉コーヒーコテージ内部

出典:楽天トラベル


又吉コーヒー園の「売り」は実にいろいろあり、とてもひとつに決められません。

宿はキャンプも楽しめる広大な敷地内に建つナチュラル感溢れる、サザエさんの終わりの歌に出てくるような三角屋根のコテージで、なんと全室ジャグジー付き。東海岸ならではの朝日を眺めながら入るジャグジーは最高です!

カフェでは自家焙煎の深みのある味の沖縄コーヒーを楽しめ、海外でしか楽しめないと思っていたジップラインやバギーがなんと敷地内で楽しめるのです。

コーヒー園ならではの、コーヒー豆の収穫や焙煎の体験もあり、かなりレアな体験ができるホテルです。

お値段は1泊素泊まり2名ならひとり12,000円からです。レアな経験ができることを考えればそれほど高くないのではないでしょうか?!

やんばるのおすすめホテル⑤芭蕉

芭蕉外観

出典:楽天トラベル


ホテルの名前が「芭蕉」とは、またもやホテルらしくないネーミングです。ネーミングの由来は謎ですが、沖縄の織物「芭蕉布」から来たのでしょうか。

芭蕉は上の又吉コーヒー園の近く、空港から車で1時間40分ほどのところにある、国頭郡の東海岸、東村慶佐次に建つ小さな宿です。

オーナー手作り!のプライベートプール付き、1日1組限定の2DKの別荘まるごと貸し切りタイプで、セルフチェックインができるので、スタッフとも接触なしの、バケーションレンタルに近い感じの宿です。

【ココが売り!】非接触チェックイン、まるごと貸し切る開放感がすごい!

芭蕉プライベートプール

出典:楽天トラベル


この「芭蕉」は、別荘をまるごと貸し切るタイプの宿です。1日1組なので、他のゲストはおらず、セルフチェックインなのでスタッフとも会いません。

山と海が近くにあって自然を楽しめる上、プライベートプール、無数の星空も体験できる屋上テラスもあり、BBQレンタルも可能です。もちろんコンロや炊飯器、冷蔵庫や調理用具も揃っていますよ!

何と言っても「まるごと貸し切りの開放感」がすごく、思いっきりのびのびと楽しめる所がいいですね。また、家族4人で使えばひとりあたり5,000円程度の値段もありがたいですね。

宿泊予約

このように沖縄本島北部、やんばるにはかなり個性的な宿が多いです。ありきたりの大型ホテルに飽きたら、ぜひやんばるまで足をのばしてみてはいかがでしょうか。

(Visited 2,868 times, 5 visits today)

通りすがりの南国、アジア好き。面白そうなものには突っ込んでいく性質です。食べることと踊ること、大好きです。旅に出るとますます食欲増進します。よろしくお願い致します!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »