カツオの町「本部町営市場」まちぐゎーを歩けば発見あり!

美ら海水族館がある本部町、その中心にある「本部町営市場」。まちぐゎーとは市場の意味。水族館、備瀬方面、八重岳方面へのそば街道、瀬底島方面と要の位置にあり、本部漁港に隣接している。市場は生活の中心となる大切な場所、カツオの町として栄えた本部町の市場を歩いてみよう。

美ら海水族館があるカツオの町「本部町営市場」

【カツオの町、本部町】

まずは、カツオの町らしく、鮮魚店が並ぶ。カツオ、マグロを中心に刺身が並んでいる。写真はガーラとイラブチ。ガーラはヒラアジのことで、イラブチは沖縄の青い魚の名前。一般的には、刺身はわさび醤油でしょうが、トレイを見ていただくとわかるように、酢味噌がつけられています。これで食べるのが最高にうまい!

美ら海水族館があるカツオの町「本部町営市場」

この鮮魚店が並ぶ一角は道路拡張のため、近いうちになくなってしまうようです。

美ら海水族館があるカツオの町「本部町営市場」

カツオのベンチは思わず笑みが出てきますね。

美ら海水族館があるカツオの町「本部町営市場」

【ホッコリする本部町市場】

野菜売りの傍ら、おばぁたちが集まり、井戸端会議。

美ら海水族館があるカツオの町「本部町営市場」

地元の野菜が手に入る。こういった小さな店が、集まっていて、アーケード街になっています。

美ら海水族館があるカツオの町「本部町営市場」

市場歩きの合間にコーヒーブレイク「まちぐわー みちくさ(無料駐車場案内があります)」はおすすめの場所。

美ら海水族館があるカツオの町「本部町営市場」

この日はあいにく奥さんだけでしたが、知念さんご夫婦で店を切り盛りしている自家焙煎のコーヒー店。持ち帰りも可能。

この日はあいにく奥さんだけでしたが、知念さんご夫婦で店を切り盛りしている自家焙煎のコーヒー店。持ち帰りも可能。この取材の後にも、若手経営者が、おしゃれなアクセサリーの店などが開店しているそうだ。

この取材の後にも、若手経営者が、おしゃれなアクセサリーの店などが開店しているそうだ。

【きしもと食堂、新垣ぜんざい有名店が近くに!】

肉コーナーには、沖縄らしい食材がありますね。てびち、ミミガー、中身、最後に出てきますが豚の血も売ってます。

美ら海水族館がある本部町はカツオの町

食料品や日用品を取り扱う昔ながらの商店、「仲宗根ストアー」、この隣に有名店、「新垣ぜんざい」「きしもと食堂」がある。

美ら海水族館がある本部町はカツオの町

仲宗根ストアーの店内です。こんな小さな店ですが、地元山川酒造さんの琉球泡盛『珊瑚礁』を中心にこれだけ並んでいます。

美ら海水族館がある本部町はカツオの町

こちらが有名な新垣ぜんざい屋。沖縄のぜんざいはかき氷。暑い夏は最高です。

美ら海水族館がある本部町はカツオの町

そして、こちらがきしもと食堂。詳細はこちらの記事をご覧ください。

美ら海水族館がある本部町はカツオの町のきしもと食堂

この仲宗根ストアーに総菜として売っていた豚の「チーイリチー」。チーは血、イリチーは炒め物。市場には血をビニールの袋詰めして売っていました。沖縄のソウルフード、一度食べてみてください。豚は鳴き声以外全部食べるといわれていますが、ミミガー、豚足などは、当たり前としても血にはびっくりです。

美ら海水族館がある本部町はカツオの町のチーイリチャー

そして、こちらが「豚の血」

美ら海水族館がある本部町はカツオの町の豚の血

【もとぶ町営市場】

住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地4

本部町営市場のホームページはこちらです。



アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »