カツオの町「本部町営市場」まちぐゎーを歩けば発見あり!

美ら海水族館がある本部町、その中心にある「本部町営市場」。まちぐゎーとは市場の意味。水族館、備瀬方面、八重岳方面へのそば街道、瀬底島方面と要の位置にあり、本部漁港に隣接しています。市場は生活の中心となる大切な場所。カツオの町として栄えた本部町の市場を歩いてみましょう。

カツオの町、本部町

まちぐゎー(市場)を歩いてみます。

さすがカツオの町と呼ばれるだけあって、鮮魚店が多い気がします。この鮮魚店が並ぶ一角は道路拡張のため、近いうちになくなってしまうようです。

写真はガーラとイラブチ。ガーラはヒラアジのことで、イラブチは沖縄の青い魚の名前。一般的には、刺身はわさび醤油で食べますが、本部町では酢味噌で食べるのが主流。これがまた最高にうまい!

カツオのベンチは思わず笑みが出てきますね。

ホッコリする本部町市場

野菜売りの傍ら、おばぁたちが集まり、ゆんたく(井戸端会議)中。

市場内には、こういった小さな店が集まっていて、アーケード街になっています。

市場歩きの合間にコーヒーブレイクできるカフェ「みちくさ」がありました。

カフェオーナーの知念さん。この日はあいにく奥さんだけでしたが、ご主人と二人で店を切り盛りしている、自家焙煎のコーヒー店。持ち帰りも可能。

肉屋さんや商店もいい味出してます

肉コーナーには、沖縄らしい食材があります。てびち(豚の足)、ミミガー(豚の耳)、中身(豚ホルモン)、三枚肉(豚バラ)、ソーキ(豚スペアリブ)などが売ってます。

仲宗根ストアーは、今でいうところのコンビニですね。日用雑貨や食料品、お酒などが売られている沖縄ならではの商店です。

小さな店なのに、泡盛の割合が高し(笑)地元の山川酒造の泡盛が並んでいます。

★山川酒造の記事は、コチラをご覧ください。

近くには有名店のきしもと食堂や新垣ぜんざいも

食料品や日用品を取り扱う昔ながらの商店、仲宗根ストアー」の隣には。有名店の「新垣ぜんざい」や「きしもと食堂」があります。

沖縄でぜんざいといえばは「氷ぜんざい」のこと!暑い夏には最高です。

そしてこちらも有名な「きしもと食堂」。

元祖木灰沖縄そばが絶品です。お昼時には行列も出来るほどの人気店です。

★きしもと食堂の記事は、コチラをご覧ください。

昔ながらの風景も垣間見れる、もとぶ町営市場界隈を散策するのも楽しいですよ。

★本部町営市場のホームページはこちらです。

※現在、新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内で紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

もとぶ町営市場

住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地4

2016.11.21公開 2020.9.7更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »