沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

やんばるを疾走するツール・ド・おきなわ2022

新型コロナウイルス感染症の影響により2019年を最後に開催を断念していた「第34回ツール・ド・おきなわ2022」が、2022年11月12日、13日に3年ぶりに開催されます。大会当日は、名護市内、本部町、今帰仁町をはじめ、沖縄本島地区は交通規制が入るので、北部地区観光を予定されている方はお気をつけください。

ツール・ド・おきなわ2022開催!

ツール・ド・おきなわ2022 概要

大会名称:第34回「ツール・ド・おきなわ2022」大会

期  日:令和4年11月12日(土)・13日(日)

参加定員(総合計):3,730名

場  所:沖縄県北部地域

お問い合せ:TEL.0980-54-3174 FAX.0980-54-3169(NPO 法人ツール・ド・おきなわ協会)
E-mail info@tour-de-okinawa.jp 受付時間:平日9時から17時まで

◆ツール・ド・おきなわの公式サイトはコチラです。



ツール・ド・おきなわとは

出典:ツール・ド・おきなわ

「ツール・ド・おきなわ」とは、沖縄県名護市を中心に、沖縄本島北部地域(通称:やんばる)で1989年から開催されているサイクルイベントです。毎年11月に2日間にわたり開催されます。

UCI(国際自転車競技連合)公認の男子国際チャンピオンレースをはじめ、市民レーサーが参加出来る市民レース、沖縄の風光明媚な景色を楽しめるサイクリングなどの「市民サイクルスポーツ大会」、こども達を主役にした一輪車や三輪車の関連イベントなど、自転車の祭典として、開催しています。

新型コロナウイルス感染症の影響により2019年を最後に開催を断念していた「ツール・ド・おきなわ」が、3年年ぶりに開催です!!

ツール・ド・おきなわ申し込み方法

出典:ツール・ド・おきなわ

【参加申込方法】

申し込み方法には、次の4つの方法があります。

1.大会事務局窓口でのお申し込み
2.インターネット・スマートフォンでのオンラインお申し込み
3.FAXでのお申し込み
4.電話でのお申し込み

受付期間:令和4年8月26日(金)正午~令和4年9月30日(金)17時まで

● 但し、定員に達し次第締め切りとなります。
● 現金書留での申し込みは受付できません。予めご了承ください。
● 尚、70歳以上の参加者は、健康診断書もしくは、ご自身の健康を自己申告する健康調査書が必要となりますので、事務局までご提出ください。
● 申込書ご希望の方は、封書に切手150円分を同封の上、当協会までご請求ください。
● 18歳未満(申込時)の参加者は保護者の同意が必要となります。

◆エントリーと詳細はコチラから

ツール・ド・おきなわでは、日本最長の210kmに及ぶコース設定や日本国内で例を見ない規模のラインロードレースの開催により、多くの事故が発生しており、限られた地域の救急や医療資源へ負担を発生しておりました。第29回大会から北部地区医師会が中心となり、「Mass Gathering Medicine」の考え方を導入した医療救護体制を実施。第34回「ツール・ド・おきなわ2022」では、医療救護体制の更なる充実と医療救護用品の充実化を図ります。

皆さん、応援しましょう!!

◆ツール・ド・おきなわの公式サイトはコチラです。

トップの写真提供:©OCVB

(Visited 142 times, 4 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

2016年11月13日公開、2018年9月15日更新、2022年9月19日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »