沖縄本島北部・伊是名島へ。これが「フェリーいぜな 尚円」だ!

沖縄本島北部・伊是名島へ。これが「フェリーいぜな 尚円」だ!

沖縄本島北部に位置する伊是名島。「船酔い人」にとっては飛行機のある与那国より、伊是名島、伊平屋島、波照間島や粟国島の方がはるかに「どなん(渡難)」な島です。私のような「船酔い人」にとって、沖縄離島への心配の一つが船ではないでしょうか?今回は、そんな「船酔い人」にもおおくりする、伊是名島へのフェリーの解説です。

 

2015年に新造船就航 フェリーいぜな 尚円!

2015年に就航したばかりなので、ぴっかぴかの新造船です。 新しいということは、揺れに関しても最新技術ということです。ここも安心なポイント。琉球国王・尚円王も応援しています!

 

今帰仁村運天港からでます

こちらが運天港のターミナルです。

待合所もひろびろ。伊平屋へのフェリーの券売所もあります。券売所には各観光資料も置いてあります。

こちらはターミナル内の売店。泡盛の「常盤」や「伊是名島」を見ると嬉しくなりますね(笑)他にも伊是名、伊平屋の名産品から生活必需品まで売っています。

伊是名島へのチケットは大きめでしっかりしてます。環境保全のための税金も徴収。こういうのは大事!

 

フェリーいぜな尚円船内のご紹介:座席スペース

船室の2階と3階に座席スペースがあります。

リクライニングも快適。窓際からは海も見えます。明るく開放感があるので、酔いが心配な人も安心かもしれません。

 

フェリーいぜな尚円船内のご紹介:雑魚寝スペース

沖縄の船旅にはお馴染。寝っ転がりスペース。こちらも明るく開放的

テレビもあります。

大きめのブランケットと、枕もあります。ほんとに快適!出航前からもう寝てる人もいるくらいです(笑)酔いやすい人は出航前に寝るに限ります!

 

フェリーいぜな尚円船内のご紹介:トイレ等

こちらは多目的トイレ。広々です。その他の一般トイレもデパートのトイレのような美しさです!その他授乳室、救護室など充実しています。

 

フェリーいぜな尚円船内のご紹介:その他の設備

新しいですからね。航路の案内もあります。観光の案内も流れています。

3階への階段です。豪華ですよね~。クルーズ客船のようで気分もいいです!

こちらは屋外の席。風邪を感じる場所です。椅子もテーブルもしっかり固定されていて。これは「揺れる」ことを想定しているのか・・・?でも、風を感じていれば気分も優れます!

 

フェリーいぜな尚円からの眺め

運天港を出たフェリーいぜな尚円からは、すぐ右手に古宇利島が見えてきます。けっこう近い!家々までみえます。 

それを過ぎると前方に伊是名島の影が見えます。

さらに近付くと、山々が見えてきました。島の人によると、 「女性が横たわっているようにみえるんだよ。これが見えると帰って来たっておもうんだ~。」とのこと。確かに見えますね!

さらに近付くと、城址でもある三角形の山が迎えてくれます。ここを過ぎると入港です。

港でこの海の青さ!感動的!

伊是名島フェリーターミナルが見えてきました! ん??「ハブのいない伊是名島!」力強く宣言です!

さて、いかがでしたか?フェリーいぜな尚円をみっちりレポートしました。正直なところ、運天港から伊是名島は一旦外洋にでるので、波があると揺れることもあるようです。そこはそれ、大型新造船に身を任せてまいりましょう!美しい伊是名島が待っています!

自然と歴史を堪能しながら走る「伊是名尚円王マラソン」の記事はコチラです!

伊是名島は尚円王生誕の地、だから史跡が多い!の記事はコチラです!

伊是名島は尚円王の歴史と文化と豊かな自然が同居する島の記事はコチラです!

フェリーいぜなや伊是名島の情報はコチラをご覧ください!

運天港 

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字上運天335
酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

2018.9.29公開、2019.8.22更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »