久米島「ハテの浜」は島が3つある!?どこを選ぶ?

久米島「ハテの浜」は島が3つある!?どこを選ぶ?

沖縄も梅雨明けし、夏本番。沖縄のガイドブックやポスターの題材によく選ばれるあの島、久米島の「ハテの浜」にスポットをあてます。

「実は3つある?!」なんて謎にも迫ります。

久米島といえば「ハテの浜」

実は3つあるんです「ハテの浜」

いきなり本題です。

久米島ハテの浜の空からの映像

これはマーコが久米島への飛行機から撮ったものです。
雲で少し見づらいですが、ハテの浜ってずっと一本につながっているんじゃないんですよね
一番右の大きいのが「奥の浜」ともいわれる大きい島。これを「ハテの浜」と言うこともあるようです。
そして、真ん中の「中の浜」、左の「前の浜」と3つに分けて呼ばれています。

 

どの浜が一番きれいなの?

どの浜がいい!というのは個人の好みもありますので、色々だとおもいますが、浜によって個性はあるのでご紹介します。
例えば、この日本トランスオーシャンの機内誌の表紙。

久米島ハテの浜JTAのきないしCORALWAY

ハテの浜の空撮ですね。
これはどこなんでしょう???
右の奥のほうに、大きい「奥の浜」が見えます。
ということは、ここは中の浜と前の浜になりますね。
これはマーコが行った際の中の浜のさきっちょ!

久米島ハテの浜の「中の浜」の先端
おそらく機内誌の上の方の浜の先端でしょうね。
こういった、「ザ・砂浜の先端」という景色があるのは「中の浜」になります。
その際の動画はこちら

いっぽう、一番大きな「奥の浜」は長い浜の真ん中あたりに船が着いて、その周辺で遊ぶことになります。
ツアーの注意事項でも言われますが、中心から離れて遠くには行けません。
禁止、というより、広くて遠くまで行けないのです。
「ハテの浜 思ったよりデカイ・・。」
上陸したお客さんの口からはこんな言葉が漏れます。
長さも、両端が見えないほど長く、幅もあるので反対がわの浜に行くにもかなり歩きます。
そして反対がわは、岩場もあり、流れが速く、すぐに深くなるので遊泳できません。
なので、「奥の浜」ではこういった「先端の景色」は撮れません。
そのかわり、大きい浜ならではのダイナミックさ、解放感があります。
久米島ハテの浜の「奥の浜」のビーチ
こちらは「奥の浜」での景色です。
遠くに見えるのも「奥の浜」の一部です。
大きさがわかりますよね!

久米島ハテの浜のメインビーチ

こちらも奥の浜の景色です。 広々しています。

マリンショップごとで行くハテの浜が決まっている

では、奥の浜、中の浜と、行きたい島を選べるの?ってことになりますよね。 マリンショップ毎で行くハテの浜が決まっているそうです。船頭さんとの取り決めのようなものがあるそうですよ。 どちらのハテの浜も綺麗ですが、一度どちらかに行ったことがあり、希望があるのであれば、ショップの方にどこのハテの浜に行くのか聞いてみるのがいいですね。

ハテの浜に持っていった方がいいもの

この夏、久米島への旅行を計画している人もいますよね? ハテの浜もプランに入っていますか? では実際にハテの浜に行く際に持っていった方がいいもの、気をつけたほうがよいことをご案内します。

足元は濡れてもよい格好で

ハテの浜には港がありません。  
浅瀬に船を乗りあげて、先端から降ります。足は絶対濡れますので、必ずビーチサンダルで行きましょ。

水分・飲み物

ハテの浜には売店はありません。 マリンショップによっては、販売用の飲料があるのですが、割高なこともあるので必ず持参しましょう。冷蔵バックなどがあればベスト!

日焼け防止グッツ

ツアー会社によっては、パラソルや日よけテントを利用できたり、空からの日射しをよけることができますが、砂浜や海からの照り返しで、その下にいても余裕で日焼けしますので、心配な方はタオルなど日よけグッツを持参しましょう。

防水カメラ

浅い浜は絵になります。水に入って写真を撮りたくなりますので、あれば是非!

目指せSNS映え ハテの浜のベストアングル

夏のシーズンもはじまり、ハテの浜が美しく輝くシーズンですね。
ハテの浜はどの浜も絵になります。
SNS映えを狙って、写真に凝るのもいいですね!

久米島ハテの浜は、どこもインスタ映え間違いなし

お決まりのショット
乗ってきた船も絵になります。

 
久米島ハテの浜なら誰でもモデル気分になれます。

広々遠浅の奥の浜にて 。モデルのお子さんが人魚のように見えました。

久米島ハテの浜ならポスターのような写真も簡単に撮れます。

久米島の久米仙のCMポスターを撮ってみるのはいかが?(笑)こちらは中の浜

マリンショップの小屋の屋根から

久米島ハテの浜なら、どこを撮ってもポスターのような出来栄え。

そして、久米島から帰る時は、空からハテの浜を見るのを忘れずに!
左側の窓から見えますよ!

飛行機からも見える久米島ハテの浜

マーコの記事「久米島への飛行機からの景色」の記事はこちらから
ガイドブックに載らない久米島絶景スポット」の記事はこちらから
この夏久米島への直行便がとっても便利に」の記事はこちらから

いかがでしたか?今年はぜひ久米島ハテの浜に行きましょう!

酒人(さけんちゅ) マーコ

沖縄に通い続けて20余年、ついに総旅費は東京でマンションが買えるほどに・・ 過去は振り返らない!をモットーに、マクロな目線で沖縄レポ 得意分野はホテルと安居酒屋です!!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »