|

シャルキュトリってなんだ?栄町・居酒屋新小屋(アラコヤ)

シャルキュトリってなんだ?栄町・居酒屋新小屋(アラコヤ)




今もっともディープでホットな町、栄町にやってきました!今回訪れたお店はそりゃ~もう大人気店で、なんでもシャルキュトリがとっても有名なんですって!でもシャルキュトリってなんだ?ではいってみよ~

【場所は栄町交番からすぐ近く】

安里駅前の交差点から栄町通りに入り、栄町交番を通り過ぎた右手にあります。

白い提灯が目印!!あ~楽しみ~

店内は入ってすぐにコの字型で椅子高め(BARによくある感じ)のカウンター席と、L字型椅子の高さ普通のカウンター席、そして奥にはテーブル席がいくつかありました!私はカウンター席へ。

 

【で、シャルキュトリってなに?】

まずシャルキュトリについて調べてみました。シャルキュトリ(charcuterie)とは食肉加工品全般の総称で、chair(肉)+cuite(火を入れる)、が語源。ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどの総称で、その多くは豚肉を原料とし、鴨やジビエなどを使うこともあるそうな。これらを販売する店もシャルキャトリと言い、パティシエ(洋菓子職人)、ショコラティエ(チョコレート職人)に並び食肉加工技術を持つ職人をシャルキュティエというんですって~。でもシャルキュティエって言いにくいね(笑)

と、いうことでその「シャルキュトリ」のメニューを確認。

お一人様盛(500円)・S(2人前800円)・M(3~4人前1500円)・L(6~8人前2500円)。私はSサイズを注文。ワクワクして待ってよ~っと!!



【豚もつ焼きのお店でもあります!】

アラコヤは飛びっきり新鮮な豚のもつ焼きが評判のお店。なのでそのもつ焼きも注文してみましょう!1本から注文できます。

タンやレバー、ハツなどの定番からのどべらやオッパイ(笑)などの珍しい部位がありますね~!迷っちゃうからもつ焼き5本盛り(750円)を注文。このメニューの中からどれが出てくるのかはお任せです!楽しみ♪

魅力的な一品料理もたくさんあります。「いちぢくとブルーチーズのサラダ」も美味しそうだし~、自家製海老ワンタンもいいな~。塩もつ煮込みも人気のようですよ!悩んだ挙句にこの中から選んだのは「厚切豚バラ串焼(1本250円)」。豚バラ大好き(笑)

 

【シャルキュトリキターーーー!!】

これは凄い!テンション上がる!インスタ映えする!あ~ワイン呑みたい(笑)8種類のシャルキュトリが登場です。サラミや豚足のテリーヌ・鶏レバーペースト・山原島豚もも肉のハムなどなど、どれも美味し~(喜)。これで800円なんて素晴らしい!!しかも一つ一つ丁寧に作られてる感じが伝わってくる~!盛り合わせの他、好きなものを単品で注文することもできます!

そしてもつ焼きも来ました!!左からふえがらみ(動脈)・がつ芯(胃袋の中心)・のどがしら(のどもと)。ふえがらみは動脈なのでほんとに管(くだ)って感じの見た目(笑)でも歯ごたえがよく程よい脂!

ハツ(心臓)にかしら(こめかみから頬にかけての部位)。どれも美味しい!焼き加減も絶妙!

そして豚バラの厚いこと!!これはあと5本くらい食べたかった(笑)

 

いや~今回も大満足。これだけ食べてもお料理だけで2000円ちょいです!ドリンクも生ビール(キリン)430円・泡盛島ジョッキ350円などなど1杯400円~500円くらいでした。ほんと栄町って凄いね・・・。どの店もハズレなしだよ。次はどこのお店に行こうかな(ニヤリ)。新小屋(アラコヤ)のすぐ近くに、もう少しリーズナブルに飲み食いできるアラコヤ2号店「トミヤランドリー」もあるそうです。

今度行ってみよ~っと(喜)。みなさんも足を運んでみてくださいね~!!

 

「新小屋(アラコヤ)」はこちらの記事でも紹介しております。

ディープな飲み屋街。那覇栄町でお勧めベスト10後半

 

【新小屋(アラコヤ)】

住所:那覇市安里388-10金城貸ビル ☎098-882-3034 営業時間:18:00~翌1:00 定休日:なし

 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »