沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

沖縄県産マンゴーの季節到来!2023年は豊作?!値段は?

沖縄県産マンゴーの季節到来!2023年は豊作?!値段は?

沖縄はマンゴーの季節が到来です!スーパーや八百屋さんにも、立派なマンゴーが並び始めています。マンゴー好きにはたまらないのではないでしょうか?2023年のマンゴーの収穫量は例年並みですが、甘さがとても強いという情報が聞こえてきました。今年のマンゴーも期待できそうですね!!

2023年はマンゴーが豊作?!

さんさんマンゴー

2023年は雨が少なかったこともあり、少し生育の遅れが心配されていましたが、例年並みの収穫量になるということです。味はとても甘くなっているそう!食べるのが楽しみですね!

国頭村にある敷地面積6万坪を誇る沖縄最大の大型マンゴー農園「サンヒルズ沖縄」さんの作業風景。

マンゴー

マンゴーを一つ一つ丁寧につるし日を当てて、品質の良いマンゴーが育っていきます。

マンゴー

見事な真っ赤のマンゴーですね~!

マンゴー

すぐにでも食べたくなります。2022年は特に美味しく育ったようですが、2023年はどうでしょうか?楽しみですね!

マンゴー

サンヒルズ沖縄のスタッフの皆さんです。メッセージをいただきました。

「沖縄の燦々と降りそそぐ日射しを浴びて、今年も美味しいマンゴーができました。ご自身へのご褒美として、また、お世話になっている方への贈答品として、沢山のご注文お待ちしています!!」

◆沖縄燦々マンゴーの公式通販サイトはコチラ

 

牧志公設市場界隈やスーパーでマンゴーの値段を調査

市場本通の「丸得商店」。昨年はコロナ禍でほとんどの店が閉まっている中、丸得商店さんだけが営業されてました。

お値段はもちろんピンキリですが、1玉2000円くらい。今はマンゴーシーズンが始まったばかりなので少々お高めですが、今後傷もののマンゴーが安くなって登場するはずです!

丸得商店さんでは、パイナップルやドラゴンフルーツ、マンゴーのカットフルーツが安くで売っているので、お試しで食べてみるのもいいかも!市場界隈のいいところは、傷もののマンゴーが安く買えるということ。1玉200円~300円で買えることもあるのでチェックしてみてくださいね!

コチラのお店は、牧志公設市場の横にある八百屋さん。かまぼこのジランバ屋さんのところです。ここではミニマンゴーが1500円で売っていました。自宅用ならミニマンゴーで十分ですよね!ミニマンゴー横の「レンブ」もぜひ!

おっ!アップルマンゴーが1玉600円?!と思ったらメキシコ産でした(笑)失敬。

そしてコチラは那覇新都心の「サンエーメインプレイス」。スーパーの箱入りは上等ですがお高めです。1玉2000円~。2キロ(4~5玉)で9800円~。昨年と変わらないお値段ですね。

コチラは那覇市牧志のマックスバリュー。ここにも宮古島産のミニマンゴーが1580円で売ってました!ミニマンゴーとはいえ中くらいのサイズのマンゴーも入っていてお得感満載です。

そしてココはのうれんプラザにある「農連ファーム」。野菜やフルーツがかなりお安く買える那覇市民の台所。ココでは4玉で5940円。箱入りで上等なマンゴーの中では、いまのところ一番安いです。

パック入りは、2玉で1059円~1300円!ご自宅用ならこれで十分ですよね!農連ファームはかなりおススメです。

毎年この時期に公設市場界隈の裏通りに入ると、不揃いの小さいサイズやほんの少しの傷もののマンゴーが、かなり安くで買えますので、お見逃しなく!

そして沖縄ヤマト運輸では、沖縄県産品を県内外のより多くの方々に味わってもらい、消費拡大につなげることを目的として、マンゴーとパインを特別送料にて送ることができるキャンペーンを実施中。期間は6月1日(水)~9月30日(金)まで。

沖縄県内営業所へのお持ち込みに限りますが、例えば牧志公設市場界隈でマンゴーを購入し、牧志公設市場のすぐ近くにあるヤマト運輸牧志市場営業所に持ち込むと、2キロまでは県内600円~、県外1000円~で発送できるというお得なキャンペーンです。重さにより発送料金は変わりますが、通常よりもお得なのでぜひご利用ください。

◆マンゴー・パイン特別送料キャンペーン(沖縄限定)の詳細はコチラ

期待すべきは7月15日マンゴーの日

7月15日の「マンゴーの日」に合わせ、糸満市西崎にある「うまんちゅ市場」や、名護市の「はい菜!やんばる市場」、恩納村の「おんなの駅なかゆくい」では、毎年「マンゴー祭り」が開催されます。今年も開催される予定ですが・・・お値段やいかに。

コチラは名護市にあるファーマーズマーケット「はい菜!やんばる市場」。国頭村、大宜味村、宜野座村、今帰仁村、本部町、名護市など、北部中の新鮮野菜や果物が集まっています。

ココで狙うは訳あり品のマンゴー!かなりお安くゲットできます。味に変わりはないので、自分用のお土産なら見た目より安い方が嬉しいですよね(笑)アップルマンゴーは6月~9月に売られているので、ぜひお買い求めください!

★名護「はい菜!やんばる市場」今が旬のフルーツフェア!の記事は、コチラをご覧ください。

生マンゴー以外のおすすめマンゴー土産

生のマンゴーも美味しいですが、コチラは沖縄県産マンゴーの缶詰。なんと1缶2500円!!今までになかった、国内初商品で、旬の時期のアップルマンゴーを一つ一つ手作業で詰め込まれています。マンゴーの甘みと香りを活かすため、低糖度のシロップを使ってパッキングしています。1缶に大玉1,2個分のマンゴーをたっぷり使った贅沢仕様。缶詰とは思えない、フレッシュでジューシーな味と香りです。

石川酒造場の「マンゴー梅酒」。2種類の国産梅を泡盛で漬けた梅酒で、その梅酒に「アルフォンソマンゴー」のピューレを加えて濃厚な果汁感が特徴。飲み口後の梅酒のほのかな酸味が絶妙なリキュールです。ロックや炭酸割がおススメ。

沖縄土産の定番「ハイチュウマンゴー味」。このハイチュウには、沖縄産のマンゴーを使用しており、沖縄限定商品!

ちなみに私の家の近くでは、路地裏に普通にマンゴーがなってます。さすが沖縄(笑)

ぜひ沖縄のみずみずしいマンゴーを味わってみてくださいね!

(Visited 25,997 times, 15 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011年に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで沖縄大好きを発信中!沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。レザーソムリエ。泡盛マイスター。

2018年6月29日公開 2021年6月20日更新、2022年6月28日更新、2023年6月25日更新
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »