沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

那覇空港で買える沖縄限定土産はコレ!食べ物編!

那覇空港で買える沖縄限定土産はコレ!食べ物編!

楽しかった沖縄旅行を終え、後ろ髪を引かれながら那覇空港に向かうときの気持ちはなんとも言えませんよね。でも那覇空港はお土産天国。最後の最後まで沖縄を楽しみましょう!定番のものから新しいもの、那覇空港でしか購入できない限定商品まで、人気のお土産を紹介します。

思わずパケ買いしたくなる沖縄土産

紅型模様のパッケージが素敵な、期間限定の「沖縄生チョコレート」。

種類は3種類で「泡盛」「黒糖ラム酒」「パイン」。

ひときわ目を引く「ぱ」と「べ」の文字(笑)こちらは石垣島産パイナップルを使用したパイナップルのフィナンシェと、沖縄県産「ちゅら恋紅」を使用した紅芋のフィナンシェ。

そして「ち」(笑)こちらはちんすこうの2種アソートです。

そして「の」(笑)一文字が流行ってるんですかね?これは首里名物の「のまんじゅう」デザインのマカロンならぬ「マカのン」。

「の」の文字がペイントされたマカロンです。とってもかわいいですね!ちなみにこの「の」の文字は、「のし」を表し、縁起物として重宝されているんです。

このカラフルなパッケージは「伊江島ラムレーズンサンド」!絶対美味しいはず!

まるで絵葉書のような沖縄らしいパッケージに包まれたサンゴ焙煎コーヒー「trip coffee」。

沖縄らしいパッケージだし、お値段もお手ごろだし、ばらまきお土産によさそう。

 

沖縄土産はちんすこうだけじゃない!

こちらは「識名園るうまんぺい(浪漫餅)」。パッケージは識名園を天空から眺めた絵を、久高島在住の画家・山崎紀和さんが描いたもの。

世界遺産「識名園(しきなえん)」から徒歩5分の場所にあるいまいパンが、識名園にはお土産がなく、「訪れた方々に思い出を持ち帰ってほしい」との思いで「識名園るうまんぺい(浪漫餅)」をつくったそうです。

いまいパンの近くにある老舗の煎餅店の塩せんべいをベースに、ぐつぐつ煮たバターとハチミツに、アーモンド(アマンド)とココナッツ(ココ)の2種のナッツをのせ、フランス・ブルターニュ地方のゲランドの塩をまぶしてあり、フランスの焼き菓子である「フロランタン」風に仕上げてあります!美味しそうですよね。

そして上等な沖縄のマンゴーとパインアップルの缶詰。お値段は少々張りますが、これが美味い!

沖縄県うるま市特産品「黄金芋」を使った「きんつば」。黄金芋は、オレンジ色に近い色でさつまいもに比べ水分量が多く繊維は少ないです。きんつばの皮は小麦粉ともち粉をブレンドしており、すべて手作業で一面ずつ丁寧に焼いています。隠し味にシナモンを使用し、ほんのりと口の中で広がります。

こちらの「沖縄最中(もなか)」は、シーサーと花笠の最中の皮と餡が別々になっているので、自分でつくって食べる最中です。食べる直前に餡を詰めるので、皮はサックサク。シーサーと花笠の皮も素敵ですね。

大人限定スイーツ&那覇空港限定泡盛

那覇空港で買える沖縄限定土産

こちらは定番のお土産といっても過言ではない、大人のスイーツ「泡盛ゼリー」。一時期大ブームになった泡盛ゼリーですが、空港で購入することができます。こちらも沖縄限定商品で、泡盛が苦手な方でも食べられると思いますが、アルコールが入っているので、お子様や車の運転をされる方は食べられません。

インパクトあるホワイトタイガーのパッケージのコチラは、「酒カステラ」。那覇空港限定古酒泡盛のホワイトタイガーを贅沢に使用した酒カステラで、泡盛の香り漂う大人スイーツ。冷やして食べるのがおススメですって!

そしてこちらが、那覇空港限定古酒泡盛のホワイトタイガー。

そして気になる泡盛を発見!7月15日に発売されたばかりの忠孝酒造の「KAORI」です。

調べたところ『至高の熟成を極める』忠孝酒造さんより『忠孝 KAORI awamori』という、夏の特別な数量限定品でした!ボトルも涼しげで可愛いですよね。「初心者向けではない」と敬遠されることもある泡盛ですが、この泡盛は青リンゴ、ラフランス、バナナの3種類の香りを楽しめるという、夏にピッタリな泡盛。フルーツの香りはするけれど、フルーツは使用していないんですって。「炭酸割り」や「フルーツ割り」などにすると、泡盛初心者や泡盛が苦手な方でも楽しめそうですね!

『忠孝 KAORI awamori』は、忠孝蔵と那覇空港限定販売なので、ぜひゲットしてください。3本セットなので持ち運びも便利だし飲み比べも楽しそう。

 

おつまみ系お土産

こちらも那覇空港限定販売の豆腐よう「豆腐餻モダン」。

沖縄県金武町には、年間平均気温18度、風通しがとても良い鍾乳洞があります。この「豆腐餻モダン」は、その鍾乳洞の中で一年以上の長期に渡り、ゆっくり熟成させています。舌に乗せると、まるでチーズのようなコクと旨味がふわっと広がる逸品です。お酒のおつまみはもちろん、ペーストタイプなので、パスタやバーニャカウダーソースなどの洋風料理や和え物など相性抜群!!

コチラはチョコレートでお馴染みの、ロイズ石垣島の「おつまみチョコ」。

「おつまみチョコ」の中身は、黒糖チョコレート6個、紅いもチョコレート 2個、石垣の塩チョコレート 1個、島とうがらしクッキー 1個が入っています。お値段も手ごろだしいろいろな味が楽しめますね!

そしてまた気になるイラストが(笑)沖縄豚革革命「TONPI」と書いてあります。

豚肉の中で、最も廃棄の多い「豚皮」は「高タンパク・糖質ゼロ」の栄養価をもつ素晴らしい食材。その「豚皮」を利用し、かりっと歯ごたえあるスナック菓子にしたのが「TONPI」です。無添加だしノンフライだし、高タンパク・低糖質だし、最高のおつまみになりそう!

那覇空港で買える沖縄限定土産

こちらは毎回オススメしている「沖縄魚肉ソーセージ」。箱入りもバラ売りもあり、味は「島とうがらし入り」と「シークワーサーこしょう入り」の2種類。個人的には「島とうがらし入り」がおススメ。個包装のパッケージも可愛いし、ピリ辛でお酒がススみます~(笑)

 

調味料編

コチラは恩納村産の「極うましいたけスパイス 凛」。気になる・・・

極うましいたけスパイス凛は、主原料に国産安心きのこ認証を取得した、安心安全なジャンボ椎茸を使用しているそうです。椎茸だけに入っている旨味成分グアニル酸とイノシン酸、グルタミン酸と出会うと旨味が30倍になり、この椎茸にあるグアニル酸を利用して商品開発をしたのがこの「極うましいたけスパイス凛」。めっちゃ気になる・・・。

辛いものがお好きな方におススメなのが、この「島ハバネロペースト」。島ハバネロを種まで丸ごとすり潰し、泡盛と島塩でペースト状に仕上げた〔島とうがらし〕島ハバネロペーストです。私は辛いものが大好きで色んな種類の練り唐辛子を食べましたが、この商品が今んとこ一番です。

そしてコチラは「泡盛漬け唐辛子の旨辛ペースト」。これは旨辛なだけあって旨味も感じられるペーストです。もちろん我が家にも常備しています。カレーや麻婆豆腐などにほんの少し加えるだけで、辛くなります。麺類やお刺身、納豆や餃子のタレに入れてもGOOD!

さていかがでしたか?お土産の種類も日々新しいものが増えていて、空港のお土産探しも楽しかったです。ぜひ参考にしていただけたら嬉しいなぁ。

★那覇空港で買えるお土産(雑貨編)の記事は、こちらです。

 

那覇空港

住所:沖縄県那覇市字鏡水150

(Visited 18,138 times, 13 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011年に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで沖縄大好きを発信中!沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。レザーソムリエ。泡盛マイスター。

2017.6.27公開、2020.2.24更新 2020.11.29更新 2021年11月16日更新 2022年8月6日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »