沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

那覇で久米島を体験!『久米島町 観光・物産と芸能フェア』開催!

那覇で久米島を体験!『久米島町 観光・物産と芸能フェア』開催!

2023年12月8日(金)~12月10日()の三日間、那覇市沖縄タイムスビルにて「久米島町 観光・物産と芸能フェア」が開催されます。久米島の泡盛を始め、久米島特産の車海老などの食品の販売など、那覇で久米島を感じられるイベントです。車エビの素揚げ・蒸し牡蠣・久米島そばを楽しみながらお買い物を楽しもう!土・日は芸能公演もアリ!!

那覇で久米島を感じられる3日間!

 

久米島町 観光・物産と芸能フェア 概要

■開催日:2023年12月8日(金)~ 12月10日(日)

■時間:8日(金)10:30~19:00/9日(土)10:00~19:00/10日(日)10:00~18:00

■開催場所;:沖縄タイムスビル(1F~3F)那覇市久茂地2-2-2

■料金:入場無料

■お問合せ:098-869-5446(タイムスアドネクスト)

<1F・2F 特産品販売業者の紹介>
・1F 化粧品(株)ポイントピュール
・1F 酒 米島酒造(株)
・1F 酒 (株)久米島の久米仙
・1F 酒 Brewery Tumugi
・1F 食品 久米島漁業協同組合
・1F 食品 (株)久米島印商店
・1F 食品 久米島物産公社
・1F 食品 スイートフーズ久米島(株)
・1F 食品 久米島物産販売(株)
・1F 食品 久米島海洋深層水開発(株)
・1F 食品 (有)アグリット久米島
・2F 工芸 yu-i FACTORY
・2F 工芸 久米島紬事業協同組合

<飲食ブースのご紹介>
◆みそもやしそば そば処やん小~
◆蒸牡蠣 (株)ジーオー・ファーム
◆車海老素揚げ等 久米島漁業協同組合

<芸能公演のご紹介>
現代版組踊 ガサシワカチャラ
●12 月9日(土)16:00開場 16:30開演
●12月10日(日)12:30開場 13:00開演
チケットのお問い合わせ:098-985-7131(久米島町役場商工観光課 担当:國吉)

◆久米島町 観光・物産と芸能フェアの詳細はコチラをご覧ください。

 

久米島の概要を紹介!

久米島

@Yahoo地図

それではまず久米島の位置と行き方をご紹介しましょう!どのようなルートがあるのでしょうか?

久米島への行き方は?

久米島空撮

久米島はざっくりとした位置を説明すると那覇から西に100kmのところにあり、那覇空港から飛行機で40分弱で到着します。琉球エアーコミューターと日本トランスオーシャン航空の2社がフライトを飛ばしていて、時期にもよりますが1日に6便ほどのフライトがあります。

船のルートもあって、那覇の泊港から、渡名喜島を経由し、久米島までは4時間半ほどかかります。

久米島の特産品は?

久米島車エビ

久米島の特産品といえば、車海老が全国一の水揚げ量を誇っています。それにマンゴー、パイン、ドラゴンフルーツなどの南国の果物。もずく、あおさなどの海産物、久米島みそに味噌クッキー。そして黒糖、かまぼこ、塩に海洋深層水。はるかインドにルーツを持つと言われる琉球絣の中でも、無形文化財にも指定されている上品な風合いの久米島紬というのもあります。

そして忘れてはならないのが泡盛です。久米島を含む沖縄県では泡盛がたくさん生産され、飲まれていますが、特に久米島の泡盛は人気が高く、蒸留酒なので、寝かせておくほど古酒になって味わいが増します。

古くて新しい?!久米島の泡盛のこと

泡盛

古来より琉球で飲まれていたお酒と15世紀に南蛮から渡来した酒の融合だと言われている泡盛。久米島には2つの泡盛酒造所がありますのでご紹介しましょう。

「久米島の久米仙」の泡盛とは?

久米島の泡盛で代表的なもののひとつが「久米島の久米仙」です。

「久米島の久米仙」の泡盛は原料にこだわり、天然の湧き水とタイ米の硬質米を使い、近代的な機械を使いながらも、もろみ作りや麹はいまでも人の手で自然な状態に近い作り方をとっています。そして寝かせて、熟成されるのを待ちます。

じっくり時間をかけることで、何世紀も伝承されてきたまろやかな味を守ることができるのです。

また、泡盛というと、「一升瓶」や瓶に入ったものを想像しますが、パウチタイプやカップ泡盛もあるんですよ!シークワーサー果汁で割ったリキュールタイプも人気です。時代の流れとともに、パッケージや飲み方もフレキシブルに変化しています。

◆泡盛業界売上№1の「久米島の久米仙」の記事はコチラです。

「米島酒造」の泡盛とは?

また「米島酒造」の泡盛、「尚 YONESHIMA」はロシアンティーのような香りで、上品な苦味とはちみつやカラメルを思わえるような甘みもあり、まさに泡盛の進化系、第三世代とも言えます。

「尚 YONESHIMA」の尚(しょう)とは、琉球王朝の王の名前。

日本最古の蒸留酒である泡盛のトップクラスの技術者が集結して、いままでの泡盛の常識を覆す「3回蒸留法」に挑み、沖縄の酒造所12社が同じブランドで発売した最先端の泡盛です。

◆久米島・こだわりの小さな酒造工場見学!米島酒造の記事はコチラです

 

沖縄タイムスビル

住所:那覇市久茂地2-2-2

(Visited 332 times, 2 visits today)

通りすがりの南国、アジア好き。面白そうなものには突っ込んでいく性質です。食べることと踊ること、大好きです。旅に出るとますます食欲増進します。よろしくお願い致します!

2022年12月3日公開、2023年12月4日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »