|

那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51

那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51

2019年与儀公園さくら祭りは、2/20~2/24開催です

沖縄の桜は、北から咲いてくる!1/21~2/5 もとぶ八重岳桜まつり、1/28,29名護さくら祭り、1/28~2/12 今帰仁グスク桜まつり、2/8~2/12 那覇与儀公園・なはさくらまつりと各地で桜祭りが開催される。さぁ、那覇の桜の咲き具合はどうだろう。
1月26日(木)の那覇は、抜けるような青空だ!桜祭り会場の与儀公園を訪れてみた。桜が咲き始めているじゃないか。まだ開花宣言とはいかない咲き具合ではあるが、花が開き始めたのは確か。(2017年)
那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51

1月末の写真ですが、天気がよければ沖縄はもう春です。

那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51
 
このカーブ川に沿った場所に多く桜がある。さくら祭りは2月8日から12日、その頃にはココにピンク色した見事な桜が咲き誇ることだろう。
那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51
 
沖縄の公園らしく、ガジュマルの木など沖縄独特の木々がある。
那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51
 
暖かいこの日は、ベンチで横になったりしているのどかな公園だ。
那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51
 

鉄道のない沖縄に蒸気機関車D51

さて、ココには蒸気機関車D51がある。鉄道にない沖縄になぜ?
那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51

昭和47年5月15日、沖縄は本土復帰し、その記念に北九州の国鉄門司鉄道管理局有志の方達が、沖縄の子供達を九州に招こうと考えた。国鉄職員の自宅に泊める形で、8日間、那覇市内の小学5年生、6年生72名が九州に行くことになった。
鉄道のない沖縄の子供達、蒸気機関車を見て感動、沖縄に持って帰りたいと声が上がった。とはいえ、蒸気機関車を鹿児島から運ぶとしても600km、費用もかかり簡単なことではない。ところが、募金を集めてみると当時のお金で1400万円が集まり実現する運びとなる。

那覇与儀公園の桜まつり情報と蒸気機関車D51

このD51、デゴイチの愛称で親しまれたが、昭和13年、小倉で製造がはじまり、1115両が活躍した。その後、昭和50年、第一線を退いていくことになった。懐かしい姿を見せてもらった。
那覇での桜祭りを楽しみにしながら、北上してもっと咲いている桜やひまわりを見に行ってこよう! 

沖縄本島の桜まつり情報はコチラをご覧ください

さくらまつりは那覇でも開催!沖縄の桜にまつわる謎とは?はコチラをご覧ください。

与儀公園

住所 沖縄県那覇市与儀1-1

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »