沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

うちな~噺家「志ぃさー」さん独演会・那覇市のパレット市民劇場で開催!

うちな~噺家「志ぃさー」さん独演会・那覇市のパレット市民劇場で開催!

うちな~噺家「志ぃさー」さんこと藤木勇人さんの独演会が、那覇市にあるパレットくもじ9Fのパレット市民劇場にて開催されます。タイトルは「TKY550PIGS ―戦後・ハワイから沖縄に贈られた豚物語―」。沖縄独自の食文化と共に、今なお人びとに語り継がれているこの史実をもとに、沖縄出身の噺家・志ぃさーさんが高座噺をつくり皆さまにお届けします。

 

うちな~噺家「志ぃさー」さん、沖縄で独演会 

 

うちな~噺家「志ぃさー」さん独演会 in 那覇 概要

■タイトル:「TKY550PIGS ―戦後・ハワイから沖縄に贈られた豚物語―」

■公演日時:2023年12月6日(水)18:00開場/19:00開演

■出演:志ぃさー(藤木勇人)、(音曲)豊岡マッシー

木戸銭:一般/¥2,000  高校生以下/¥1,000 (全席自由)

■会場:パレット市民劇場 (沖縄県那覇市久茂地1丁目1−1 パレットくもじ 9階)

■お問合せ:098-933-1887/平日: 10:00~18:00(クリエイティブアルファ)

■チケット取り扱い:クリエイティブアルファ [電話予約]098-933-1887/平日: 10:00~18:00
※パレットくもじ市民劇場窓口でもチケットを購入できます。

◆パレット市民劇場の公式サイトはコチラです。

 

戦後・ハワイから沖縄に贈られた豚物語

 

戦後の食糧難で苦しむ沖縄の人たちのため、1948年に豚550頭を贈ってくれた沖縄系のハワイの方々がいました。アメリカ本土で豚を購入した後、借用した軍船で沖縄まで届けてくれた七人は七勇士として、後世に表彰もされています。終戦直後の当時、海には機雷が残されていました。また、嵐の中での航海など、命の危険をかえりみず、七勇士は沖縄に豚を贈ってくれたのです。

第二次世界大戦後、荒廃した沖縄にハワイへ移民した沖縄出身者が550頭の豚を贈った逸話は、沖縄ではとても有名な話。しかし、なぜ豚だったのか?その莫大なお金は何処から?そしてどう運んだのか?その話をハワイ出身の3人の沖縄の血を継ぐ男たちの生き様と、多くのエピソードをうちな~噺家の志ぃさ~さんが楽しく語りつつ紐解いていきます。

藤木勇人さん(志ぃさーさん)のプロフィール

志ぃさー独演会

1986年「りんけんバンド」加入。1993年独立。落語家立川志の輔師匠を師事。
2001年  NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」出演&沖縄ことば指導担当。
2010年  立川志の輔の番外編弟子として認められる。
2013年  志の輔師匠より、立川志ぃさーの名を頂く(現在は立川を返上し高座名志ぃさーで活動中。)
現在 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に出演&ことば指導担当

藤木勇人さんといえば、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」で、居酒屋ゆがふの店主のイメージが強いのではないでしょうか?最近ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」にも出演されてました!俳優業のほか、うちな~噺家としても精力的に活動され、沖縄の話芸を通して楽しく沖縄を知ってもらうための講演を多数されています。

出典:パレットくもじHP

会場は、沖縄都市モノレール「ゆいレール県庁前駅下車徒歩1分(2F連絡口より直結)の場所にある、パレットくもじの9階です。パレットくもじ1階、中央エレベーター(那覇市役所側)より9階まで上がってください。ぜひお近くの方は志ぃさーさんの独演会「TKY550PIGS ―戦後・ハワイから沖縄に贈られた豚物語―」を聞きに行ってくださいね~!

 

会場:パレット市民劇場

住所:沖縄県那覇市久茂地1丁目1−1 パレットくもじ 9階

(Visited 428 times, 2 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011年に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで沖縄大好きを発信中!沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。レザーソムリエ。泡盛マイスター。

2023年1月10日公開、2023年11月11日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »