沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

【厳選!】那覇の魅力的なクラブラウンジがあるホテル5選

沖縄にはほんとうに沢山のホテルがあり、選ぶのに苦労しますよね。多くのホテルの中でもクラブラウンジのあるホテルは憧れですが、那覇にはホテルから少し歩くと安くて美味しい飲食店がたくさんあるので、クラブラウンジは不要かな?とも思います。

しかし、そう思うのはちょっと待って下さい!一度使ったらリピートしたくなってしまうような特別なサービスが受けられるんです。今回は那覇で、お値段よりも質が高いところを選んでみました!

朝食もラウンジで!『ハイアットリージェンシー那覇沖縄』

ハイアットクラブツイン

出典:楽天トラベル 写真はクラブツイン

那覇のクラブラウンジがあるホテル、1つ目は那覇市壺屋、「やちむん街」の近くにある「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」です。

このホテルが建っている辺りは、国際通りから徒歩10分位のところにあるにも関わらず、なんだかゆったりした空気が流れています。

いかにも高級感溢れる外観、クラブラウンジが使えるお部屋なんてさぞかし高いだろうな、と思いきや、28㎡のクラブツインが安い時なら1名朝食付きで14,000円ほどで泊まれてしまうのです。

【ココが売り!】コロナ禍でも、朝食を食べられるクラブラウンジ

ハイアットラウンジ

クラブラウンジは最上階にある「リージェンシークラブラウンジ」で、ハイアットらしい落ち着いた雰囲気のラウンジです。

ここではラウンジでのチェックイン/アウト、コンシェルジュサービスの他、ラウンジのフードプレゼンテーションは

・オリオンビール飲み放題サービス 7:00〜20:00
・朝食タイム 07:00〜10:00
・カクテルタイム 17:00〜19:00

というタイムテーブルでオペレーションされます。

また、クラブフロアに宿泊するゲストには、特別なアメニティや就寝前のイブニングサービスもあります。

コロナ禍でクラブフロア宿泊であっても、チェックインは一般と同じフロントだったり、朝食は下のレストランでお願いします、というホテルも多い中、クラブラウンジを使えるのは特別感がありますよね!

台湾系!飲茶やお寿司も出るラウンジ『ホテルコレクティブ』

コレクティブベッド

数ある那覇のホテルでラウンジのあるホテルを紹介していますが、国際通りのど真ん中にあり、至極便利なロケーションにあるのが、台湾系のホテル「ホテルコレクティブ」です。

このホテルは玄関に印象的なハート型のオブジェがあり、その前で写真を取る人が続出するくらいの観光名所となっています。

クラブフロアの部屋は最上階にあり、とても落ち着いた大人の雰囲気。外資系ホテルらしくちょっと日本のホテルと違うセンスですが、部屋の高級感はバリバリ!那覇にいながらちょっと海外旅行をしている気分になれます。

台湾のテレビも入るTVやスマートスピーカー、TWGの紅茶にコーヒーメーカーもあり、プレミアム度が高いです。

ちなみにお値段はラウンジが使える「クラブツイン」で安い時期ならば、2名朝食付き18,000円程度です。

【ココが売り!】飲茶やお寿司も出るクラブラウンジ

ホテルコレクティブラウンジ

出典:楽天トラベル

最上階の14階にあるクラブラウンジは、クラブツインの部屋があるフロアの端にあります。

横長でそれほど広くはないですが、ソファー風の椅子がいい感じ。昼は遠くに海や飛び立つ飛行機が、眼下に国際通りが見え、夜は落とし目の間接照明がいい感じです。

ティータイムにはマカロンやプチケーキ、そしてTWGの紅茶などが供され、料理は台湾系ホテルらしく、数種類の飲茶が蒸籠で蒸されて提供されます。また、「お寿司がありますが、お食べになりますか?」と聞かれ、奥から出してくれます。ワインやビールはフリーフローです。

なおこのラウンジ「アルティテュード」のラウンジは

・ティータイム13:00~17:00/19:00~20:00(11:00~13:00までの間は、4階 バー&ラウンジ)

・カクテルタイム17:00~19:00

となります。(2022年12月より、ティータイムの11:00-13:00の間の提供体制が変更となりました。)

朝食は4階のオールデイダイニング 『ヴィジョン&エモーション』で朝6時半より提供となりますが、こちらもものすごい種類の朝食で圧倒されます!

コスパ最高!展望台がラウンジに!『ノボテル沖縄那覇』

エグゼクティブツイン

出典:楽天トラベル 写真はエグゼクティブ・ツイン

那覇でのクラブラウンジがあるホテルに泊まるなら、イチオシなのがこの「ノボテル沖縄那覇」です。

ノボテルといえば、フランスのアコーホテルチェーンで、日本には現在のところ、ここ沖縄・那覇にしかありません。

もとは都ホテルだった建物を全面改修し、今風のホテルとなって、2018年にノボテル那覇として蘇りました。

フランスならではのPOPな色彩感覚を生かしたインテリアに、地元那覇のテキスタイル会社「YOKANG」が制作したウォールアートがいい感じです!

また、那覇の首里にありながら「インフィニティプール」があることも高ポイントです。

このインフィニティ・プールはホテルの3階にあるのですが、高台に建っているため、那覇の景色が一望できるのです。おまけに夜は閉まってしまうプールが多い中、ライトアップされて「ナイトプール」としても楽しめます。

お値段は安い時期、販売サイトなら2名朝食付きでも1人9,000円ほどで泊まれてしまう、脅威のコスパです。

さらに「一休」でダイヤモンド会員だとアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、駐車場無料、ドリンク券などの特典も!

【ココが売り!】元展望台がラウンジに!

ノボテルラウンジ

出典:楽天トラベル

昭和時代にはよく、「回る展望台」がレストランになっているケースが多かったですね。東京でもホテルニューオータニや東京交通会館など、いまでも展望台がシンボルとなっている建物が残っています。

ここノボテル那覇も都ホテル時代には、最上階15階の丸い部分が展望台で360度回転していましたが、現在は回っていません。

しかし、この部分が今は「エグゼクティブ・ラウンジ」となっているのです。今は展望台部分が回転していない代わりに360度、好きな眺望の席に座れます。ラウンジ営業時間は、

・ティータイム 10:00~17:00
・カクテルタイム 17:00~19:00
・イブニングティータイム 19:00~20:00

となっており、ティータイムにはコーヒーやナッツ、ドライフルーツ、ホテルメイドのプチケーキなどが、またカクテルタイムにはワインやリキュール、ウィスキー、そしてショートパスタやオリーブ、ピクルス、オードブル数種類が供されます。ショートパスタが出るラウンジってレアですよね。

コロナ禍でビールサーバーが中止なので、オリオン缶ビールが提供されています。

思いの外狭いラウンジも多い中、元展望台を生かして眺望もよく、広々とした開放感を感じられるラウンジは高ポイントですね。

最高にエレガント!大人のホテル『ザ・ナハテラス』

ナハテラスクラブフロア

出典:楽天トラベル 写真はクラブツイン

あの「テラスホテルズ」の経営で、那覇にありながらバリバリのリゾート感が感じられるホテルとして一目置かれているのが、那覇のおもろまちにある「ザ・ナハテラス」です。

開放的なエントランスには大きな南国の花が飾ってあり、シーリングファンもあって、雰囲気はもうアジアンリゾート!

元リージェントホテルの建物で、白と木目のナチュラルな中に南国リゾートの風格も感じさせるクラブツインの部屋は35平米もあり、オフホワイトの壁にベージュの絨毯、L字型になった窓もあり、光がさんさんと入っています。

それほど新しいホテルではないですが、ちゃんとメンテナンスがされ、USBポート、48インチ画面テレビなどのハード面は新しくしてあります。

ハリウッドツインの広めのベッド、オットマン付き椅子もいい感じです。

リピーターになると、ホテルオリジナルの「ちんすこう」のプレゼントもあるんですよ!

バスルームはマーブル調でガウンも備えられ、THALGOのアメニティ、バスソルトまで!もう申し分がないです。お値段は2名朝食付きクラブフロア利用で2万円を切る価格もあって良心的!

次の日に系列ホテルの、ザ・ブセナテラスやザ・テラスクラブアットブセナなどに泊まる場合は、無料送迎があるのも嬉しいですね!

【ココが売り!】開放感のあるラウンジ!

ナハテラスラウンジ

出典:楽天トラベル

沖縄・おもろまちのホテル、「ザ・ナハテラス」のクラブラウンジは、2階にあります。

クラブラウンジというと、たいてい高層階にあるのが一般的なのですが、2階にあり、大きく開け放たれて外の空気を吸えるのでとても開放感があります。

この2階のラウンジでは、チェックイン・チェックアウトをはじめ、専属のゲストリレーションズ・
オフィサーが滞在をサポートします。

なお、フードプレゼンテーションでラウンジが開いている時間は

・ティータイム14:00-17:00

・アペリティフタイム17:00-19:00

となります。ティータイムには、県産食材をつかったスイーツや琉球菓子、ホテル特製セイボリーが、アペリティフタイムには、美味しいお酒とともに特徴的なおつまみが出たりと満足感も高いです。

また、チェックアウト後のラウンジ使用も柔軟な対応で、OKの場合も多いのはポイント高いですね。

宿泊予約

クラシックだけど品があるホテル『沖縄ハーバービューホテル』

クラウンスイート

出典:楽天トラベル 写真はクラウンスイート

1975年オープン!毎年続々とオープンする那覇のホテルの中でも老舗中の老舗と言える沖縄ハーバービューホテル。オリエンタルやヒルトン、シェラトンも加盟する「ホテルマネージメントジャパン」の一員で、その昔には、各界の要人も利用する由緒あるホテルだったのです。

客層もよく、上品な雰囲気を漂わせているホテルです。

建物は古いものの、きちんとメンテンナンス、リノベーションがされ、今でもファンが多いホテルの1つです。

部屋はクラシックスタイルで、古き良き昭和の香りですが、近年クラブフロアもできて今風の設備もちゃんと備えています。

お値段は由緒あるホテルだけに2名朝食付きクラブフロア利用で40,000円程度とちょっとお高め。

【ココが売り!】クラシックスタイルが素敵なラウンジ!

ハーバービュー

出典:楽天トラベル

ホテル「沖縄ハーバービューホテル」のクラブラウンジは、最上階の10階にあり、クラシックな感じの内装とインテリアがいい感じです。

また、2方が窓になっているため那覇市内の素晴らしいビューを270度楽しむことができます。

クラブラウンジのフードプレゼンテーション営業時間は、

・ティータイム 14:00〜16:00
・カクテルタイム 17:00〜19:00
・バータイム 19:00〜20:00

となっており、ティータイムにはホテルオリジナルのプチケーキやスイーツ、またチョコやポテトチップスでさえ美味しいです。また、カクテルタイムには、たくさんの種類のお酒やフードも出してくれて、とても満足度が高いです。

電源やWi-Fiも完備され、なにより居心地がいいので、長時間滞在する人が多いようです。

(Visited 3,619 times, 17 visits today)

通りすがりの南国、アジア好き。面白そうなものには突っ込んでいく性質です。食べることと踊ること、大好きです。旅に出るとますます食欲増進します。よろしくお願い致します!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »