|

体験王国むら咲むらで、琉球夜祭2019 ~夏のよみたん夜あかり~を楽しもう!

体験王国むら咲むらで、琉球夜祭2019 ~夏のよみたん夜あかり~を楽しもう!

14世紀ごろの琉球王朝時代の街並みを再現したむら咲むらで、琉球夜祭2019~夏のよみたん夜あかり~が金土日曜に開催中。開催中。竹灯のアートや赤瓦に合わせた和風モダンでノスタルジックな空間、紅型模様で作る行灯籠、足元をほのかに照らすあかりの散歩道など、夜のよみたんを幻想的に楽しみませんか?

琉球夜祭2019~夏のよみたん夜あかり~

◆琉球夜祭(りゅうきゅうよまつり)2019~夏のよみたん夜あかり~◆

日程:2019年8月2日(金)-9月22日(日)の内、金土日のみ開催
時間:18:00-22:00(むら咲むら9:00-入場可)
場所:体験王国むら咲むら(沖縄県読谷村字高志保1020-1)
入園料:大人600円 中高生500円 小学校400円 6歳未満無料

 

よみたんの夜を彩るフォトジェニックな風景

出典:琉球夜祭HP

竹灯が並ぶ散歩道。ステキ~

出典:琉球夜祭HP

紅型模様で作る行灯籠。和の感じがとてもいいですね!

浴衣を希望の方は、お子様サイズから大きめな男性サイズレンタル浴衣もあり!
■浴衣レンタル お一人様:3,500円(税込)〜
受付時間:17:00-20:00(返却は21:30までに)
料金に含まれるもの:ゆかた、帯、ぞうり一式、着付け代

出典:琉球夜祭HP

園内中央広場では、大きなガジュマルの下で屋台がOPEN。オリオンビールに、名物のやきとり、フランクフルト、読谷紅豚を使った限定ステーキプレートが楽しめます。さらに、ガジュマル周辺には読谷村を中心に、飲食や雑貨、出店者が集まりミニ夜市が開店。(出店数は日によって変動します)

天高く舞い上がるランタンに願いを込めて、スカイランタン作りも楽しめます。
■スカイランタン作り(1日限定30個)
料金:1,500円/個 
受付時間:18:00〜20:00/みんなで天燈上げ20:15

出典:琉球夜祭HP

その他にも輪投げ、竹馬、竹ぽっくりなどの遊具があったり、また有料コーナーでは射的やスーパーボールすくい、千本釣りなども楽しめます。期間中、金~土開催の琉球夜祭(りゅうきゅうよまつり)2019~夏のよみたん夜あかり~では、 19時30分から約40分間のエイサー演舞もありますよ!

そして開催日には、読谷村内のリゾートホテル(ジ・ウザテラス、ロイヤルホテル沖縄残波岬、ホテル日航アリビラ)に宿泊の方は、無料のシャトルバスが運行するので、ぜひご利用ください!※ 始発17:30〜会場終発21:30

ホテルむら咲むらに泊まろう!

むら咲むらの敷地内には「ホテルむら咲むら」という、琉球赤瓦屋根の落ち着いた雰囲気のホテルがあります。

ホテルの周りはのどかな風景が広がります。 

客室は和洋室でゆっくりくつろげそうですね!

むら咲むらの敷地内には、まるで首里城と守礼門と識名園のような風景が(笑)得した気分ですね!そして写真右手の大きな建物は「癒し工房ゆーふる」という銭湯なんです。

「癒し工房ゆーふる」は、準天然温泉トゴールの湯を使用。「トゴールの湯」とは、新潟県栃尾又温泉付近から産出される風化鉱物を使用しており、温泉から湧き出す自然現象を人工的にシステム化したもので新陳代謝を促し、血液の循環を活発にさせ、筋肉や関節の痛みやコリを和らげる効果があるそうです。

そして客室のルームナンバーは、沖縄の独特の名字を表札風になっています(笑)宿泊期間は沖縄の地元住民の仲間入りですね!ホテルむら咲むらに泊まり、琉球夜祭2019 ~夏のよみたん夜あかり~を楽しみ、ゆっくりと温泉に浸かって癒されてみてはいかがでしょうか!

★琉球夜祭2019 ~夏のよみたん夜あかり~の公式HPはコチラをご覧ください!

★体験王国むら咲むらのHPはコチラをご覧ください!

ホテル むら咲むら

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »