沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

沖縄市のホテルおすすめ5選!個性的すぎて決められない?!

沖縄市のホテルおすすめ5選!個性的すぎて決められない?!
沖縄市は空港から1時間の内陸の街ですが、かつてはコザと呼ばれていました。昔ながらのホテルやリノベーションによって生み出された個性的なホテルが多く、隠れたファンも多いのです。いったいどんなホテルがあるのでしょうか?

沖縄市の概要

エイサー

©沖縄観光コンベンションビューロー

沖縄市は那覇空港から約1時間の、沖縄本島中部の内陸部の街です。
エイサーの街、そして知花織り物などの伝統工芸の街としても知られています。
また、嘉手納基地やキャンプフォスターなどの米軍基地があり、英語表記の看板も多いので、
街に来ただけでアメリカンな雰囲気を感じることができます。
ホテルは他の地域のように大型のリゾートホテルはあまりありませんが、個性的でユニークなホテルが多く、料金も良心的なのが特徴です。

沖縄市のおすすめホテル・それぞれのホテルの特徴

それでは各ホテルの特徴をご紹介して行きましょう!

沖縄市のおすすめホテル1・トリップショットホテルズ・コザ

トリップショットホテルズコザフロント

チェックインのお手続きを行うプレイヤーズカフェ 出典:楽天トラベル

沖縄市は1974年にコザ市と美里村が合併してできた市です。いまだに市民の方は「コザ」という地名に誇りを持っていて、使われているんですね。
トリップショットホテルズコザ
「ロックサイド」91㎡。 出典:楽天トラベル
那覇空港から車で約40分のこの「トリップショットホテルズ・コザ」は、中央パークアベニューという商店街の活性化のため、空き店舗をそれぞれホテルの部屋にしたもので、各部屋は一箇所に集まっているのではなく、商店街の中の10箇所に散らばっています。
トリップショットホテルズコザ

「セントラル」98㎡。 出典:楽天トラベル

【ココが売り!】全室が異なるデザイン!10室のスイートルーム

ホテルにリノベーションされているのは、元居酒屋、カフェ、理容室、バーなどがあり、70年代ロックのアメリカがモチーフの10室はそれぞれ違うデザインになっていて、どこからかロックンロールが聞こえてきそうなかなり個性的な内装になっています。
広さは60~90㎡ほどととても広いので、単なる宿泊のみならず、パーティなどでも楽しいのではないでしょうか?

沖縄市のおすすめホテル2・オキナワグランメールリゾート

グランメールリゾートベッド

出典:楽天トラベル


沖縄市のおすすめホテル、2つめは「オキナワグランメールリゾート」です。このホテルは、北谷町や嘉手納基地のある沖縄本島中部の東海岸側にあるかなりおしゃれを意識した中型ホテルです。

オキナワグランメールリゾート

出典:楽天トラベル

【ココが売り!】32㎡以上の広さと全室オーシャンビューテラス付

部屋は32㎡~40㎡あるスタンダードから、和室や、85㎡~89㎡もあるスイートタイプまで7種類。スタンダードでも32㎡の広さがあるのは、高ポイントですよね!

グランメールリゾート料理

出典:楽天トラベル

それに海沿いの立地にないというハンディーを解消すべく、グルメにも力を入れています。

例えば「今帰仁スイカ」や「ちまぐの煮物」など、沖縄でもここでしか食べられないようなマイクロご当地名物から、自分で作るちらし寿司、トッピング具だくさんの中華粥、ニャンニョムチキン、プルコギ、バターチキンカレーなど、ホテルには珍しく世界の料理を取り揃えています。

また、カヤックやSUPも楽しめるマリンスポーツやマリンツアー、パラセールや船釣りなど、種類豊富なアクティビティーも手配OK!いながらにしてアクティビティーも楽しむことができます。

それでお値段が1人一泊1万円以下なのですから、特に女子会やファミリーにはおすすめしたいホテルですね。

沖縄市のおすすめホテル3・ミュージックホテルコザ by コルディオプレミアム

プレイリスト楽天

出典:楽天トラベル

沖縄市の旧名コザはエイサーの街として有名ですが、内外の有名ミュージシャンも注目する「音楽の街」としても知られています。

米軍基地が近いこともあり、夜な夜なミュージシャンが市内のライブハウスで実力を競い合い、沖縄民謡からロックやジャズ、ビートのきいたハウスまでもが混じり合って(チャンプルー)います。

ライブハウスで音楽を楽しんで、部屋に帰っても音楽漬けでいたい!という方にもおすすめなのがここ「ミュージックホテル・コザ」です。

【ココが売り!】音楽がコンセプト、スマートスピーカーとオリジナルプレイリストを導入!

2021年11月グランドオープン!全室にスマートスピーカーと施設オリジナルプレイリストを導入!テレビは65インチで、Youtube、NETFLIXが視聴可能です。これなら部屋に帰ってきてからもずっと音楽と一緒にいられますね。

ミュージックホテルコザ

出典:楽天トラベル

「JAZZ」「80’s」「SOCA」などと、部屋タイプが分かれているので、好みの部屋タイプを選べば、それに合わせたプレイリストがついてきます。部屋にぴったりのプレイリストを提供してくれるホテルなんて他にないですね!

広さは18~20㎡、ダブル、ツイン、ハリウッドツインがあるので、一人旅からカップル、女子会、男子会まで対応できます。

新しいホテルで音楽が聞けて朝食はパンとコーヒーが無料サービスなのに、これで2人6,000円弱とはコスパがいいホテルと言えますね!

沖縄市のおすすめホテル4・ホテルコザ

ホテルコザ外観

出典:楽天トラベル

那覇空港から車で約45分。2017年オープンの沖縄市の中心部にあるホテルです。沖縄市というとかつては安いけれど古いホテルしかないイメージだったので、ちょっと驚きました!

【ココが売り!】軽朝食付きとリーズナブルな価格設定

全80室のコンパクトなホテルでお値段が大人2人1泊7,000円弱という激安!朝食はパンとコーヒーですが、無料でサービスされます。これはちょっと高コスパの穴場ではないでしょうか。

沖縄市にありますが、旧市名のコザをあえて付けているんですね。コザという地名を聞いた瞬間、脳内に広がるアメリカンな感覚!「コザ」という地名のインパクトはかなりのものがあるのではないでしょうか?

ホテルコザツイン

出典:楽天トラベル

部屋は落ち着いた中にも、今風のファブリック使いがおしゃれだと思いました。広さはツインで12.6㎡ちょっとと広くはないですが、ビジネスや観光で「部屋に帰って寝るだけ」の人には特におすすめです。

なお、別館にコンドミニアムもあるので、ファミリーや長期滞在の方はそちらもチェックして見られてはいかがでしょうか。

沖縄市のおすすめホテル5・ヒヤグンラナイリゾート

ヒヤグンラナイリゾート

出典:楽天トラベル

沖縄市のおすすめホテル、最後は「ヒヤグンラナイリゾート」です。

沖縄市の中でも東海岸の泡瀬に寄った方にあり、那覇空港から車で約48分の「ヒヤグンラナイリゾート」は、一言で言えばファミリー、グループ向きのホテルで、オレンジやパープル、ブルー、グリーンなど色をコンセプトとし、ハワイ語で「バルコニー」を意味する「ラナイ」がある部屋が中心となっています。

ツインの他、トリプル、フォース、ペットと泊まれる部屋、五右衛門風呂のあるメゾネットタイプもあるので、シーンによって使い分けができるのが魅力。

バーベキュー楽天

出典:楽天トラベル

ヒヤグンラナイリゾート

出典:楽天トラベル

1部屋分くらいある広いラナイでは、プライベートBBQが楽しめます。

ヒヤグンラナイリゾートのバーベキュー

出典:楽天トラベル

特にBBQは沖縄で知らない人がいないステーキレストラングループ「SAM’S」から調達しますので、味は保証付きです。

【ココが売り!】自慢の客室のバルコニーでプライベートBBQ

朝食も4階のダイニングでプレートタイプの朝食を摂ることができます。

さらに、部屋ごとに駐車スペースがあるのもかなり便利!アメリカのモーターインみたいなイメージでしょうか。

広さは35~40㎡あり、これでお値段は2人7,000円台からあるので、コスパは最強だと言えます。

このように沖縄市には、那覇や西海岸にないような個性的なホテルが多いです。ありきたりなリゾートホテルに飽きたら、ぜひ沖縄市に足を運んでみて下さいね!
(Visited 257 times, 9 visits today)

通りすがりの南国、アジア好き。面白そうなものには突っ込んでいく性質です。食べることと踊ること、大好きです。旅に出るとますます食欲増進します。よろしくお願い致します!

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »