|

那覇市牧志公設市場が建替えのため仮設店舗への移転!

那覇市牧志公設市場が建替えのため仮設店舗への移転!

「第一牧志公設市場」は6月16日に惜しまれながら閉場しました。公設市場に店舗を持つ店舗は、閉場と共に慌ただしく仮店舗への移転準備に追われています。にぎわい広場に建設中の仮店舗も、完成間近!今までの公設市場同様2階建てで、1階は買い物フロア、2階はお食事処になるようです!

 

6月16日の閉場セレモニーは大盛況!

2019年6月16日に行われた、第一牧志公設市場閉場セレモニーの様子。セレモニーでは、城間幹子市長の挨拶のあと、エイサー演舞があったり、みんなでカチャーシーを踊ったりと、大盛況のうちに閉場セレモニーは終了しました。牧志公設市場は観光客はもちろん、地元の皆さんに愛されてたんだなーと実感。

 

店舗の皆さんは感傷に浸る暇なく、移転準備でてんてこ舞い!

 

牧志公設市場が閉館して2日後の市場。店舗の皆さんは移転準備に追われている様子。というのも7月1日(月)には、にぎわい広場に建設中の仮店舗がオープンするからです。6月17日~6月30日まで市場はお休み。

見慣れた通りも現在はこんな状況。

牧志公設市場

市場内へも関係者以外は立ち入り禁止になっています。中を覗くと移転準備をしているお店の方々や、業者の方が忙しそうに右往左往。

にぎわい広場の牧志公設市場仮店舗は7月1日オープン!

そして現在にぎわい広場に建設中の仮店舗へ。もう9割がた完成しています。仮店舗は牧志公設市場から北西100mほどの場所にある「にぎわい広場」。

今までの牧志公設市場同様2階建てで、1階は買い物フロア、2階はお食事処になるようです!

プレハブだけど上等ですね!

にぎわい広場でお馴染みのシーサーとガジュマルの木も健在!

今までの第一牧志公設市場に比べると少々狭いですが、本丸完成までの約3年間はこの仮店舗での営業となります。新しい市場は2022年度の完成、営業開始を目指しているそうです。

7月1日のオープンが待ち遠しいですね!仮店舗がオープンしたら、潜入レポをしたいと思います!

★那覇市第一牧志公設市場よ、しばらくさようなら!の記事はコチラです。

 

那覇市第一牧志公設市場仮店舗(にぎわい広場)

住所:沖縄県那覇市松尾2-7-10

★営業終了まであとわずか!ありがとう!那覇市第一牧志公設市場 感謝祭決定!の記事はコチラです。

★那覇市第一牧志公設市場よ、しばらくさようなら!の記事はコチラです

第二公設市場の跡地にぎわい広場に一時移転

牧志公設市場の移転は、実は2度目です。最初の移転の時も、にぎわい広場に建て替えの間、移転していました。

1950年に現在の「第一牧志公設市場」が開設され、69年に現在の「にぎわい広場」の場所に「第二牧志公設市場」が開設されました。その後2001年に「第二牧志公設市場」は閉鎖しましたが、跡地は2005年から「にぎわい広場」として市民の憩いの場となっています。第一牧志公設市場に「第一」がついてるのは、かつて「第二牧志公設市場」があったからなんです。

牧志公設市場の移転先となる、にぎわい広場。移転中は、イベントの開催ができなくなりますね。

那覇の中心部にこんなに素敵な広場があるなんて!最初にたまたま「にぎわい広場」を見つけた時はそう思いました。最近ではこのにぎわい広場でのイベントも数多く開催されており、私も毎回必ず参加していました。仕方ない事なんですが、この場所に牧志公設市場の仮店舗がある期間はイベントはないそうです。本当に残念。

ここには児童館もあります。牧志公設市場が移転中は、どうなるのでしょうか?

この建物は児童館でにぎわい広場の中に建てられており、多くの子供たちが児童館の中や広場で遊んでいます。この児童館もどうなってしまうのかな~?(※那覇市緑ヶ丘公園集会所くもじ・にじいろ館に移転しました)

【仮設公設市場・にぎわい広場】

住所:那覇市松尾2-7-10

沖縄大好き ケコ

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中!泡盛マイスター。沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »