|

営業終了まであとわずか!ありがとう!那覇市第一牧志公設市場 感謝祭決定!

営業終了まであとわずか!ありがとう!那覇市第一牧志公設市場 感謝祭決定!

那覇市牧志にある第一牧志公設市場の現施設での営業終了まで、あとわずかとなりました。そこで営業終了までの公設市場を盛り上げようと、牧志公設市場2階で感謝祭が開催されます。約60年の歴史ある現在の牧志公設市場の姿を見られるのは、本当にあとわずか!!

 

感謝祭では、牧志公設市場2階の食堂フロアにてせんべろが楽しめる!

【開催日】2019年6月7日(金)~9日(日)
【開催場所】第一牧志公設市場2階 
【開催時間】・7日 15:00~20:00 ・8日、9日 12:00~20:00 ※チケット販売は19:30まで。
【内容】チケット制(ドリンク2杯 + つまみ1品)
【チケット料金】1,000円
※おつまみは公設市場の2階食堂フロアのエントリーメニューからチョイスできます。

2019年6月7日(金)~9日(日)の三日間、第一牧志公設市場2階の食堂フロアで初となる「せんべろ」が楽しめます。沖縄県民の台所として親しまれている牧志公設市場の2階には、沖縄料理や台湾料理など、市場の新鮮食材を使った料理を提供する食堂がズラリ!

市場2階の10店舗でせんべろは行われ、18種類のおつまみの中からお好きなものをチョイスしてください!

 

2019年6月16日に牧志公設市場は閉店します。

那覇市牧志公設市場は建物の老朽化などにより立替が決定し、約60年の歴史ある現在の公設市場は、2019年6月16日に閉店します。

出展:那覇市ホームページ

6月16日に閉店後、約2週間の休みを経て、7月1日よりにぎわい広場の仮設店舗にて営業が開始されます。現在、牧志公設市場に入居する101店舗のうち、仮設市場には84店舗が移り、新市場には91店舗が入る予定。経営者の高齢化などの理由で、移転とともに営業を終える店舗も10店舗ほど。寂しいですね。

7月1日には仮設市場のオープニングセレモニーも予定しています。

仮設店舗も着々と準備中。2022年度に現在の牧志公設市場と同じ場所に新市場が完成する予定です。

☆仮設店舗の詳細は「那覇市第一牧志公設市場よ、しばらくさようなら!」の記事をご覧ください。

 

 

牧志公設市場公式仮設市場移転記念オリジナルTシャツをゲットしよう!

なんと!牧志公設市場公式「仮設市場移転記念オリジナルTシャツ」が販売されます。これは欲しい!!Tシャツのお求めは、牧志公設市場内の平田漬物店まで!

さぁ6月7日(金)~9日(日)は、牧志公設市場2階でせんべろを楽しみ、現牧志公設市場を目に焼き付けましょう!

 

那覇市第一牧志公設市場

住所:那覇市松尾2-10-1 ☎098-867-6560 営業時間:8:00~21:00

 

 

 

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »