|

琉球王朝祭り首里 琉球国王の正月行幸を再現する古式行列11/3開催!

琉球王朝祭り首里 琉球国王の正月行幸を再現する古式行列11/3開催!

今から約150年前の明治初期まで、沖縄は琉球王国という一つの国でした。現在もその時代の文化が色濃く引き継がれています。那覇の三大祭り「那覇大綱挽」、「那覇ハーリー」と並ぶ、「琉球王朝祭り首里 古式行列」を紹介したいと思います。沖縄の歴史を知れば、もっともっと楽しくなります!

 

古式行列は、琉球王朝時代の琉球国王の行事の一つを再現

首里城祭古式行列

写真提供:那覇市

 

毎年11月3日に行われる、琉球王朝祭り首里「古式行列」は、琉球国王の行幸の一つ、正月三日「初行幸」と呼ばれる「三ヶ寺参詣行幸」の行列を再現したものです。琉球王国時代、国王が国家の安寧と五穀豊穣を祈願するため、首里城下にある三つのお寺(円覚寺、天王寺、天界寺)を参詣した様子が再現され、国王、王妃、王府高官、女官たちに扮した250名あまりの市民が、首里城正殿前から守礼門、龍譚通りまでを行列します。

首里城正殿に摂政、三司官など政府高官が、王、王妃を出迎えるところから始まりますが、正殿前での見学は有料区域になるので、チケットを購入ください。それ以外の場所では、無料で観覧できます。

 

琉球国王と王妃は公募で決まる?!

写真提供:那覇市

 

琉球王朝祭り首里「古式行列」の国王と王妃は、公募によって選ばれ、1年間その任を受けます。2019年の国王には高良朝壮(ともあき)さん(42)那覇市、新王妃に神山聖加さん(24)名護市が選ばれました。2018年には神山博行さんが国王に選ばれていて、兄妹で2年連続選ばれています。

写真提供:那覇市

10月27日~11月3日に開催される「首里城祭り」でも、その年に任命された国王役と王妃役の晴れ姿を見ることができます。

 

琉球王朝の世界へタイムスリップ

出典:首里城公園HP

ドラマのワンシーンのような素敵な国王と王妃様。

©OCVB

琉球王朝時代にタイムスリップしたような気分に浸れますね!!

ぜひ10月27日~11月3日まで開催される首里城祭を、琉球王朝時代に思いを馳せながら楽しんでください。

★首里城公園の公式サイトはコチラをご覧ください。

★首里城祭り2019は琉球王国の儀式を再現!の記事は、コチラをご覧ください。

2016.9.23公開、2019.9.15更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »