|

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発!

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発!

沖縄にはかつて「軽便鉄道(けいべんてつどう)」と呼ばれる電車が走っていました。那覇から嘉手納・糸満そしてここ与那原の3方面に敷設された路線網です。一般の鉄道よりも軌間の小さなその鉄道は「ケイビン」「ケービン」の愛称をもって沖縄県民の生活と経済を支え続けてきました。

 

復元された沖縄県営軽便鉄道与那原駅は資料館に!

軽便鉄道与那原駅舎

大正〜昭和初期には南部の糸満から中部の嘉手納を結び物資を輸送する『軽便鉄道』が走っていました。本土で走る汽車より一回り小さな鉄道だったので、軽便 (ケービン) と呼ばれていたそうです。その後、1922年に嘉手納線、1923年に糸満線が開業します。

1914年、那覇―与那原間で営業を開始した当時、与那原駅舎は木造で、1931年に県営鉄道の駅としては初めて、鉄筋コンクリート造りに建て替えられました。

しかし沖縄戦の戦禍により破壊され、壁や柱の一部だけが無残な形で残され、鉄道も廃止されました。そして未だに沖縄に鉄道は走っていませんが、軽便鉄道の開通100周年を迎えた2014年に旧与那原駅舎は『軽便与那原駅舎・資料館』として復元されました。

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

資料館の入り口には、与那原馬車スンチャー(馬車引き)をモデルにしたという『三郎オジー』がお出迎え。『三郎オジー』の隣に座り記念撮影もできます!

 

軽便鉄道は全部で3路線あった!

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

そもそも軽便鉄道は全部で3路線ありました。

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

出典:沖縄タイムス

一つは那覇駅から嘉手納駅までを繋ぐ「嘉手納線」。次が那覇駅から糸満駅までを結ぶ全長約18.3㎞の「糸満線」最後が軽便鉄道与那原駅資料館のある与那原町がメインとなる「与那原線」。与那原線の全長は3路線の中で最も短い9.4㎞だったそうです。

現在も軽便鉄道が残っていたらとても便利だったでしょうね~

 

与那原軽便鉄道資料館の施設は?

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

資料館は軽便鉄道の『歴史コーナー』『映像コーナー』『資料コーナー』『体験コーナー』に分かれていて、そんなに広くない施設ではありますが、昭和5年頃の与那原駅舎界隈のジオラマは必見です。

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

体験コーナーでは駅員さんの帽子を貸してくれる撮影コーナーがあったり・・・

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

昔ながらの機械で入場券代わりの硬券切符に印字したり、スタンプを押したり・・・

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

切符切りを体験できるんです!これやってみたかった(笑)今は自動改札が多いので、ほとんど見かけないですよね。平成が終わり5月1日から「令和元年」が始まったので、入場券の切符に「令和元年」の日付けを入れれば、いい思い出になりますね。

 

沖縄県営鉄道与那原駅舎の「9本の柱」

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

以前、与那原駅の裏側にプラットホームがあったそうです。もちろん今は跡形もありませんが、現在は9本のボロボロの柱が並んでいます。

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

この柱は貴重な沖縄戦を生き抜いた駅舎の柱で、旧与那原駅舎の遺構になります。建て替えにあたって一部だけが保存されています。

沖縄・軽便鉄道与那原駅舎資料館から硬券キップで出発

そして昭和天皇が大正10年の皇太子時代、欧州周遊の際に沖縄に立ち寄られました。その時にここ与那原駅からお召列車に乗り、那覇を訪問したそうです。与那原駅舎には、東宮殿下御乗車記念碑が建立されています。

沖縄では2017年くらいから那覇~名護間で「沖縄鉄軌道計画」がささやかれていますが、実現するといいですね!

☆与那原町立 軽便与那原駅舎展示資料館のホームページはコチラ

名護のネオパークは軽便鉄道復活と希少な動物たちが一杯!の記事はコチラです。

 

与那原町立 軽便与那原駅舎展示資料館

住所:沖縄県島尻郡与那原町与那原3148-1 ☎098-835-8888 営:10:00~18:00 火曜定休

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »