|

軽便鉄道復活と希少な動物たちが一杯、名護のネオパーク

軽便鉄道復活と希少な動物たちが一杯、名護のネオパーク

沖縄の気候を最大限に利用して、アフリカや中南米などの熱帯地方の動植物を自然のままで、しかも広大な鳥かごと言ってもいい動物園の中で、放し飼いされています。オリを隔てない動物園として、手からえさやり体験ができたり動物とふれあうことができます。また、戦争で失ってしまった沖縄の鉄道「軽便鉄道」が実物より小さい形ですが復活しているのも注目です。ここにUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)ができると言う話が幻となってしまった場所がここです。

名護自然動植物公園ネオパーク入口

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー


 

【広大な鳥かごのネオパーク】

写真を見てわかるように大きなネットで覆われています。沖縄の亜熱帯気候を利用した自然のままの放し飼い動物園がネオパーク。ここにほ乳類20種、鳥類45種、は虫類18種、魚類12種、約100種類、合計1400匹もの動物たちがいます。東洋ではここだけと言われる幻の鳥「アオコブホウカンチョウ」、たまごを一個しか産まない国指定天然記念物「リュウキュウヤマガメ」など絶滅危惧種の鳥がいるなど、注目されるべき動植物園です。

巨大な鳥かごネオパーク、ここにUSJができるという噂があった

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー


 
アマゾン川の水中を再現した水中トンネル、最近水族館でよく見るトンネルだけれど、よく見ると、世界最大級の淡水魚でほぼ一億年前から姿を変えていない生きた化石「ピラルクー」、体長1mの大型ナマズ「レッドテールキャットフィッシュ」などが泳いでいます。
アマゾンの川をイメージして作られている

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー


 
そして、沖縄北部の飛べない鳥「ヤンバルクイナ」もここにいます。
飛べない鳥やんばるくいな

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー


 
 

【戦争で壊滅した軽便鉄道が復活!】

鉄道がない唯一の県が沖縄県、しかし、過去には沖縄を鉄道が走っていました。与那原線 那覇 – 与那原 9.4km、嘉手納線 古波蔵 – 嘉手納 22.4km、糸満線 国場 – 糸満 15.0kmの路線があったが、戦争により壊滅してしまいました。原寸より小さいとは言え、園内を23分かけて回る復活した軽便鉄道が「名護駅」を出発し、園内の動物たちを見て、時にはえさをやりながらネオパークを一周します。

戦争で壊滅して沖縄には鉄道がなくなった、それが復活軽便鉄道

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー


 
残念ながら、煙が出ない蒸気機関車風の車両です。
 

 
「名護駅」に掲示されていた嘉手納駅停車中の軽便鉄道。

 
駅長さんもいらっしゃいました。実はこの方、宮島和彦社長で、動物の専門家。ネオパークの動物たちの話になると止まらない・・・

それでは、最後にネオパーク担当者が園内を案内してくれます。たくさんの貴重な動物たちがいることがよくわかります。ほんの一部ですがご覧ください。

【ネオパークオキナワ】

住所:沖縄県名護市字名護4607-41
TEL:0980-52-6348
営業時間:9時から17時30分(入園は17時まで)、年中無休
入園料:大人660円、中高生330円、小人(4歳から小学生)220円
ネオパークオキナワのホームページはこちらです。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »