|

暑さを逃れ、星や月を見ながら走る「伊平屋ムーンライトマラソン2018」

暑さを逃れ、星や月を見ながら走る「伊平屋ムーンライトマラソン2018」

美しい自然と原風景が残る「伊平屋島」。200mを超える緑の山々。広々とした田畑。サンゴ礁が連なる海岸線。そして澄んだ美しい海。伊平屋島には、今も昔と変わらず美しい自然と原風景が残っています。そんな素敵な伊平屋島でマラソン大会が開催されます。しかもムーンライトマラソン。暑い日差しを逃れ、星や月を見ながら走ってみませんか?

 

【伊平屋ムーンライトマラソン2018】

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

【開催日】2018年10月20日(土)

【種目】フルマラソン(42.195キロ)/ ハーフマラソン(21.0975キロ)

【制限時間】(フルマラソン) スタート…15時/フィニッシュ…21時/制限時間…6時間

      (ハーフマラソン)スタート…17時/フィニッシュ…20時半/制限時間…3時間30分

【参加料】両コース共に:10,000円(大会参加料、参加Tシャツ、保険料、前夜祭&後夜祭の料飲費含む)

【申込期間】平成30年5月1日(火)~7月31日(火)※インターネット申込は7月31日(火)23時まで

※その他大会の詳細は伊平屋ムーンライトマラソンのHPをご覧ください。

★伊平屋ムーンライトマラソンのHPはコチラ

 

【初心者や女性でも走りやすい】

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

上記はフルマラソンのコース。海沿いの道路を使用した全体的にほぼ平坦なコースで、時間とともに変わる空の色と景色を楽しむことができます。スタートしてしばらくは、明るい中での田園風景や海岸の景色を堪能し、やがて島の西海岸に沈む美しい夕日が見られます。

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

こちらはハーフマラソンのコース。日が暮れた後は、東海岸から昇る満月の光とペンライトの明かりを頼りにゴールを目指します。暑さに弱い初心者や陽射しが気になる女性も気軽に参加できるのが、ムーンライトマラソンのいいところ。

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

スタート時はまだまだ明るいけれど・・・

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

だんだんと日が暮れていき・・・

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

夕陽を見ながら走るなんて素敵~!

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

そして日が暮れ月が昇り・・・

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

ゴールする頃には満点の星空が!!!素晴らしいマラソン大会ですね。

 

【伊平屋島ってどんな島?】

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

伊平屋島は沖縄本島北部にある本部半島から北へ41.1キロ。沖縄最北の有人島です。サンゴ礁が連なる海岸線と美しいエメラルドグリーンの海に囲まれた島は、手つかずの自然がたくさん残っています。

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」

はぁ~伊平屋島の海に癒されたい。

 



【おまけの伊平屋島泡盛情報】

星の声援、月の伴走。「伊平屋ムーンライトマラソン」伊平屋島酒造所「照島」

そして伊平屋島には唯一の泡盛の酒造所として、1949年創業の「伊平屋酒造」があります。主要銘柄は「照島」。島で泡盛の醸造が始まった当初に首里から呼び寄せられた酒造り職人「島袋氏」の名前から「島」と、天照大神の「照」をとって名付けられた泡盛。手間をかけて管理された麹と、硬水と軟水の中間である「上の川(イーヌカー)の天然湧水」を使って造られ、オリジナルの濾過器を使用することによって芳醇な味わいと豊かな香りが醸し出されます。伊平屋島に行かれた際にはぜひ飲んでみてくださいね!

伊平屋ムーンライトマラソン2016体験レポートはこちらです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »