|

梅雨時は30万輪のアジサイが咲き誇る「よへなあじさい園」

梅雨時は30万輪のアジサイが咲き誇る「よへなあじさい園」

2018年5月12日、今年も梅雨時に観光客・地元共に大人気のスポット本部町「よへなあじさい園」が開園。毎年約1万㎡の山の斜面に1万株、30万輪余り、約40種のあじさいが咲き誇ります。本土では見る事のできない、あじさい以外の花もたくさん咲いています。30万輪のあじさいや美しい草花を目で見て楽しんで、甘い香りに酔いしれてください!

【西日本あじさい名所ランキング6位のよへなあじさい園】

梅雨時は30万輪のアジサイが咲き誇る「よへなあじさい園」

元々「よへなあじさい園」はミカン畑やうっちん畑でした。そこにオーナーの饒平名(よへな)ウトさんが趣味であじさいを植え始め、そこから30年の間に株がどんどん増え、現在のあじさい園となったそうです。ちなみに「よへなあじさい園」に咲くあじさいの種類は約40種。あじさい以外の草花は約100種以上。凄いですね~

梅雨時は30万輪のアジサイが咲き誇る「よへなあじさい園」

そんな「よへなあじさい園」は口コミで広がり、沖縄県の穴場観光スポットとなっていましたが、全国の「あじさい名所ベストランキング30」で西日本の6位に選定!!今では沖縄県内だけにとどまらず、県外そして海外からも多くの方が来園し、梅雨期シーズンの沖縄観光スポットとなっています。

【ハート型のあじさい】

梅雨時は30万輪のアジサイが咲き誇る「よへなあじさい園」

そして昨年の「よへなあじさい園」では、観光客の方がハート型のあじさいを見つけ、ニュースにもなりました。なんだかほのぼの。今年も見つかるといいな~。

【よへなあじさい園開催期間】

梅雨時は30万輪のアジサイが咲き誇る「よへなあじさい園」

残念ながら今年の4月に「よへなあじさい園」の名物おばあちゃん「ウトさん」は100歳で他界されましたが、60歳からウトさんの植えてきたあじさいはこれからも毎年イキイキと咲き誇り、私たちを喜ばせてくれることでしょう。ぜひ期間中に「よへなあじさい園」を訪れてみてくださいね。開花情報などは「よへなあじさい園」のHPをチェック!

★よへなあじさい園のHPはコチラ

2018年の沖縄梅雨入、梅雨明けはいつ?の記事はコチラです

【よへなあじさい園】

【あじさいシーズン開園期間】2018年5月12日(土)~6月下旬まで

【場所】沖縄県国頭郡本部町伊豆味1312 ☎0980-47-2183

【営業時間】9時~18時30分(日没頃まで)※あじさいシーズン中は無休

【料金】大人:400円 小・中高生:200円
※20名以上の団体は大人350円:小中高生150円

【駐車場】あり(約40台)

 

 

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

2018年5月13日公開

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »