|

本部町にある山の上のパン屋さん「八重岳ベーカリー」

本部町にある山の上のパン屋さん「八重岳ベーカリー」

本部町の桜の名所、標高453mの八重岳山頂近く、緑豊かな自然の中にこの「八重岳ベーカリー」があります。山の中のこんな場所にこだわりのパン屋さんがあるとは誰も思いません。1977年創業だから、ちょうど40年の歴史を持ち、名物黒パンを中心に保存料、合成添加物を一切入れず、食物の栄養素をそのままパンとしていただく事ができます。わざわざ足を運ぶ価値のあるお店です。

八重岳ベーカリーへの道

本部港のある海の方から行くと、そば街道を山の方に上がっていきます。きしもと食堂、山川酒造など越えて、伊豆味へ。さらにここから山の方に入っていくのですが、目指す店は「パン屋」さん。こんなところに本当にあるのかと不安になってきます。車がすれ違うのも大変なくらいの山道を上っていくと、分かれ道看板発見!!

本部町の山の中にある八重岳ベーカリー

(八重岳の山頂付近から行く道もあります。)
 

八重岳ベーカリーの全景

さらに、上がっていくと、ありました! 八重岳ベーカリー!!
 

八重岳ベーカリーこだわりの黒パン

八重岳ベーカリーは無添加

八重岳ベーカリーに入ってみましょう!ご覧のとおり、パンが並んでいます。「無添加」。卵、乳製品不使用の心と体に優しいパンです!!
 

無添加パンの八重岳ベーカリーは黒パン

これが、八重岳ベーカリー名物の「黒パン」。雑穀や全粒粉が入ったパンのことで栄養素がたっぷりの美味しさです。
 

八重岳ベーカリーの体に優しいパン

こちらはフルーツパン、全粒粉40%の生地に、レーズン、クランベリー、パイナップル、クルミが贅沢に入っていました。おやつにオススメの甘めのパンです。
 
約40年前(1977年)医者であったオーナーが、「体に良いものを食べる」という予防医学の見地から、主に病院内の食用パンとしてスタートしています。全粒粉、植物性の「黒パン」。酵母は、自家製シークヮーサ―野生種酵母、パンづくり生地には、沖縄産の黒糖が使われているくらい地元のものを極力使用しています。
派手な美味しさよりも、地味な美味しさで毎日食べても飽きない、ご飯のようなパンづくりを目指しているそうです。
お勧めは黒パン
お店で聞いたおいしい食べ方。 「焼く」とパリパリ感が出てきます。そして、「蒸す」。もっちりとして、素材の良さが出て独特の食感になるとのことです。ひと手間加えると、その良さがもっと出てくるとのことでした。

 

【八重岳ベーカリー】

八重岳ベーカリーさんのホームページはこちらです。
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味1254
電話:0980-47-5642
営業時間:10:00~17:00 土曜日定休

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »