|

サンゴに優しい日焼け止めを使ってサンゴを守ろう!

サンゴに優しい日焼け止めを使ってサンゴを守ろう!

沖縄は夏真っ盛り!!これからのシーズン、沖縄の海を楽しみにしている方も多いと思います。そんな皆さんに沖縄のサンゴを守るべくお願いがあります。サンゴに優しい日焼け止めをぜひ使って下さい。

 

【2021年から、ハワイでは日焼け止め禁止に】

米ハワイ州のイゲ知事は、サンゴ礁への有害性が指摘される物質を含んだ日焼け止めの販売や流通を禁じる法案に署名しました。これは世界初の試み。ハワイでは2021年1月1日に発効するそうです。販売禁止となるのは、紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が含まれる日焼け止め。観光客が持ち込んだ日焼け止めは規制できないが、同州はサンゴ礁への有害性を伝えていきたいとしています。

でもそもそも日本で売られている日焼け止めの成分に、オキシベンゾン』と『オクチノキサート』が使われているのか?調べてみたところ、日本で『オクチノキサート』は『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』という別名で呼ばれている成分だったんです!!『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』は最も有名でかつ最も使用頻度の高い紫外線吸収剤なんです。しかも日本で市販されている日焼け止めには、この『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』が主成分に配合されているものだらけ(涙)

 

【そこで登場したのがサンゴに優しい日焼け止め】

一般的な日焼け止め製品に含まれるオキシベンゾンやメトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、サンゴの白化現象の一因となっています。が、「でも日焼けしたくな~~~い!!」という女性もたくさんいると思います。なので、海に入らない時は通常の日焼け止めを使用し、海に入る時はこの「サンゴに優しい日焼け止め」を使用する。この使い分けでサンゴを救うことができるんです!



【お子様でも安心して使用できる天然成分】

●3種の天然保湿成分(ヒマワリ種子油、ミツロウ、ホホバオイル)と酸化亜鉛、トコフェロール使用。低刺激性。お子様でも安心して使用できます。

●石鹸で落とせるのでお手入れ簡単

●UVカットはSPF30程度の効果

他にもナノ成分不使用で自然界に優しいので、土壌や海を汚染しない(自然分解可能な自然成分のみ使用) 。植物オイル、ミツロウを高級クリームのように約70%贅沢配合。耐水・高保湿・100%自然成分。何より日焼け止めを買う方が、自動的に自然を守る活動ができるってのがいいですよね!県内では、自然派商品などを扱う雑貨店を中心に販売。もちろんオンラインショップでも購入可能ですので、ぜひチェックしてくださいね!みんなで美しい沖縄のサンゴを守りましょう!!

サンゴに優しい日焼け止めの情報はコチラから

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »