|

「福州園」は那覇にいながら中国気分。中国式庭園を満喫しよう!!

「福州園」は那覇にいながら中国気分。中国式庭園を満喫しよう!!

那覇市久米にある「福州園」は、那覇市制70周年記念並びに、那覇市と中国福州市の友好都市10周年記念事業として建設された中国式庭園。福州市と歴史的つながりの深い久米村(クニンダと読み、現在の久米)に、設計から施工まで福州市の職人により、福州市の資材を使用して建設されました。

 

福州園はモノレール県庁前駅より徒歩約10分の場所

那覇にいながら中国気分。中国式庭園「福州園」

那覇空港から福州園まで車で約10分。モノレール県庁前駅からは徒歩で約10分の場所にあります。福州園入口の向かい奥には有料駐車場があり、1時間以内の駐車は無料。園内の主な建造物は、三山(千山、烏山、屏山)、二塔(白塔、烏塔)、一流(ミン江)など、中国・福州市を代表する風景を模したもの。とても素晴らしい中国式庭園で、中国にいるような気分を味わえます。

福州園・松山公園駐車場

住所:沖縄県那覇市松山1丁目17-9

24時間営業、最初の1時間無料、福州園正面から奥へ70m、松山公園に隣接しています。

福州園は春・夏・秋冬の三部空間で構成されている

那覇にいながら中国気分。中国式庭園「福州園」

福州園は総面積8,500㎡もの広さがあり、福州園は、四季(春・夏・秋冬)の三部空間で構成されているのが特徴です。まず福州園入口にあたる「大門」から左方向に進むと「夏景色」の空間へ。手前に「烏塔」、奥に「白塔」と呼ばれる双塔があり、この双塔は御影石で造られた福州の双塔の縮図で、典型的な福州の景観だそう。

夏景色の空間を通り抜けると、春景色の空間へ。写真は「桃花渓(とうかけい)」で、小川の清流と静かな池からなり、豊かな自然や流水、舞い落ちる花びらなど福州閩江(ふくしゅうびんこう)を表現しています。ちなみに閩江(びんこう)とは、福州市がある福建省最大の河川・閩江のこと。

そして東屋のような円形の建物は「知春亭(ちしゅんてい)」と呼ばれ、「すべて円満に」という思いが込められているそうです。

今度は福州園の入口にあたる「大門」から右方向に進むと、秋・冬景色の空間です。ちなみに大門をくぐると目の前にあるのが、御影石と寿仙岩を石材とした「照壁」。

 

秋・冬景色の空間の一番の見どころはこの「冶山・冶亭(やざん・やてい)」。石の冶山(人口山)の頂上に立つ冶亭と流れ落ちる滝。福州の名勝「冶山水景」を表しており、園内でもっともダイナミックな空間。冶亭まで階段で上がると素敵な風景が見渡せます。

そして滝の裏側にも行くことができますよ!

琉球王国と福州の関係

琉球王国は、南海の小国でありながら独立国家として450年間(1429-1879年)成り立っていました。それを支えていたのは、中国皇帝から冊封使を迎え入れ、琉球王として承認を受けることで貿易立国として、中国を中心として、東南アジア、韓国、日本との交易で栄えていきました。特に福州は中国への入口であり、貿易の要になってきますが、同時に学問や文化が入ってきた入口でもあります。

琉球王国と中国の関係がわかる琉球交易すごろく

福州園に併設されているクニンダテラス内歴史展示室(無料)の琉球王国交易すごろく。中国への入口は⑰福州が中心であったことがよくわかります。

 

福州園の周辺施設

福州園を満喫した後は、福州園のお隣にある「クニンダテラス」へ行きましょう。「クニンダテラス」は琉球や久米村(クニンダ)の歴史文化に触れる事ができる展示室や、飲食店、交流室からなる複合施設です。

■歴史展示室(入場無料)9:00~18:00 水曜定休

■交流室(有料)9:00~21:00 水曜定休 利用料:1時間210円 冷房利用料:1時間100円

出展:グッドファームズキッチン

併設のカフェレストラン「グッドファームズキッチン」では、農園野菜やブランド精肉をチャコールグリルにて提供してくれます。

出展:グッドファームズキッチン

リーズナブルなランチもあります。

■グッドファームズキッチン 11:00~23:00 年中無休

☆グッドファームズキッチンのホームページはコチラ

2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月)のゴールデンウィーク期間中は、福州園はお休みなしで開園します。福州園ををゆっくりと散策し、その後はクニンダテラスで歴史文化に触れ、グッドファームズキッチンでお腹を満たしてくださいね!!

 

福州園

住所:那覇市久米2-29-19 ☎098-869-5384 営:9:00~18:00 水曜休園(水曜が休日の場合は翌日)

入場料:大人200円 小人(中学生以下)100円 小学生未満は入場無料

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »