沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア 体験記

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア 体験記

令和元年10月31日に首里城が火災にあってから、もうすぐ3年がたちますね。燃えてからすぐ、コロナだったと考えると、ずいぶん前のような、この間のような‥。不思議な感じです。いろんなことが止まってしまたような月日のなかで、それでもなお再建の話が進んでいるようですね。 そんな中、少しでも再建の力になろうと、ボランティアに参加してきましたのでレポートです。

シャモット製作ボランティアへ参加

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

無料で応募できるボランティアを見つけて応募しました。事前予約も当日受付もできます。

首里城赤瓦のシャモット製作

シャモットってなに?

シャモット=正殿の破損瓦の粉末です。 赤瓦の原料の一つになります。令和元年10月31日未明焼失した首里城正殿で実際に使われていた瓦のなかで、焼け残った瓦を砕いて、再利用できるようにする作業がボランティアの作業になります

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

作業はこんな感じ

これが砕かれる前の赤瓦

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

これを、作業用のコーンの下におきます

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

飛び散るのを防ぐためのコーンをかぶせて

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

砕きます。鉄の棒で上からつぶす感じで砕いていきます。

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

これだとまだ荒いので、細かくなったものだけを振るいにかけて、大きな塊はまた砕く作業をします。
その繰り返しです。

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

この細かさまでしないといけません。
だいたい2センチ四方までくだきます。なかなか力がいりますよ



参加証がもらえます

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

作業が終わるとこんな記念賞がもらえます。思い出になりますね。

感想

まず、首里城自体は何度もみていても、それがどんなものからできてるかを意識したことはなかったので、その原材料を見たというのが良い経験になりました。 
また、その材料が火災で燃え残った瓦というのも、感慨深くて、「再生するんだ!」っていう思いれが強くなりました。 
あとは、やはり、沖縄県民の悲願である、首里城再建に自分が、微々たるものでも役に立てた、というのは一番うれしかったです。

首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティア

自分以外にもたくさんの方が来ていて、「みんなでやってる!」という共同意識見たいのも感じて、これも嬉しかったですね。

ボランティア概要

まだボランティアは募集中です。ぜひ参加してみませんか? 観光の合間にもできます。旅行の方もぜひ!

実施日:令和4年8月3日(水)~10月15日(土) 

時間に関して 
午前の部 作業9:00~11:30
午後の部 作業13:30~16:00
作業自体は30分程度です。

参加資格:誰でも参加可ですが、⼩学4年生以下の方は活動の際、保護者等の同伴が必要など、条件があります。

受付については、首里城正殿赤瓦のシャモット製作ボランティアの募集要項をご覧ください。

(Visited 93 times, 26 visits today)

ダイビングから沖縄にはまりました! 今は、泡盛の海にダイビング??得意分野はビーチ情報です。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »