沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

首里城でガイドツアーに参加しよう!

首里城は復興に向けて、工事が始まりました。その首里城を首里城ガイドが案内してくれる「首里城60分ぐるっとツアー」があるのはご存じでしょうか。朝の御開門式にあわせて行うガイドツアーと夕方2つのコースにわかれて行うガイドツアーがあります。ガイドが付くと知らない情報が入ってきて首里城がより一層楽しくなりますよ。

首里城ガイドツアー「首里城60分ぐるっとツアー」

ご案内いただくのは多和田さん。イヤフォンをつけて解説がよく聞こえます。

◎御開門式見学コース(約60分)

 ・主な見学ルート:
  奉神門(御開門式見学)→首里城正殿基壇遺構→世誇殿→大龍柱→京の内→西のアザナ

 ・開催曜日:毎朝
 ・開催時間:8:45 ー 9:45(受付 8:30-8:40)
  ※午前8:55の御開門式を見学する朝のみのコースです。

◎歓会門コース/木曳門コース(バリアフリーコース)(約60分)

 ・主な見学ルート
  ①歓会門コース:
  守礼門→歓会門→瑞泉門→大龍柱→東のアザナ→世誇殿
  ②木曳門コース(バリアフリー):
  守礼門→木曳門→西のアザナ→京の内→復興展示室→世誇殿
 ・開催曜日:月~金
  16:00-17:00(受付 15:45-15:55)
 ・開催曜日:土・日
  15:30-16:30(受付 15:15-15:25)
  16:00-17:00(受付 15:45-15:55)
◎料金
 1人1,000円(小学生以下無料)
 ※入場料は別途必要(年間パスポートOK)
 ◎受付
 場所:首里杜館(すいむいかん) B1F 総合案内所附近
 ※受付はツアー開始5分前には終了いたします。
 ※お車の方へ:受付場所は駐車場と同じ建物です。駐車場からB1Fへ上がり、総合案内所前にお越しください。
 ※事前予約は行っていません。
(首里城公園HPより)

この日は朝一番の御開門見学ツアー。銅鑼の音が響き、「うーけーじょー」の声とともに奉神門の門が開きます。毎朝9時に行われる儀式です。どうせなら首里城に一番乗りしましょう!

首里城の現在

首里城工事

2022年3月20日撮影

奉神門から入って、正殿が建つ方向を見た写真です。工事が始まってきていることがわかりますね。

工事は、巨大な3つの建物を作るところから始まります。素屋根は正殿を覆い、建物の中で正殿を建てていきます。原寸場、木材加工倉庫・加工場が2022年夏頃には原寸場が完成、同時に中の作業が見学できるようになります。建築中じゃないと見られない作業のシーンを見ることが可能になります。

原寸場は木材を加工する際に使用する実物大の図面を作る場所です。伝統木造建築では複雑な形に加工された部材をより正確に組み立てる必要があります。原寸図によって、より正確に組み立てることが可能になります。

木材加工倉庫・加工場は、正殿復元のため数多くの木材が必要になります。工事で使用するまでの保管場所として使われます。

2つの建物ができたあと、2023年には正殿建築を行う素屋根が完成します。これから約1年間の間に、首里城をとりまく食え式が大きく変わっていくことになります。

首里城見学通路

奉神門から入ると、すぐ左に木製の通路が出来ています。工事の過程を説明する写真や説明書きがあります。

ちょうど北殿があった外側に通路が出来たため、眺めが最高です。又、段差がないため、車椅子やベビーカーでも利用しやすくなりました。

首里城入場料

首里城の有料区域の入場料は、正殿火災の前の半額に設定されています。大人400円、小・中学生160円、未就学児は無料です。

首里城入場料割引情報

ゆいレールの1日券を持っていると2割引になります。ゆいレールの1日券は、福州園やゆいレール展示館、壺屋焼物博物館など数多くの割引があるので便利です。

ゆいレール割引の情報はこちらをご覧ください。

こちらは年間パスポート。2回入場すれば元が取れる800円に設定されています。申し込みをすればその場で写真を撮ってくれて、初回の見学している間に年間パスポートができあがります。正殿、北殿、南殿と日々変わっていく姿を目に焼き付けるためにも、年間2回以上入場を予定する方にはおすすめです。

ちなみに筆者の年パスです。失礼しました!!

★首里城公園の公式サイトはコチラです。

首里城おすすめ・東のアザナと御内原エリア

標高145mと首里城の中でも一番高い東のアザナ。守礼門から上がってくる観光客、那覇市内から慶良間諸島まで一望できる素晴しい眺望、城壁の曲線美、そして、これから正殿復興のために日々変わっていく様子が見られる絶好のポイントです。

ガイドの多和田さんと一緒に東のアザナまで上がって、ガイドは終了です。ちょうどその時間が60分なので、帰りの時間や売店、世誇殿、首里城復興展示室などじっくりみると、90分から2時間は欲しいですね。

首里城の大奥か?!謎のベールに包まれた「御内原」エリア開園の記事はコチラです。

首里城おすすめ・世界遺産

首里城正殿の基壇遺構です。通常はガラス越しに見るところが、喚起のため空いていたので直接撮ることが出来ました。

この遺構は工事が始まるとみることが出来なくなるのかと、質問を投げかけたところ、はっきりとは決まっていないものの「見せる復興」を目指しており、何らかの形で工事中も見られるかもしれませんね。

実は遺構は無料区域にもあります。有料区域から帰るときに立ち寄るといちばん良いですが、右掖門(うえきもん)に是非たち寄ってください。石積みに所々、写真のような表示があります。「遺構石積」と「復元石積」と書かれています。ついつい見逃しがちですが、これも遺構なのです。

右掖門は最近塗り直しが終わりました。その前の石畳もよく見ると、復元されたものとされていないものがよくわかります。

その他の首里城ガイドツアー

おきなわスローツアー 高野純一さん

首里城公園の中だけではなく、金城町の石畳や首里12支巡り(達磨寺など)2時間から3時間の首里城を含む周辺をたっぷり楽しめるツアーです。

料金:3000円

おきなわスローツアーのHPはコチラです。

申し込み・問い合わせ:070-5691-3792

首里の達磨寺は十二支巡りで開運祈願!の記事はコチラです。

首里金城町の石畳は琉球王国時代の歴史を感じる散歩道の記事はコチラです。

日本100名城・首里城へ道「上の毛」は城壁マニアにおすすめの記事はコチラです。

ガイドと歩く那覇まちまーい

料金:大人(中学生以上)1,000円 小人(小学生)500円
※別途料金:有料区域入場料

所要時間:60分から80分

ガイドと歩く那覇まちまーい・首里城物語の詳細はこちらです。

首里城には見所のポイントがたくさんあります。ただ歩くだけではなく、ガイドについて回るとよくわかりますのでおすすめします。

首里城公園

住所:沖縄県那覇市首里金城町1丁目2 ☎098-886-2020

(Visited 215 times, 27 visits today)

徳島県徳島市出身 20代の頃は旅行会社勤務、やがて飲食業に転じ、居酒屋経営。泡盛との出会いから沖縄に通うようになる。沖縄愛は次第に深みにはまり、東京泡盛会を沖縄県酒造組合と開催したり、沖縄ファンクラブの理事をするなど、生活が沖縄化している。還暦を迎え、那覇市にワンルームマンションを借りて沖縄生活を始めてしまいました。趣味はまち歩き。

2022年4月10日公開

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »