沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

沖縄の地酒泡盛をお正月らしいボトルで乾杯しませんか?

沖縄の地酒泡盛をお正月らしいボトルで乾杯しませんか?

もういくつ寝るとお正月?お正月にはおめでたい沖縄の地酒泡盛で乾杯しましょう!金箔入りの泡盛や、ゴージャスなラベルの泡盛、おめでたい名前の泡盛など、色んな泡盛を集めてみました。令和4年の干支は寅。泡盛の干支ボトルなども販売されています。ネットで購入できるものもあるので、ご自宅で飲んでみてはいががでしょうか?

金箔入りのキラキラ美しい泡盛

沖縄の地酒泡盛正月用

新里酒造の泡盛「黄金の日日」。見た目にもゴージャスです。常圧蒸留したコクのある原酒を、樫樽とシェリー樽に貯蔵し3年間じっくりと熟成させた後、低温蒸留した泡盛をブレンドし、バランス良く丸みのある味わいに仕上げられた古酒です。純金箔入りなのでグラスに注ぎ入れると目にも美しく、年末年始の贈答や祝宴に最適です。

沖縄の地酒泡盛正月用

こちらは瑞穂酒造の純金箔入り泡盛。

沖縄の地酒泡盛正月用

出典:泡盛大好き

三年以上熟成を重ねた良質な古酒(クース)を選抜し、アルコール分を25度に仕上げており、古酒の甘い香りや味わいを漂わせながらも、すっきりとしたマイルドな口当たりが特徴。グラスの中でキラキラと輝く金粉は、華やかな席にお似合いです。

2022年の干支ボトル泡盛

沖縄の地酒泡盛正月用

こちらは宮古島の蔵元「多良川酒造」の干支ボトル。2022年の干支である「寅年」は、「成長」や「始まり」を意味する年。「寅」は芽を出したものが「成長していく年」、これから成長する物事が「始まる年」と言われています。2020~21年は何かと我慢の多い年だったので、2022年は、新しい物事が生まれ、成長し前進していく1年になるといいですね。

干支ボトルは多良川酒造以外の酒造所も販売しています。オンラインショップでも購入できるものもありますのでぜひ!

沖縄の地酒泡盛正月用

出典:忠孝酒造

 

そしてこちらは、忠孝酒造の干支ボトルです。沖縄が誇る若干12歳の若き天才イラストレーター「ミラクルくん」とのコラボボトル。この泡盛は、忠孝酒造のマスターブレンダーである代表の大城 勤氏がブレンド。忠孝酒造独自の原酒古酒をブレンドすることにより、やわらかな口当たりの後にバニラの香りが感じられるオリジナルブレンドです。度数は35度に仕上げ、12年間の熟成も楽しめる泡盛!ボトルのイラストも可愛いですね!

ゴージャスなラベルの琉球泡盛「首里城正殿」

沖縄の地酒泡盛正月用

まさひろ酒造の「首里城正殿」。写真向かって左から5年・8年・10年古酒です。

沖縄の地酒泡盛正月用

出典:泡盛大好き

ラベルがとてもゴージャスで華やかです。令和元年は首里城焼失という悲しい出来事がありましたが、一日も早い復興を願っています。

鏡餅の琉球ガラス

沖縄の地酒泡盛正月用

そして毎年この時期になると見かけるのが、琉球ガラスでできた鏡餅。

沖縄の地酒泡盛正月用

鏡餅の中には泡盛が入っていて、鏡餅の上に乗っている赤い部分(通常はみかん)はグラスになっているので、そのにグラスに泡盛を注いで飲めるという素晴らしさ!これは毎年使えるし見た目も可愛いし優れものです!

おめでたい名前の泡盛

沖縄の地酒泡盛正月用

新里酒造の「かりゆし」。かりゆしという言葉は沖縄の方言で「おめでたい・縁起の良い」という意味です。まさに新年にピッタリ!!

新年には泡盛でぐすーよーかりーさびらー!(みなさん一緒に乾杯しましょう)

(Visited 468 times, 3 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011年に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで沖縄大好きを発信中!沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。レザーソムリエ。泡盛マイスター。

2019年12月14日公開、2021年12月12日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »