|

総理大臣賞の泡盛マイスターが案内してくれた「久米仙酒造」

総理大臣賞の泡盛マイスターが案内してくれた「久米仙酒造」

★体験レポート ~青木さなえさん

那覇市仲井真にある「久米仙酒造」に見学と取材に行ってきました。案内していただいたのは泡盛マイスター、そして泡盛マイスター技能競技大会優勝「内閣総理大臣賞」受賞という凄く名誉ある経歴をお持ちの久米仙酒造 プロモーション、開発、ブレンダーの中村真紀(マッキー)さんです。

中村さんのブログ(中村ブログ始めるってよ!)も読んでくださいね。

泡盛の酒造見学は、何度か参加していますが、それぞれの蔵の工夫などの違いがわかり、ますます興味がわきます。

IMG_0491

泡盛の原材料。これは「タイ米」。またお米そのままの状態を「丸米」、お米を砕いたものを「砕米(さいまい)」といい、久米仙酒造では丸米を使ってました。タイ米を使う理由は様々ありますが、一番は麹づくり、黒麹菌との相性かと思われます。たまに島の国産米を使うこともあります。仕込みのタンクを覗かせていただきました。

IMG_0501

昨日入れたもろみ。

IMG_0504

最初の2日間は元気良くぼこぼこと発酵している姿が見られます。2週間ほど過ぎれば、ぼこぼこが消え、その後蒸留するわけですが、この蒸留機の形でも味わいに重要な変化をもたらすそうです。

o0480064113678862424

縦型だとすっきりした泡盛、横型だとどっしりした泡盛になり、泡盛の銘柄により分けたりブレンドしたりするそうです。つまり蒸留機釜に入った「もろみ」の液面から、蒸留機の上部の連結部「ワタリ」までの高さで左右されるというわけ。また蒸留機釜の上の「濃縮塔」と言われる形によっても変わり、その「濃縮塔」がぷっくり膨らんでいるほど、風味は軽くなると言われています。

さらに「減圧蒸留」か「常圧蒸留」かによっても変わります。「減圧蒸留」は釜の中の空気を抜いて減圧することでアルコールの沸点を下げます。常圧蒸留では90~100℃で蒸留、泡盛の独特なコク、風味があるどっしりとした味わいになるそうです。マニアックな話ですが、私にもようやくこの違いが良くわかるようになりました。


IMG_0509

蒸留担当の平良さん

IMG_0479

ブレンド担当の小波本さん

そして会長の平良正諭輝さんにも久米仙酒造のこだわりなどを取材させていただきました。

 

久米仙は比較的、クセがない飲みやすい泡盛が多いのですが、最近は樽(たる)仕込み泡盛の原酒の味を再現したリキュール「G.E.M.(ジェム)」北大東島のジャガイモを原材料とした焼酎「ぽてちゅう」やコーヒー泡盛などを出して、新しいカテゴリーにも挑戦しています。

 

貴重なお話しを伺い、また試飲もさせて頂き、大満足な1日でした。ありがとうございました。

【詳細情報】

住所:那覇市仲井真155番地

電話:098-832-3133

蔵元見学は、事前に連絡してください。土、日はお休みです。

久米仙酒造さんのホームページはこちらです。

 

文:青木さなえ

青木さなえ

セブンティーンの専属モデルや、CM、スチールなど、ティーンズモデルとして活躍する中、16歳の頃、日本テレビ年末ドラマ「なんて素敵にジャパネスク」新人オーディションで4万8千人の中からグランプリ受賞、ドラマデビュー。
その後、TBS『土曜深夜族』エンジェルスのメンバーとしてレギュラー 出演。芝居以外にも歌・ダンス・お笑いにも活動の場を広げる。 現在、フリーになり、女優業を中心に活動中。
 プライベートでは世界各国を旅をし、貴重な体験を持つ。詳しくはブログをご覧ください↓
“sanakoのモト”

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »