|

伊平屋観光・物産と芸能フェア@沖縄タイムスビルで開催!

伊平屋観光・物産と芸能フェア@沖縄タイムスビルで開催!

沖縄本島北部にある伊平屋島(いへやじま)。本部半島から北へ41.1キロ。沖縄最北の有人島です。伊平屋島は海の幸、山の幸に恵まれています。2月8日(金)~10日(日)の三日間、「伊平屋観光・物産と芸能フェア」が沖縄タイムスビルにて開催です。(2019.2.8更新)

 

2/8~2/10伊平屋観光・物産と芸能フェア

 

◆2019年2月8日(金)~10日(日)
 ・8日(金) 11:00~19:00( 開幕式は10:30から)
 ・9日(土)10:00~19:00
 ・10日(日)10:00~18:00
◆会場:タイムスビル1~3F (那覇市久茂地2-2-2)

伊平屋島観光物産展

2019.2.8初日撮影

伊平屋島の特産品とグルメが勢ぞろい

初日は、最初から行列ができるほど、どのグルメブースも大人気です。伊平屋島地元の人達が作り上げた美味しい食材を、伊平屋島の皆さんの手で料理しています。

伊平屋村商工会青年部の皆さんが、「やぎ汁」を提供しています!

具たくさんのやぎ汁(ヒージャー汁)です! 是非、食べてみてください!

 

沖縄本島北部にある伊平屋島(いへやじま)。本部半島から北へ41.1キロ。沖縄最北の有人島です。伊平屋島は海の幸、山の幸に恵まれています。2月9日(金)~11日(日)の三日間、「伊平屋観光・物産と芸能フェア」が沖縄タイムスビルにて開催です。

写真は「まぐろカレー」。伊平屋村特産品フェアでは、離島ならではの特産品販売や、もずく天ぷら・まぐろカレー・イカ墨汁などのできたての海鮮料理をはじめ、ヒージャー汁や伊平屋アンダギーなど、伊平屋島ならではの自慢のグルメが食べられます。

 

伊平屋島といえば伊平屋酒造の泡盛「照島」。伊平屋島は「てるしのの島」とも呼ばれ、「てるしの」とは太陽神のこと。仕込み水には、酒造所から4km離れた「上の川(イヌーカ)」と呼ばれる湧水を使用しています。

 

伊平屋酒造の保久村さん。商工会青年部のメンバーで若手が頑張ってますね。

 

三重県から移住して家族で塩づくりをされている松宮さん。一流料理店で使われているくらいで、粒が大きく使いづらかった塩を粉砕器で細かくしていたが、自らの手で、手もみして作るようにしてから味が数段アップしたとのこと。

 

手もみ完全天日塩塩夢寿美

伊平屋島の美しい海水からできる塩は、料理別に作り上げた商品もあって、絶品で今や半年待ちという大人気。

 

沖縄本島北部にある伊平屋島(いへやじま)。本部半島から北へ41.1キロ。沖縄最北の有人島です。伊平屋島は海の幸、山の幸に恵まれています。2月9日(金)~11日(日)の三日間、「伊平屋観光・物産と芸能フェア」が沖縄タイムスビルにて開催です。

これはケコのイチオシ!伊平屋島で育てた島とうがらしのみを使った「てるしの一味」。これはかなり辛いです!!辛いものが苦手な方は絶対に買わないでください(笑)でも少量生産の上、大人気商品で入手困難。このチャンスに是非♪



2/10には伊平屋村伝統芸能公演もあり!

 

伊平屋村伝統芸能公演

◆伊平屋村伝統芸能公演
日時:2019年2月9日(土)16:00開場、16:30開演、2月10日(日)15:30開場、16:00開演
場所:タイムスホール(タイムスビル3階)
入場料:1500円(物産展で使える500円クーポン付)

伊平屋村民俗芸能保存会による、各区の伝統芸能が披露されます。1500円の入場券に、物産展で使える500円のクーポン券が付いているのは嬉しいですね。

◆現代版組踊り「てるしのの光」

2月10日(日)12:30開場、13:00開演 無料

その他、巷で流行りのハーバリウム制作(500円)や、クバ傘制作(3500円)の体験ブースもあり。2月9日(金)~11日(日)は、ぜひ沖縄タイムスビルへ足を運んでくださいね。

 

 

 

沖縄タイムスビル

住所 那覇市久茂地2-2-2
電話 098-860-3000(沖縄タイムス社)
沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »