沖縄REPEAT@何度でも行きたくなる沖縄観光サイト

|

沖縄ちゃんぽんを食べるならココがおすすめ那覇市4選

沖縄ちゃんぽんを食べるならココがおすすめ那覇市4選

本土で「ちゃんぽん」といえば、麺類を思い浮かべますよね?しかし沖縄の「ちゃんぽん」には麺が入っていません!沖縄ちゃんぽんは、野菜炒めを卵でとじてご飯の上にのせたものなんです。しかも丼(どんぶり)ではなく、平たいお皿にのせスプーンでいただくのが沖縄流。「沖縄ちゃんぽん」は、沖縄のソウルフードなのです。那覇市でおすすめのちゃんぽんを紹介します。

お食事処みかど@那覇市松山

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

沖縄ちゃんぽんといえばやはり「お食事処みかど」ですよね。1962年創業で、沖縄ちゃんぽん発祥の店と言われています。お店の場所は、那覇市松山にあり国道58号線沿い。ゆいレール県庁前駅からだと徒歩で約7~8分くらいの場所です。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

お店の外にもメニューがあるのでわかりやすいですね!

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

こちらが店内メニュー。沖縄ちゃんぽんの他、ポークたまごも「お食事処みかど」が発祥だとか。凄い!!さっそく沖縄ちゃんぽんを注文。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

ほうれん草やキャベツ、玉ねぎにもやしなど、たっぷりの野菜が卵でとじられています。お味噌汁付き。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

お味はカツ丼や親子丼のような甘めの味付けで、野菜はしっかり炒められています。そして「お食事処みかど」では、コンビーフハッシュが使われていて、そのせいか洋風っぽくも感じます。

ちなみにコンビーフハッシュとは、ほぐしたコンビーフと茹でた賽の目切りのジャガイモを混ぜたもの。沖縄ではポークランチョンミート同様、とてもよく使われるローカル食材です。ただ…私が沖縄ちゃんぽんを食べている途中に来たお客さんが「沖縄ちゃんぽん、ポークで」と注文していたので、ポークかコンビーフハッシュかは選べるみたい。ちなみにポークとは、ポークランチョンミートのことです。安定のお味でとても美味しかったです。

お食事処みかど

住所:那覇市松山1丁目3−18 ☎098-868-7082 営業時間:10時~22時 無休

お食事処 伸ちゃん@那覇市壺屋

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

お次は、那覇市壺屋にある「お食事処 伸ちゃん」です。創業49年の老舗食堂で、観光客はほぼ来ない地元民に愛されている小さな食堂です。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

メニューはこんな感じ。ちなみに店名の「伸ちゃん」は、ご主人のお名前。元々はご主人と二人で始めたお店でしたが、ご主人が他界されてからは、おばあちゃんがお一人で切り盛りされています。しかしどのメニューも安いですね!

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

こちらが「お食事処伸ちゃん」のちゃんぽんです。バラの花のお皿が昭和な感じでとても好き!小さな沖縄そばが付いているのも嬉しいですね!しかもこの沖縄そばがとっても美味しくて、次は沖縄そばを食べようと心に決めています(笑)

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

「お食事処伸ちゃん」のちゃんぽんにはキャベツやもやし、人参の他、お豆腐も入っています。甘めの優しいお味で美味しかった!但し、おばあちゃん一人で切り盛りしているので、一度にたくさんのメニューは作れません。他にお客様がいれば順番に作るため、お料理の提供にも少々時間がかかる事があります。心にゆとりがある時に訪れてみて下さいね!

お食事処 伸ちゃん

住所:那覇市壺屋2丁目1−6 ☎098-854-0141 営業時間:11時~15時 日曜定休

前島食堂@那覇市前島

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

那覇市前島のスーパーユニオンのすぐ横にある「前島食堂」。こちらも観光客はほぼ来ない食堂です。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

店内はカウンター5席のみの小さなお店です。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

メニューは、沖縄の食堂らしいメニューです。500円メニューにある「沖縄やきそば」は、沖縄そばの麺を使った焼きそばで、現在では味付けはソースが主流になっていますが、沖縄では焼きそばの味付けにケチャップを使うのが常識だった時代もあり、店によっては、ケチャップ味の沖縄焼きそばが食べられるお店もあります。前島食堂はどっちかしら(笑)

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

そしてコチラが「前島食堂」のちゃんぽん。キャベツやもやし、人参のほかにハンダマが使われていました!ちゃんぽんに使う野菜に決まりはないので、たまたまなのかもしれません。お味噌汁付きです。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

ちなみにハンダマとは、原産地の熱帯アジアから中国を経由して日本に伝わったとされるキク科の多年草で、寒さに弱いため、日本国内では沖縄から南九州の温かい地に自生していますが、石川県では金時草の名で栽培されています。表が緑色、裏は紫という美しい野菜で、サラダの彩に使われることもしばしば。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

「前島食堂」のちゃんぽんには、ポークランチョンミートが使われていました。少し甘めのホッとするお味。沖縄ちゃんぽんってどのお店で食べても美味しくハズレがないのもいいですね。

前島食堂

住所:那覇市前島2丁目1−20 営業時間:11時~18時 日曜定休

ヘンサ森@安里

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

最後は、栄町市場(南口)から安里交番(栄町通り)向けに進むと右手にある「ヘンサ森」。店名の「ヘンサ森」は、南城市の大里一帯にあった森のことだそう。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

店内は明るく綺麗です。テーブル席とカウンダー席、扉で仕切る事のできる喫煙席もありました。こちらはテーブル席。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

そしてL字型のカウンター席と、その奥が喫煙席。喫煙席は、夜にはスナックとして営業する感じかもしれません。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

お店に入ってすぐの券売機で食券を購入。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

壁に貼られたメニューの他にも、カツ丼やソーキそば、カレーなどもあります。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

そしてコチラが「ヘンサ森」のちゃんぽん。嬉しい沖縄そば付き。

沖縄ちゃんぽんが食べられる食堂

「ヘンサ森」のちゃんぽんは、豚肉が使われていてキャベツやもやし、その他の野菜もシャキシャキで、個人的には一番好きかも。沖縄食堂ではありがちな、味が濃く甘みが強いちゃんぽんが多いですが(もちろんそれも好き)、コチラは野菜そのものの味がいきてて美味しかったです。

ヘンサ森

住所:那覇市安里388−37 ☎098-988-0167 営業時間:11時~21時 日曜定休

(Visited 5,198 times, 49 visits today)

福岡県出身。沖縄が好きすぎて2011年に那覇市に移住。現在は、インスタグラムなどで沖縄大好きを発信中!沖縄モチーフの革小物を製作・販売するSunking LeatherCraft代表。レザーソムリエ。泡盛マイスター。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »