|

ホテル日航アリビラ「夜の潮干狩り」は冬の沖縄の風物詩!

ホテル日航アリビラ「夜の潮干狩り」は冬の沖縄の風物詩!

沖縄では、夜に行う潮干狩りのことを「イジャイ」といいます。読谷村にあるホテル日航アリビラでは、潮の引いたイノー(礁池)で月明かりを感じながら、夜行性の生き物が活発に動く姿を観察し海を楽しむ、アリビラオリジナルのナイトリーフトレイル「イジャイ」を、宿泊者を対象に9日間限定で開催します。

ホテル日航アリビラはワンランク上のリゾートホテル

読谷村の日航アリビラ

ホテル日航アリビラは読谷村にあるリゾートホテル。ホテルの目の前にある美しい海に映える、赤瓦屋根に白い壁のスパニッシュコロニアルスタイルの外観が印象的です。スペイン語のAlivio(寛ぎ)とVilla(別荘)を組み合わせた名のとおり、プライベート感覚を重視したワンランク上のリゾートホテル。

ホテル日航アリビラは、湾岸線にある岩をできる限り自然のままに手つかずの海を大切にして建てられました。沖縄のリゾートホテルとしてはめずらしく、干潮の海と満潮の海、ありのままの自然を楽しむことができます。

沖縄県内でも有数の透明度を誇つニライビーチ

ニライビーチは読谷村ホテル日航

ホテルの目の前にある「ニライビーチ」は、自然をそのままに、掘削を行わない天然のビーチで、県内でも有数の透明度を誇り、沖縄の特徴的な遠浅の海です。マリンアクティビティも通年楽しめます!

ナイトフリートレイル「イジャイ(夜の潮干狩り)」

夜のホテル日航

「イジャイ」は、沖縄の方言で「夜の潮干狩り」を意味します。春から夏のシーズンに行われる潮干狩りは、潮が最も引く日中に行われますが、「イジャイ」は最も潮が引く冬季の夜、大きく潮が引く満月の夜に行われます。また、年末にかけての大潮は一年で一番潮が引く時期となり、「イジャイ」は冬の沖縄の海の風物詩の一つでもあります。

夜に見たビーチのカニ

ホテル日航アリビラの「イジャイ」では、満月が美しい夜のニライビーチをガイドとともに歩きながら、夜行性の生き物やひっそりと岩陰に潜む生き物の姿を観察します。夜の海を遊ぶという「夜の潮干狩り」の要素を取り入れながら、「自然を感じ、自然を学ぶ」ことができるアリビラオリジナルの期間限定「海遊び」ナイトプログラムです。

【開催日】
(2019年)
12月11日(水)
12月23日(月)

(2020年)
01月07日(火)
01月21日(火)
02月06日(木)
02月19日(水)
03月06日(金)

【開催時間】23:00~(60分)
【集合場所】 アリビラ・インフォメーションカウンター横
【料金】4,000円(マリンブーツを含む)
【定員】8名 ※最少催行人数2名
【対象】宿泊者のみ ※中学生以上

※天候により中止になる場合がございます。
※防寒対策は各自でご準備ください。
※上記料金は税金込みとなります。

宿泊者限定のイベントなので、ぜひホテルの予約と同時に事前予約をおススメします。

<ご予約・お問い合わせ> 098-982-9111(代表) エデュテイメントルーム(営業時間 9:00~21:00)

ホテル日航アリビラの予約や空き状況

●ホテル日航アリビラの公式サイトはコチラ

★読谷の不思議な写真映えスポット「三重城」は日航アリビラの近くの記事はコチラ。

★日航アリビラに隣接する天然ビーチ(ニライビーチ)が無料でオススメ!の記事はコチラ。

沖縄大好き ケコ

「てぃーだかんかんブログ おきなわラブな人たちのためのブログ」インスタグラムなどで、沖縄大好きを発信中! 2016年、泡盛マイスターの資格を取り、国際通り屋台村 「島酒と肴(しまぁとあて)」でその実力を発揮、FM那覇にて居酒屋風ラヂオ「イザラジ」のパーソナリティを務める。Sunking Leather Craft代表。福岡県出身。

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »