|

普天間基地フライトラインフェア2020はコロナウィルスで開催中止!

普天間基地フライトラインフェア2020はコロナウィルスで開催中止!

普天間フライトライン・フェアは会場は、普段は入ることができない沖縄の米軍基地の中です。しかも2700mの滑走路を車で走って会場入り!厳重警戒と見えて、実はフレンドリーな米軍基地を体験してくるのもいいでしょうね。

残念ながら、コロナウィルスのため開催中止が発表されました。

2020年3月14日(土)・15日(日)13:00~21:00開催決定!

普天間フライトラインは厳重警戒?で入場

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

毎年なら免許証を見せて、このまま入場ですが、今年はレンタカーもチェックが入りました。

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

ひょっとして、「ヤバイ」かも。

最初は何を言っているのかわからなかったけど、車から降りて、ドアを全部開けろとの指示。しかもこの米兵さんの姿で。

我々はレンタカーを降りて素直に従います。

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

そして、フレンドリーに写真OKで、笑顔で撮らせてくれました。(笑)

普天間基地の中へ車で入場

そしていよいよ普天間基地の中へ入っていきます。そして、この先には・・・

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

2700mの滑走路です!通常に使用されている滑走路を走って、会場に向かいます。タイヤ痕はランディングしたときのものです。

2019年は戦闘機が飛ぶ予定でしたが・・・

FA-18スーパーホーネット、 F-35B垂直着陸するステルス機、 MV-22オスプレイが飛ぶ予定でしたが、あいにくの雨で飛行中止になりました。

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

オスプレイも機内に入ることができました。

オスプレイの中へ入ります。

オスプレイはお尻の部分から機内に入っていきます。

オスプレイ前部から後部を撮ったもので、32の座席があります。

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

大型輸送機の内部も見せてもらいましたが、この日は雨なので機内で物販販売をしたため、長蛇の列でなかなか進みませんでした。

普天間基地フライトライン

2019年は雨のため、機体が屋根の役割をして子供達がはしゃぐ姿が見られました。

過去の普天間フライトラインフェア

2019年は雨のため良い写真が撮れていないので、2018年以前の写真も交えてご紹介します。

2019年3月9日(土)・3月10日(日)
2018年7月7日(土)・7月8日(日)
2017年6月10日(土)・6月11日(日)→中止

2019年、2020年は同じ3月の開催ですが、2018年は7月開催で日陰がほとんどなく、暑さ対策が必要でした。

会場は米軍基地です。パスポートはいりませんが、必ず運転免許証などの写真入りの身分証明書を持参してください。お子さんは不要です。カメラ撮影は構いませんが、望遠レンズの使用は出来ないなどの注意が必要です。

ゲートは2カ所、大山第1ゲートと、野嵩第3ゲートから入場することができます。(最後に地図あり)

天候次第ですが、3月とはいえ、沖縄は天気が良いとTシャツ姿で充分な時もあれば、2019年のように雨だと肌寒くなるため寒さ対策が必要でした。

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

F15イーグル戦闘機を始め、オスプレイ、空中給油機など普段飛んでいるところしか見られないところが、こんなに身近に見ることが出来るんです。

2019年普天間基地フライトラインフェアは滑走路をドライブ!

人気のイベントです。ご覧の通り長蛇の列。

2018年普天間基地フライトラインフェア開催決定

 

米軍機の機内にも入れる

全部の米軍機内には入れるわけではありませんが、コックピットを始め、機内にはいることが出来ます。

2018年普天間基地フライトラインフェア開催決定

実際に席に座って見ましょう。意外に狭いものですね。

2018年普天間基地フライトラインフェア開催決定

 

飲食ブースもあります

屋外に屋台も出て、米兵達が多くの店を出しています。外国気分を味わいながら楽しめますよ。

屋内のサブウェイやピザハットなどの店舗を利用することも出来るので食事の心配はいりません。

2018年普天間基地フライトラインフェア開催決定 

普天間フライトライン・フェア、この他にもライブや軍事車両の展示、子供遊園地など一昨年と同様に実施されるはずです。詳細がまだ発表されていないので、アッと驚くサプライズがある?

写真提供:關則明さん

【普天間基地の入場ゲートはこちらです】

★普天間基地大山第1ゲート

 

★普天間基地野嵩第3ゲート

 

泡盛おじさん

徳島県徳島市出身 20代の頃は旅行会社勤務、やがて飲食業に転じ、居酒屋経営。泡盛との出会いから沖縄に通うようになる。沖縄愛は次第に深みにはまり、東京泡盛会を沖縄県酒造組合と開催したり、沖縄ファンクラブの役員をするなど、生活が沖縄化している。還暦を迎え、沖縄移住に向け計画進行中。趣味はまち歩き。

2018年5月19日公開、2019年2月22日更新、2019年12月20日更新、2020年2月21日更新

アーカイブ

カテゴリーから選ぶ

エリアから探す

Translate »